夜、寝る前のヘアケア方法

· 4月 6, 2016
毛髪繊維は栄養を夜に吸収しやすいため、夜にしっかりとヘアケアをすることをお勧めします。

髪にダメージを与える要素が一番多い日中にヘアケアをする人も多いのではないでしょうか。

実は、ヘアケアは夜にすることが一番良いとされています。夜にすると、栄養をしっかりと与えることができ、髪自身が修復する時間を十分にとることができるからです。寝る前に行うヘアケアやトリートメント法はたくさんありますので、ぜひ利用してみてください。

ヘアケアを夜にする理由とは

夜に美容に関するケアを行うことで、体や心にリラクゼーション効果をもたらします。ヘアケアも同様です。

また、寝る前に髪をいたわることで様々な効果が得られるのです。

  • 夜にヘアケアをすることで、髪に十分の栄養が行き届きます
  • 一日中忙しく過ごし、日中ヘアケアをする時間のない人にお勧めです。翌朝の髪は見違えるほど美しくなるでしょう。
  • 一日の汚れを落とし、髪を清潔に滑らかにします
  • 抜け毛、乾燥、枝毛を防ぎ、ダメージを修復します。

夜のお勧めヘアケアトリートメント

毛髪繊維は栄養を夜に吸収しやすいため、夜にしっかりとヘアケアをすることをお勧めします。

水分補給をするヘアマスク

ヘアケア1

髪がホコリや有害な物質などにさらされた後は、髪に保湿マスクをし、栄養をたっぷりと与えることが何よりも大切です。

用意するもの

  • ココナッツオイル 大さじ1(25g)
  • よく熟れたアボカド 1個

方法

  • アボカドの皮と種を取り除き、果実をよく潰します。ココナッツオイルを加えてよく混ぜペースト状にします。
  • 濡れた髪にこのアボカドマスクを塗布します。20分間程度置きましょう。
  • ぬるま湯で洗い流します。このトリートメントは就寝する2時間前までに行いましょう。

ヘアパックについてはこちらの記事もご覧ください: 蜂蜜で作る8種類の髪の毛の保湿パック

ナチュラルピーリング

肌と同じく、頭皮にもピーリングを行い、死んでしまった細胞や老廃物を取り除く必要があります。

ピーリングは毎日行わず、1週間に1度のペースで行うと良いでしょう。

必要なもの

方法

  • 材料を全て混ぜ髪と頭皮に塗布した後、栄養がしっかりと行き渡るように優しくマッサージします。
  • 髪を洗い流し、よく乾かしましょう。

日本の育毛業界を引っ張る株式会社アデランスアンファー株式会社でも、頭皮のケア、つまりスカルプケアが健康な髪の毛の基礎とし、さまざまな研究を行っています。このことからも、健康な髪の毛を手に入れるには、頭皮を健康に保つことが重要だということがお分かりいただけると思います。

こちらの記事もおすすめです:力強い髪の成長を促進する天然トリートメントの作り方

セラム&スプレー

ヘアケア2

セラムやスプレーは市販で購入することができます。様々なブランドから出ていますし、金額や効果も様々です。

また、自宅で自分好みのセラムを作ることも可能です。その際はアップルサイダービネガーを使いましょう。

用意するもの

  • オーガニックのアップルサイダービネガー 大さじ6(60ml)
  • 水 1/2カップ (125ml)
  • スプレーボトル

方法

  • 水とアップルサイダービネガーをよく混ぜ、スプレーボトルに入れます。
  • 寝る前にこの液体を髪全体にスプレーしましょう。洗い流さずに一晩眠ります。

その他のお勧め

ヘアケア3

  • どのようなヘアケア剤でも、塗布する前には髪をよく梳かし、もつれなどを取り除きましょう。細胞に酸素が行き渡ります。
  • オイルの入った製品を使うときは、頭皮にはつけないようにしましょう。頭皮につくと、朝の不快感の原因となるかもしれません。
  • 髪が濡れたまま就寝しないようにしましょう。髪が傷む原因となりますし、もつれの原因ともなります。
  • もつれた髪を梳きたい場合は、粗めのクシを使いましょう。
  • ヘアケア剤が枕につかないよう、タオルを枕に敷くと良いでしょう。髪をタオルで巻いたまま寝るのは、寝づらいだけでなく、臭いの原因ともなりますのでよくありません。