【おすすめレシピ】ステーキの玉ねぎ添え

ステーキの玉ねぎ添えは、家族と一緒に食べるのに最適なレシピです。ミネラルやたんぱく質が豊富なので、質の高い食生活に役立ちます。ただし、食べ過ぎには注意しましょう。このおいしいレシピをぜひお試しください。
【おすすめレシピ】ステーキの玉ねぎ添え

最後の更新: 23 7月, 2021

ステーキの玉ねぎ添えは、ラテンアメリカ諸国の代表的な料理です。簡単に作ることができ、豆、米、ポテト、ユッカ、サラダなどとの相性が良いことで知られます。一般的には牛肉で作られますが、他の種類の肉でも作ることができます。

『Venezuelan Annals of Nutrition』誌のデータによると、200グラムの新鮮な肉のステーキには、必要量の40%以上の鉄分と60%以上のリンが含まれており、健康的な食生活に貢献してくれるそうです。また、グラスフェッドの肉は脂質が少なく、生物学的価値の高いタンパク質が豊富に含まれています。

それでは、ステーキの玉ねぎ添えのレシピをご紹介しましょう。

ステーキの玉ねぎ添えの作り方

ステーキの玉ねぎ添えは、絶対に外せない料理です。そのおいしさに加えて、作り方が簡単で、材料も手に入りやすいからです。では、その作り方をご紹介します。

材料(4人分)

  • ステーキ 900g(お好きな幅に切る)
  • みじん切りのニンニク 3片(芯は取り除く)
  • バージンオリーブオイル 大さじ1
  • 塩、コショウ 適量
  • 玉ねぎ(中サイズ)2個
  • バター 大さじ2
  • トマト 1個
  • ウスターソース 大さじ3
  • 赤ワイン 大さじ3
  • マスタード 小さじ1(5g)
  • クミン 大さじ1(10g)

こちらもお読みください:亜鉛が豊富な食品とその利点

ステーキの玉ねぎ添え  レシピ
ステーキの玉ねぎ添えは栄養価が高く、簡単に作れるレシピです。特徴は、タンパク質をしっかり摂取できることです。

作り方

  • まず、肉を洗い、ビニール袋に入れます。その後、肉叩きで薄くなるまで叩きます。
  • 二次汚染を防ぐため、肉を取り出し、袋を捨てます。蓋付きの容器に肉を入れ、マスタード、クミン、ニンニク、オリーブオイル大さじ1、塩、コショウを加えます。味が均一になるように、肉全体に材料が行き渡るようにします。
  • 容器に蓋をします。ラップやジッパー付きの袋を使っても大丈夫です。冷蔵庫で保存します。
  • 肉に味が染み込むように、最低でも2時間待つのが理想的です。そのためには、前もって準備しておきましょう。時間がないことがわかっている場合は、このステップを前倒しして、前日の夜に肉の下味をつけておくのもひとつの方法です。
  • 中くらいの大きさのフライパンにバターを中火で熱します。その間に、玉ねぎを輪切りまたは千切りにし、トマトを角切りにします。
  • 玉ねぎをフライパンに入れ、10分ほど加熱します(黄金色になっていることを確認してください)。トマト、ウスターソース、赤ワインを加えます。
  • ときどきかき混ぜるのを忘れずに、さらに10分ほど火にかけます。
  • 同時に、大きなフライパンを中火で熱します。肉をフライパンに入れ、片面5分ずつ焼きます。
  • 最後に、先ほど用意したソースを加えて混ぜ合わせ、肉が焼きあがるのを待って、盛り付けます。

少ない材料でできるステーキの玉ねぎ添え

この他にも、少ない材料で作ることもできます。いずれにしても、美味しいステーキの玉ねぎ添えができあがります。材料と手順は下記の通りです。

材料

  • 牛肉(フィレ)8枚
  • 薄くスライスした玉ねぎ3個
  • 塩、コショウ 適量
  • オリーブオイル 大さじ1と1/2
  • ウスターソース 大さじ3
ステーキの玉ねぎ添え
ステーキは、ポテトやライス、サラダなどのサイドメニューと一緒に食べるのがおすすめです。

作り方

  • まず、肉に塩・胡椒をして、容器に入れて2時間ほど置きます。冷蔵庫で保存することをお忘れなく。
  • フライパンを中火で熱し、大さじ1杯の油を入れ、肉の両面を焼いて旨みを閉じ込めます。5分から7分かけて火を通しましょう。火から下ろし、別の容器に入れます。
  • その後、残りのオイルをフライパンに入れ、玉ねぎを加えて火を通します。黄金色になったら肉を戻し、ウスターソースをかけて、弱火でステーキに完全に火が通るまで加熱します。

こちらもお読みください:パレオダイエットの初心者ガイド

肉好きの方は、食べ過ぎにご注意を

ステーキがおいしいことは否定できませんが、食べるのは頻繁に食べないようにすることが大切です。 というのも、赤身の肉の過剰摂取は、健康に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

特に、赤身の肉に含まれる飽和脂肪やコレステロールは、悪玉コレステロール(LDL)やトリグリセリドの増加を誘発することが科学的に示唆されています。これは、ひいては心血管疾患のリスクを高める可能性があります。

そこで、これらのリスクを回避するために、以下のヒントを実践してみてください。

  • 脂質の少ない部位を選ぶ。
  • 肉を調理する前に、目に見える外部の脂肪を取り除く。
  • 肉を調理する際の油は控えめにする。
  • バクテリアによる病気を防ぐために、必ず完全に火を通す。

ステーキの玉ねぎ添えにぜひトライしてみて

ご紹介したレシピを、ぜひご自宅で試してみてください。好みの調味料やスパイスを加えれば、より美味しくなります。また、調理の際には赤身の肉を選び、完全に火を通すことを忘れないでください。

ステーキの玉ねぎ添えも、赤身の肉を使った他のレシピも、適度な摂取量であればダイエットにも適しています。このことをお忘れなく!

こちらの記事もおすすめです。
健康を危険にさらさないダイエット方法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
健康を危険にさらさないダイエット方法

健康に影響を与えることなく体重減少を助けるダイエットもありますが、最善の方法は栄養士に相談して正しい食事計画を立てることです。個人のニーズに合わせた食事計画を実践することで、理想の体重に近づくことができるでしょう。今回は、健康を危険にさらさないダイエット方法を3つご紹介します。



  • Giuffrida-Mendoza, M., de Moreno, L. A., & Huerta Leidenz, N. (2014, January). Composición nutritiva de la carne de ganado tropical venezolano. In Anales Venezolanos de Nutrición (Vol. 27, No. 1).
  • MANUAL DE CARNES Y HUEVO USOS Y PREPARACIONES CULINARIAS PARA EL APROVECHAMIENTO DE LA PROTEÍNA ANIMAL. MINISTERIO DE AGRICULTURA, GANADERÍA Y PESCA ARGENTINA.
  • Nutrición y Educación Alimentaia: Incluí CARNE VACUNA en tu alimentación.
  • Petermann, F., Leiva, A., Martínez, M. A., Durán, E., Labraña, A. M., Garrido-Méndez, A., & Celis-Morales, C. (2018). Consumo de carnes rojas y su asociación con mortalidad. Revista chilena de nutrición45(3), 293-295.
  • Flamil, V. G. (2017). Evidencia de la asociación entre cáncer colorrectal y la ingesta de carnes procesadas. Nutrición clínica y dietética hospitalaria37(2), 69-74.