エッセンシャルオイルで神経障害性の痛みを和らげる方法

エッセンシャルオイルには、神経因性疼痛の治療に役立つ特性があります。しかし、果たして効果的なのでしょうか? この記事では、オイルの使い方と、調査の内容について説明します。
エッセンシャルオイルで神経障害性の痛みを和らげる方法

最後の更新: 12 10月, 2021

近年、専門家により神経障害性疼痛を鎮めるための多様な治療法が調査されています。

医学誌「Journal for the Spanish Pain Society」( Revista delaSociedadEspañoladelDolor )で説明されているように、この種の症状の管理は複雑であり、通常は医薬品および非医薬品の介入が必要です。

神経因性疼痛は、怪我や神経損傷の結果として発生する痛みの一種です。推定によると、それは一般人口の7〜10%が経験する痛みで、高齢者に最も多く見られます。具体的には、慢性的な術後の痛み、帯状疱疹後神経痛、糖尿病性ニューロパチーの患者によく見られます。

ただし、専門家はこの痛みを他の慢性疾患にも関連付けています。最も一般的な形態は、糖尿病患者の最大50%に影響を与える末梢神経障害です。一般的に、患者は痛みとともに、うずき、炎症、しびれを経験します。

しかし、エッセンシャルオイルでこの痛みを和らげることは可能なのでしょうか?  いくつかの調査によると、この種の自然療法は痛みを和らげるのに役立つと言われています。ただし、証拠は限られているため、慎重に進める必要があります。

この記事では、エッセンシャルオイルの効果について詳しくお伝えします!

神経障害性の痛みを和らげるエッセンシャルオイル

冒頭で述べたように、神経因性疼痛の治療は複雑であり、専門家の介入が必要です。エッセンシャルオイルのようなオプションは、安堵感を与えるのに役立ちますが、これらは治療に代わるものではありません。オイルを使用することにした場合は、この記事でご紹介するアドバイスを覚えておいてください。

セントジョンズワートエッセンシャルオイル

自然医学では、不安やうつ病の場合の気分を改善することに関して、人々は何年もの間セントジョンズワート(セイヨウオトギリソウ)を利用してきました。しかし、実際のケーススタディでは、それが神経因性疼痛の補完的治療として機能する可能性が明らかになりました。

Complementary Therapies in Medicineに掲載された調査によると、三叉神経痛(顔に影響を与える神経痛の一種)の患者は、セントジョンズワートでホメオパシーソリューションを使用すると改善が見られました。そのため、著者らは、この植物の抽出物がこの種の痛みの治療選択肢として有望であると結論付けました。ただし、これを確認するための十分な証拠はまだありません

セントジョンズワートエッセンシャルオイル 神経痛

神経障害性疼痛のためのホーリーバジルエッセンシャルオイル

トゥルシーとしても知られる聖なるバジルは、学名をOcimumsanctumとする芳香植物です。 Journal of Ayurveda and Integrative Medicine誌に掲載された収集データによると、その薬効には抗菌作用、止瀉作用、抗酸化作用、抗炎症作用があります。それはまた潜在的な鎮痛および免疫調節特性を持っています。

2015年に発表された研究では、この植物のエッセンシャルオイルがマウスの坐骨神経痛に対してプラスの効果を示しました。そのため、多くの人が神経障害性疼痛に対して有用であると信じています。しかし、これに関する証拠は不足しており、人間におけるこれらの影響を確認するためにさらなる研究が必要です。

こちらもお読みください: 家庭菜園におすすめのバジルの種類

カモミールエッセンシャルオイル

カモミールエッセンシャルオイルには、ボルネオールと呼ばれる物質が含まれています。 European Journal of Pharmacologyの研究によると、この化合物は、神経障害が引き起こす痛みや炎症を軽減する場合に役立つ可能性があります。この研究では、ボルネオールは神経因性疼痛のあるラットが感じる痛みに対する感受性を低下させました。

しかし、以前の場合と同様に、このエッセンシャルオイルの人間への影響はまだ確認されていません。それにもかかわらず、この種のエッセンシャルオイルは安全に使用でき、人気のある文献では、多くの人々がその鎮静効果でそれを賞賛しています。

カモミールエッセンシャルオイル
カモミールは動物実験でその効果を示しましたが、人間の神経因性疼痛を鎮めるその能力についての確固たる証拠はまだありません。

神経因性疼痛のためのショウガのエッセンシャルオイル

ショウガのエッセンシャルオイルが神経障害性の痛みを和らげるのに良いことを裏付ける証拠は多くありません。しかし、 ある研究では、はショウガに鎮痛および抗炎症特性があることを発見しました。これは、炎症の問題に対して有益な効果を示す、ジンジバインとして知られている化合物の含有量によるものです。

神経障害性の痛みを和らげるためのエッセンシャルオイルの使用方法

まず第一に、エッセンシャルオイルは従来の治療法を補完するものとしてのみ使用する必要があることを忘れないでください。その効率についての証拠が不足していることを考えると、場合によっては機能しない可能性があります。使い方としては、アロマテラピーに使用することも、局所的に塗布することもできます。

まず、オイルをディフューザーに入れるか、お湯に落として蒸気を吸い込みます。局所塗布したい場合は、エッセンシャルオイルとキャリングオイルを混ぜてください。これは、オリーブ、アーモンド、またはココナッツオイルにすることができます。スプーン1杯あたり約5滴で十分です。

覚えておくべきこと

エッセンシャルオイルはヘルスショップや化粧品店で購入できます。ただし、それらを入手する場合は、認定ブランドのエッセンシャルオイルのみを選択するようにしてください。また、製品の説明と成分表も確認しましょう。

純粋なエッセンシャルオイルは非常に濃度が高く、そのまま使うと有毒である可能性があります。そのため、大量に摂取するべきではなく、常に少量を使用する必要があります。さらに、お肌に塗る場合は、キャリングオイルと組み合わせる必要があります。副反応に気づいたら、大量の水で洗い流し、使用を中止してください。

こちらの記事もおすすめです。
【風邪?】オレガノエッセンシャルオイルで治そう
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
【風邪?】オレガノエッセンシャルオイルで治そう

オレガノはミント科に属する芳香植物です。オレガノを抽出したエッセンシャルオイルは、抗ウイルス作用、抗酸化作用、抗炎症作用があり、人気があります。伝統的に、呼吸器系の健康のため、また風邪やインフルエンザの治療にこのオイルが使われてきました。オレガノエッセンシャルオイルは、オレガノのさまざまな部分...



  • EColloca L, Ludman T, Bouhassira D, et al. Neuropathic pain. Nat Rev Dis Primers. 2017;3:17002. Published 2017 Feb 16. doi:10.1038/nrdp.2017.2
  • Maritza Velasco, V. (2014). Dolor neuropático. Revista Médica Clínica Las Condes25(4), 625–634. https://doi.org/10.1016/s0716-8640(14)70083-5
  • Cruciani, R. A., & Nieto, M. J. (2006, June). Fisiopatología y tratamiento del dolor neuropático: Avances más recientes. Revista de La Sociedad Espanola Del Dolor.
  • Gerardo, C.-I. (2014). Dolor neuropático, clasificación y estrategias de manejo para médicos generales. Revista Médica Clínica Las Condes25(2), 189–199. https://doi.org/10.1016/s0716-8640(14)70030-6
  • de Cássia da Silveira E Sá R, Lima TC, da Nóbrega FR, de Brito AEM, de Sousa DP. Analgesic-Like Activity of Essential Oil Constituents: An Update. Int J Mol Sci. 2017;18(12):2392. Published 2017 Dec 9. doi:10.3390/ijms18122392
  • Cohen MM. Tulsi – Ocimum sanctum: A herb for all reasons. J Ayurveda Integr Med. 2014;5(4):251–259. doi:10.4103/0975-9476.146554
  • Assiri, K., Alyami, Y., Uyanik, J. M., & Romero-Reyes, M. (2017). Hypericum perforatum (St. John’s Wort) as a possible therapeutic alternative for the management of trigeminal neuralgia (TN) – A case report. Complementary Therapies in Medicine30, 36–39. https://doi.org/10.1016/j.ctim.2016.10.014
  • Jiang, J., Shen, Y. Y., Li, J., Lin, Y. H., Luo, C. X., & Zhu, D. Y. (2015). (+)-Borneol alleviates mechanical hyperalgesia in models of chronic inflammatory and neuropathic pain in mice. European Journal of Pharmacology757, 53–58. https://doi.org/10.1016/j.ejphar.2015.03.056