世界自閉症啓発デーについて

世界自閉症啓発デーは、国連によって定められ、世界中で毎年4月2日に各活動が行われています。2021年のテーマは、自閉症の人への優しさの重要性を認識することでした。
世界自閉症啓発デーについて

最後の更新: 25 11月, 2021

2007年以来、国連は4月2日を世界自閉症啓発デーとして宣言しました。

世界自閉症啓発デーは、自閉症スペクトラム障害の存在と、自閉症の人が社会的に受け入れられるよう、一般の人々の意識を高めることを目的としています。社会的に受け入れられることは、すべての人の権利です。

この日に関連する慣習は、国の記念碑や歴史的建造物を青色のライトで照らす「青色のライトアップ」です。青は自閉症の人とその家族への支援の象徴として選ばれました。

2021年の世界自閉症啓発デーのテーマは「優しさでリードする」でした。したがって、自閉症の人の社会的包摂の2つの主要な軸である教育と雇用に注目していました。

世界保健機関(WHO)の統計によると、乳児160人に1人がある程度の自閉症スペクトラム障害を持っています。ただし、自閉症の診断方法は世界中で統一されておらず、実際の数はもっと多くなる可能性があります。

自閉症、自閉症スペクトラム障害とは?

自閉症(自閉症スペクトラム障害)とは?
最近では、程度が異なるため、自閉症スペクトラム障害と言及することが望ましいとされています。

世界自閉症啓発デーはまた、自閉症の知識を深めるのに役立ちます昨今では、自閉症だけでなく、自閉症スペクトラム障害についても話すことが望ましいとされます。

自閉症スペクトラム障害は、社会的行動の変化、言語とコミュニケーションの欠陥、および行動の反復パターンによって特徴付けられます。自閉症の人は、周囲や環境に興味がないように見え、他の人との物理的な接触を避けるのが一般的です。

兆候の発症は3歳より前の早い段階で起こるため、この障害は発達障害と見なされます。特徴の1つは、これらの症状が一生を通して持続することです。

自閉症「スペクトラム」の概念は、症状にさまざまな程度があるという事実に対応しています。ある子供は他の子供よりもわずかな症状しか見せないかもしれませんし、程度によって治療法も変わります。

世界自閉症啓発デー:優しさのキャンペーン

前述したように、2021年の世界自閉症啓発デーのテーマは「優しさでリードする」でした。これは、共感を持って自閉症スペクトラム障害を持つ人々を社会的に受け入れるための呼びかけを表しています。つまり、教育の場や仕事などを含め、社会のあらゆる分野に優しさを適用しようということです。

この意味で、リモートでの活動は素晴らしい機会で、個人をさまざまな社会的保証のある行動に組み込むことを可能にしました。つまり、社会的行動の変化による環境になったので、直接接触することなく活動することが普通になってきたということです。

優しさは、自閉症スペクトラム障害の人のために何かを調整して社会に受け入れられるようにしたり、より大きな機会の提供や、イノベーションの発展につながります。キャンペーンの目的は、変化が個人の内省から始まり、社会の隅々まで広がることです。

優しさを与える

全体として、世界のすべての国で広く行き渡る優しさという全体的な目標を達成するために、世界自閉症啓発デーは、変革を加速するための目標を推進しています。

団体「オーティズム・スピークス(Autism Speaks、”自閉症は語る”)」が推奨する優しさで導く方法は、会社の求人に応募する自閉症スペクトラム障害の人を直接支援することです。さらに、自閉症スペクトラム障害の人に寄り添った公共政策の順守を支えることもです。

親切に教える

世界自閉症啓発デーのスローガンが推進する優しさは、学習にも当てはまります。つまり、私たちは社会として、自閉症スペクトラム障害の人の特殊性を尊重する教育方法を模索しなければならないということです。

世界では、自閉症スペクトラム障害の子供のためにいくつかの教育学的アプローチが開発されています。それらのいくつかは次の通りです。

  • フロアタイム: スタンリー・グリーンスパン氏がフロアタイム方式を設計しました。この背後にある基本的な考え方は、教育者またはセラピストが自閉症の子供と遊びを通して関わるということです。ゲームを通じて学ぶことができます。
  • TEACCH :この方法は、「自閉症およびコミュニケーション障害を持つ子供の治療と教育」を意味する英語の頭文字を名前にしています。教育機関と子供の自宅での教育を通し、自分が慣れた環境とその外での両方で行います。
  • ABA : 応用行動分析は、注意力と言語の刺激に焦点を当てています。これは、従来の学校教育をサポートするための方法論としてより多く使用されています。

優しさでつながる

自閉症の人の感動的な実話を広めたり、効果的な治療マニュアルを共有したり、サポートコミュニティの増加を促進することによって、情報の拡大に焦点を当てています。

優しさでケア

専門家による自閉症対応チームが支援を提供し、自閉症コミュニティ間のコミュニケーションを促進して、治療法の改善のために病院と研究者の両方をサポートすることができます。

世界自閉症啓発デー:「私も働けます」

世界自閉症啓発デー
世界自閉症啓発デーでは、自閉症の人の雇用機会を増やすように呼びかけます。

団体「AutismoEuropa」は、自閉症スペクトラム障害を持つ人々の約80%が無職であると推定しています。これでは自閉症の人の生活の質を低下させてしまいます。

行動などに制限がある自閉症の人の労働をサポートするためにできることの1つは、作業療法です。作業療法は、自閉症スペクトラム障害の人の本当の可能性に適応するワークショップの形で実施することができます。

一方、その人が高機能(知能の低くない)自閉症の場合、つまり外の世界とより多く関わることができる場合、他の選択肢があります。実際、通常の会社復帰を検討することも可能です。

基本的に、これらのケースの最も一般的なサポート方法は、自閉症の人の仕事を指導する訓練を受けたオペレーターの同伴です。オペレーターは、個人の仕事を支援し、雇用主や他の同僚との関係を支援します。

過去のテーマ

世界自閉症啓発デーの進展は、さまざまな国での特定の以前のテーマのそれぞれによって特徴づけられています。以下に、過去のテーマをリストアップします。

  • 「自閉症は語る:耳を傾けよう」
  • 「自閉症啓発」
  • 「自閉症の忘れられた半分」
  • 「自閉症の障害の中で能力を祝う」
  • 「インクルーシブ教育への扉を開く」
  • 「雇用:自閉症の利点」
  • 「自閉症とアジェンダ2030:インクルージョンとニューロダイバーシティ」
  • 「自律と自己決定に向けて」
  • 「自閉症の女性と女児に力を与える」
  • 「支援技術、積極的な参加」
  • 「学ぶことも、働くこともできます」

「優しさでリードする」

優しさのテーマは、優しい歓迎、自閉症にやさしい適応、社会的包摂が自閉症スペクトラム障害のある個人の生活にどのように影響するかについての意識を高めることの重要性に焦点を当てています。

世界自閉症啓発デーに参加するにはどうすればよい?

寄付や無料のセラピー参加は、世界自閉症啓発デーに参加するための良い選択肢です。さらに、ライトイットアップブルーと呼ばれる優しさのキャンペーンがあります。

このイニシアチブは、支援と理解のしるしとして青い服を着ることです。また、Autism Speaksグッズの服を購入することもできます。これは資金調達に繋がります。

最後に、ソーシャルネットワークは、自閉症のコミュニティが直面している問題の認識を高めるための重要なツールの1つです。愛情のこもったメッセージや、写真をつけて#LightItUpWithKindnessや#LightItUpBlueなどのタグで応援することもできます。

自閉症を可視化する

世界自閉症デーは、自閉症スペクトラム障害を目に見えるようにするのに役立つはずです。自閉症が影響を与える人々の数はかなりのものです。

したがって、これらの個人を教育や労働界に含めることができなければ、日常生活から非常に多くの人々を除外することになります。

まとめ

結論として、優しさは非常に強力なリソースであり、世界自閉症の日だけに限定するべきではありません。むしろ、一年を通して優しさの輪を広げなければなりません。コミュニティと職場の両方で近くにいる自閉症の人に優しさをもって接し、社会全体で受け入れるようにするべきです。

同様に、毎月寄付をしたり、地域で行われている活動を認識し、ボランティアとして参加するのも非常に助けになります!

こちらの記事もおすすめです。
アスペルガー症候群の症状
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
アスペルガー症候群の症状

アスペルガー症候群とは、変則的に起こる神経生物学的障害です。主に、社会的行動に影響を与え、比較的よく見られる障害です。近年では、アスペルガー症候群は、絶え間なく続くもので、生涯続くこともあることを示しています。症状は患者が受ける療法などによって改善されることもあります。



  • Mayada et al. Global prevalence of autism and other pervasive developmental disorders. Autism Res. 2012 Jun; 5(3): 160–179.
  • Martínez-González, Agustín Ernesto, and José Antonio Piqueras Rodríguez. “Diferencias en la gravedad de los síntomas del Trastorno del Espectro Autista según el contexto educativo”. 2019.
  • Fuquen, Mayerli Stefany Tebar, and Jessica Natalia Díazgranados Beltrán. “La educación de las personas con trastorno del espectro autista”. Horizontes Pedagógicos 21.1. 2019.
  • Conde Sciaroni, Ornella, et al. La inclusión de personas con trastornos del espectro autista en el mercado laboral: Síndrome de Asperger. Diss. Universidad Argentina de la Empresa. 2019.
  • Gómez S, Rivas R y Taboada E. Revisiones sobre el autismo [Reseñas sobre el autismo]. Revista Latinoamericana de Psicología. 2009.