ドイツの整理整頓の秘密「ツェッテルカステン」

取り組むトピックの最も重要な側面を覚え、他のアイデアとリンクさせるために、たくさんのメモを取る。これがツェッテルカステン方式の基本です。
ドイツの整理整頓の秘密「ツェッテルカステン」

最後の更新: 12 9月, 2022

本で読んだり、ビデオで見たり、職場で聞いたりした組織指針を実行しようとしたが、うまくいかなかったという経験はありませんか? それはきっと、「ゼッテルカステン法」を知らなかったからかもしれません。

この発想法で、勉強や自己計画、仕事の効率化のためのシステムとして活用することができます。とはいえ、名前からして難しそうだと思わずに、実はちょっとだけ気をつければ大丈夫なのです。

このシステムはかなり以前から存在していましたが、研究、学習、コンテンツ作成に専念する人々にとって有用であることから、最近になってこのモダリティの有効性が再認識されるようになりました。その内容をご紹介します。

ゼッテルカステン法とは?

ゼッテルカステンとは、「メモを取る」「順番を決める」「使う」ということを提案する理論です。カードを使ってアイデアの精神的整理や概念の同化を行い、古い文章と新しい文章をつなげることを目的としています。

このシステムはドイツで生まれたもので、社会学者のニクラス・ルーマンが自らの戦術で400の学術論文と70冊以上の書籍を執筆しました。

Zettel」は “紙” や “紙片” を意味し、「kasten」は “箱” を意味します。この2つの言葉が合体したものが、”メモボックス “を指し、これは伝票箱という意味もあります。現在では、箱にメモを記入するコンピュータープログラムは複数ありますが、当時、ルーマンは鉛筆と紙しか使わなかったそうです。

このシステムの本質は、メモとメモの間に有用なリンクを設けることです。何のつながりもないメモの山では意味がないのです。ツェッテルカステンには、いくつかの利点があります。

  • 目的を洗練させることができる
  • 新しいアイデアのルーツになる
  • 仕事のアシスタントとして機能する
  • 思考をリンクさせ、つなげる役割をする
  • 整理整頓の一種として機能する
  • すべてのノートは目的に向かっている
  • あるトピックについて考察し、推論するのに役立つ
ゼッテルカステン
ゼッテルカステン方式は、自分の考えを形にして、それを織り込み、活用することができます。

こちらの記事もお読みいただけると幸いです:整理整頓が簡単に!衣類の手作りオーガナイザー

ゼッテルカステン理論を実践するためのポイント

ツェッテルカステンの作者は、1ページの4分の1にそれぞれのメモを書き、左上の領域にそれを識別するための一連の数字をマークしました。さらに、その音符に分割や分岐を加えていきました。

ドイツ式のこの方法を取り入れるには、伝統的な方法であれ、ソフトウェアであれ一定の基準に従わなければなりませんので、以下に説明します。

1枚のカードに1アイデア

これは “原子性の原則 “と呼ばれるものです。バラバラにすることで正確にリンクさせやすくなるため、1枚に1つのアイデアとするのが正解です。重要なのは、簡潔なメモを書き、その由来を明記することです。

自律性:各カードのメモが単独で理解できるようにする

自律性とは、それぞれのメモが他の観察に依存することなく理解される必要があることを意味します。移動しても、分離しても、リンクしても、加工しても、常にその注釈が単独で理解できる必要があります。

自律性の一つの特性は、何を強調するかということです。これによって、最初の情報源がなくなっても、カードの有用性が保たれるのです。

簡単な言葉を使う

シンプルな内容の方が消化が早いので、派手な言葉は使わないでください。自分の言葉で書くことで、そのトピックを読んだときに、どれだけ昔に書き留めたものであっても理解することができます

カードのリンク

メモに関連性がなければ、スレッドボックスでの有用性が失われます。カードに書かれたメモを理解するためには独立性が不可欠ですが、リンクさせることでより有益な資料となります。

リンクの理由を説明することが肝心です。そうしないと、時間が経つにつれて、なぜそのリンクが存在するのかを忘れてしまいがちです。

カテゴリーを設けない

スリップボックスは、階層やカテゴリーで整理しないことで、素材を条件付けず、自由な発想のベースとして使うことができます。もし、順番に対応しなければならないと思うのであれば、テーマを利用するのが一番です。注釈を区別するには、番号と文字コードで区別するのが一番です。例:1、1a、2、2a、2b、3。

メモを削除しない

たとえメモが古いと思っても、削除しないでください。一番良いのは、有効性が失われたことを正当化する別のメモを添付することです。アーカイブから、自分の思考がどのように変容していったかを後で実感することができます。

要約する

トピックを集めている間は、サマリーノートを作成します。つまり、他のアノテーションへのリンクの順序を網羅したアノテーションを作成するのです。その際、注釈や関連するアイデアなど、どこから来たのかをすべて参照する必要があります。

こちらもお読みください:家の邪気払いの5つの方法

ゼッテルカステン方式で整理整頓するメリット

ゼッテルカステン方式での整理整頓は、効率化、記憶力、スケジュール管理、ストレス解消に貢献します。一般的に、整理整頓された人は詳細を忘れにくく、その人はこの能力のおかげで成功を収める可能性が高いと、フォーブス誌は強調しています 。

また、『Brain, Behavior and Immunity』誌によると、組織化された個人は死亡率が低いという研究結果が報告されています。ここで使われた引数は、人格特性インターロイキン 6 と C 反応性タンパク質、免疫システムの 2 つの基本的な要素のレベルに影響を与えることです。

メモを取る 思考術
この方法を使うと、効率、記憶力、ストレス軽減の点でプラスの効果があります。

ゼッテルカステンを最大限に活用するための最終的な推奨事項

忍耐は、メモ ボックス システムを内面化する価値の美徳です。複雑だと思ったからといって最初からあきらめないでください。少しずつテクニックを活用して、大規模なデータベースを構築しましょう。

しかし、最新のツールでこの方法を適用したいのであれば、モバイルノートアプリケーションを試してみてください。もう一つの秘訣は、新しいアイデアの入力にあまり時間をかけないことです。原子性、自律性、リンクの原則をお忘れなく。

こちらの記事もおすすめです。
時間をもっと上手に管理する8つの方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
時間をもっと上手に管理する8つの方法

時間をうまく管理したいなら、自分を周りを整理して、自分を律する必要があります。大切なのは、1日の時間をきちんと管理して使うことです。とはいえ、どうすればいいのかわからないという方のために、いくつかの選択肢をご紹介します。