シカクリームとは? どう使うの?

肌の老化と戦うために使用できる成分にはさまざまなものがありますが、シカクリームは最近非常に人気があります。この記事で、シカクリームについて学びましょう!
シカクリームとは? どう使うの?
Leidy Mora Molina

によってレビューと承認されています。 看護師 Leidy Mora Molina.

によって書かれた Alejandra Maria Gonzalez Bonilla

最後の更新: 06 12月, 2022

シカクリームは、しわや傷跡の治療に使用されます。この製品は最近非常に人気が高まり、たくさんの人が日常的に使用しています。用途としては、炎症、敏感肌、乾燥を治療するために活用している人が多いです。

シカ(CICA)という言葉は、「傷跡」を意味するスペイン語の「cicatrice」から来ており、このクリームにはツボクサエキスという成分が含まれています。これは、皮膚の問題を治療するために古くから使用されてきたハーブです。

専門家らは、このエキスを使い、ヒーリングバームを再処方して、しわをより繊細にケアする有効成分を含めました。実際、シカクリームの機能は、しわを傷跡のように扱って回復させることです。

この商品について是非読み進めてください!

シカクリームとは?

冬の季節は、マスクやその他のストレスがお肌を痛め、 乾燥して荒れたように見せる要因です。しかし、これらの問題は、ツボクサエキスをベースにしたシカクリームで軽減することができます。ツボクサはアジアとアフリカ南部に生息する植物です。このような地域では、多くの人がツボクサを別名「ゴツコラ」として知っています。

人々はこのハーブを3000年もの間、 を癒すために使ってきました。また、伝説によると、ベンガルトラは戦いの後にこのハーブに傷をこすりつけ、傷の回復に役立てたそうです。これが「タイガーグラス」としても知られている理由です。

それに加えて、シカクリームはもともと薬用製品でしたが、今日では抽出物の製造を通じてその用途が多様化しています。その1つは、皮膚のコラーゲン産生 を刺激するマデカソシドです。

女性の首のしわ シカクリームとは
しわは、コラーゲン繊維の喪失または破裂に部分的に起因します。そのため、シカクリームは、このタンパク質の体の生産を刺激することを目的としています。

シカクリームはどのように機能するか

シカクリームは、薬局で手に入るその他の保湿剤とは一線を画しています。これは、その有効成分が肌に潤いを与える治癒過程を助けるためです。

シカクリームは肌のバリアを強化し、にきびや赤みのある肌に最適です。事実、シカクリームは、抗酸化作用と抗炎症作用に加えて、 コラーゲンの生成を刺激する能力を持っている可能性があります。

さまざまな科学的研究により、さまざまな皮膚関連の問題を制御することになると、シカクリームの利点が示されています。

  • 湿疹と乾癬 2017年の研究では、シカクリームに炎症を防ぐ水和化合物が含まれており、湿疹と乾癬の皮膚疾患に対処するのに非常に役立つことが証明されました。
  • しわツボクサエキスの成分の1つであるアシアチコシドを使用する人々の3分の2は、2008年の研究で目の周りの肌に顕著な改善が見られました。
  • 乾燥と刺激:ツボクサエキスはより深い保湿を可能にし、寒さや汚染などの外部因子に対する皮膚バリアの主要な機能を助けます。
  • にきび:2018年の研究では、専門家がマデカソシド抽出物を使用し、皮膚の炎症が軽減されました。

こちらもお読みください:皮膚炎とコルチコステロイドの関係

シカクリームの使い方

すべての肌タイプで細胞の再生を助けるため、シカクリームは万人が使用できます。ただし、傷や深いシワがある場合、または皮膚の保護バリアが影響を受けている場合は、むやみな使用は控えましょう。

クリームの使い方はお肌のタイプによって異なります。たとえば、乾燥肌の場合は、毎日シカクリームを使用する必要があります。

クリームのもう1つの特徴は、剥離のような審美的な治療の後に非常に役立つということです。このような場合は、スキンケアルーチンの最後のステップとして1日1回使用する必要があります。

シミ シカクリームの使い方
にきびや赤みなどの問題は、皮膚のバリアに影響を与える可能性があり、保湿クリームは保護が戻るのを助けることができます。

便利で多様なスキンケアアイテム

基本的に、使用するシカクリームの主成分がツボクサえきすであることを確認することが重要です。また、美容液またはクリームとして購入するのが最善 です。これらのスキンケアアイテムは肌への浸透性が高く、ベタつかないのでおすすめです。

忘れてはならないもう1つの側面は、シカクリームは他の保湿クリームよりも質感が重いということです。ただし、これには大きな利点があります。ノンコメドジェニックなのでつまり毛穴を塞がないということです。その結果、にきびの発症を防いでくれます!

こちらの記事もおすすめです。
目の周りの皮膚のお手入れ 6つの方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
目の周りの皮膚のお手入れ 6つの方法

目の周りの皮膚は薄く、皮脂腺がありません。そのため、紫外線や毒素など、老化を加速する多くの要因による攻撃から目の周りの皮膚を保護することが不可欠です。目の周りの皮膚は早期の老化の兆候を示す場所の一つです。今回の記事では、繊細な皮膚を持つ目の周りを保護する方法をいくつか紹介します。



  • Wieslawa Bylka, Paulina Znajdek, Elzbieta Studzinska, Malgorzata Brzezinska. Centella asiatica in cosmetology. Dermatol Alergol [Internet] 2013 [consultado julio 2021]; volumen (30): páginas 46-49. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3834700/
  • Park, Ju Ho, et al. “Anti-inflammatory effect of titrated extract of Centella asiatica in phthalic anhydride-induced allergic dermatitis animal model.” International journal of molecular sciences 18.4 (2017): 738.
  • Lee, J., et al. “Evaluation of the effects of a preparation containing asiaticoside on periocular wrinkles of human volunteers.” International journal of cosmetic science 30.3 (2008): 167-173.
  • Shen, Xueqing, et al. “Propionibacterium acnes related anti-inflammation and skin hydration activities of madecassoside, a pentacyclic triterpene saponin from Centella asiatica.” Bioscience, biotechnology, and biochemistry 83.3 (2019): 561-568.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。