お金がメンタルヘルスに与える影響について

経済的に安定していると幸福感と安心感を得られますが、逆に経済的な問題があるとメンタルヘルスに影響を及ぼし、心の病気の原因になる可能性があります。詳細については、この記事をご覧ください。
お金がメンタルヘルスに与える影響について
Isbelia Esther Farías López

によって書かれ、確認されています。 哲学者 Isbelia Esther Farías López.

最後の更新: 15 11月, 2022

「お金で幸福を買う」と言うことは、表面的な言い回しのように聞こえるかもしれません。しかし、真実は、何らかの形で、お金がメンタルヘルスに影響を与える可能性があるということです。お金を持っていることは、緊急事態にも対応できると知ることでもあるので、心の安心を提供することができます。

逆に、お金がないときは別の影響があります。基本的なニーズを満たすための十分なお金がない場合、ニーズに対する欲求不満と心配が生じる可能性があります。お金がないこのに関係するさまざまな状況が、メンタルヘルスにも影響を与えることがあるのです。

予想外の費用、治療費、退職のための貯蓄ができないことなどは、そのほんの一例です。

なぜこの「お金がない問題」に注意を払う必要があるのでしょうか? お金を管理するために何ができるでしょうか?

この記事では、知っておくべきことをお伝えします。

お金はメンタルヘルスにどのように影響するのか

お金はメンタルヘルスにどのように影響するのか
基本的なニーズを満たすためのお金がないと、メンタルヘルスの問題につながる可能性があります。

アメリカ心理学会による報告では、経済的課題が生み出す慢性的なストレスを分析し、お金がメンタルヘルスにどのように影響するかについて説明されています。

この調査では、最も影響を受けたのは若い世代、子供がいる家族、低所得の人々、特に若者と女性であると詳細に説明されています。

さらに、金銭問題の問題が生み出す不安は、他のリスクの高い行動に導く可能性があることも強調されています。例として、アルコールや薬物の使用、活力の低下、過食などがあります。

したがって、経済的な問題とメンタルヘルスの問題の間には関係性があります。経済的困難があるとメンタルヘルスに影響を及ぼし、ストレス、不安、アルコール依存症、 またはうつ病につながる可能性があります。若いうちに学校を中退することを余儀なくされた場合、状況は悪化する可能性があります。

経済的な問題は個人に影響を与えるだけではありません。むしろ、 研究によると、国の経済危機が人口の精神的健康に影響を与える可能性があることを示しています。

この状況に対処する方法は?

メンタルヘルスへのお金の影響を減らすために、下記の推奨事項に従うことがお勧めされます。

  • 問題を軽視しない。そして、問題への対処を先延ばしにしないでください。放っておくと、状況は悪化するかもしれません。できるだけ早く行動を起こす必要があります。
  • 金融問題の専門家に支援を求める。ファイナンシャルアドバイザーは、それぞれの特定の状況で取るべき正確な手順を示すことができます。
  • 請求書を無視しない。特に光熱費などの日常生活における請求書。サービスを提供している会社に連絡し、全額を支払うことができない顧客向けのオプションに関する情報を問い合わせることをお勧めします。
  • 金額の大きな買い物を保留する。または、適切な時期に最善の方法で購入するように、ファイナンシャルアドバイザーの推奨事項を聞いてください。
  • ファイナンシャルプランニングは、自分の経済行動を明確に理解するのに役立ちます。
  • 憂さ晴らしにお金を使うのを避ける。感情的な面で根本的な問題がある場合は、衝動的で不必要な購入を避けるために、心理的なサポートを求め、根本的な問題を治療するのが最善です。

こちらもお読みください: お金をかけずに若返る5つの方法

金銭的な状況が本当に難しい場合は、症状を緩和し、ストレスを管理する方法を学ぶために医療支援を求める必要があるのをお忘れなく。

最後に

メンタルヘルスへのお金の影響 金欠
出費を計画し、金銭問題をより秩序正しくすることを学ぶことは、金欠による精神的な問題を回避するのに役立ちます。

最近では、自宅で簡単につけられる家計簿、出費の優先順位付け、 貯蓄目標の設定のためのアプリや無料のオンラインリソースなど、さまざまなオプションがあります

「50-30-20のルール」に従う人も多いようです。これは、資金の50%を固定費に、30%を雑費に、20%を貯蓄に割り当てる方法です

毎月貯蓄するためのコツに従うことで、節約をすることが可能です。貯蓄における家族の役割も重要です。良い金融教育があれば、家族みんなの未来を守ることができるからです。

同様に、自分の癖を分析する必要があります。お金の使い方の癖は、場合によっては経済状況に悪影響を与える可能性があるためです。自分はお金にどのように向き合っているか、お金についての信念や思い込み、そしてお金をどのように利用すべきかを分析することが重要です。

こちらの記事もおすすめです。
電気代を節約する方法7選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
電気代を節約する方法7選

予算的に問題がある、または地球を守りたい、あるいは両方の理由から、電気代を節約したいと思うことがあるでしょう。この記事では、電気代を節約できるアドバイスをいくつかご紹介したいと思います。この節約法は、日常習慣をいくつか変えるだけで、請求額を大きく下げることができる方法です。



  • Boza Chirino, J., & Zabaleta, J. I. (2012). La riqueza de los pobres: Los Microahorros. Atlantic Review of Economics: Revista Atlántica de Economía.
  • Coria, M. D., Arzola, M. Á. L., Cares, G. C., & Rojas, C. D. V. (2008). Prácticas de ahorro y uso del dinero en pre adolescentes (Tweens) Chilenos. Universum.
  • Guerrero, R., Villamizar, J. M., & Maestre, M. (2018). Las finanzas personales desde la educación básica en instituciones de pamplona. Desarrollo Gerencial.
  • Melé, J. A. (2009). Dinero y conciencia :¿a quién sirve mi dinero? Plataforma Actual.
  • Olmos Carreño, J. C., Tabares Higuita, D. S., & Rodríguez Garcés, C. (2007). Cultura financiera : Patrones de ahorro e inversión en grupos. El Cuaderno Ciencias Estratégicas.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。