ヨーグルトで簡単ヘルシー!ブルーベリーチーズケーキの作り方

ブルーベリーとヨーグルトで作る、簡単でヘルシーな「チーズケーキ」は、甘いものを食べたい気持ちを満たしてくれる低カロリーのデザートです。

夕食に招待したお客様を健康的なデザートであっと驚かせたいと思ったことはありませんか?

今回は「甘いデザートは大好きだけど、砂糖がたっぷり入ったケーキやデザートは控えている」という方を満足させる、ヨーグルトとブルーベリーで作る「チーズケーキ」のレシピをご紹介します。

ブルーベリーの効能

2-blueberries

ブルーベリーは含まれている糖分が少ないため、体液貯留などにお悩みの方には最高の食品です。

スーパーフードであるブルーベリーで作るお菓子を食べれば、市販のお菓子に手が伸びないだけではなく身体の健康を維持する効果が期待できます。

ブルーベリージャム100gのカロリーは、約195カロリーです。

今回のレシピは8人分ですが、食べる人数で調整してください。

 

ヨーグルトとブルーベリージャムで作るチーズケーキ

材料

クラスト生地

  • グラハムクラッカー 200g
  • バター 80g

ヨーグルトフィリング

  • ギリシアヨーグルト 500g
  • 砂糖 1カップ(200g)
  • 生クリーム 1カップ(200ml)

トッピング用のブルーベリージャム

  • ブルーベリージャム、またはお気に入りのジャム 1と1/2カップ(350g)
  • ゼラチン 1と1/2袋

クラスト生地の作り方

3-blueberry-cheesecake

  • パイ皿にバターを塗るか、オーブン用のクッキングシートを敷きます。
  • ボウルに溶かしたバターと砕いたグラハムクラッカーを砕き入れてしっかりと混ぜます。
  • バターと混ぜたグラハムクラッカーをパイ皿に入れて押すように形を整えます。
  • 生地が固くなるまで冷蔵庫で寝かせます。

チーズケーキフィリングの作り方

  • ゼラチンを冷水の入ったボウルに入れます。
  • 別の容器で、ヨーグルト、生クリーム、砂糖を混ぜた後、少しだけ温めます。
  • ゼラチンを入れて10分間、またはよく混ざるまで続けます。
  • グラハムクラッカー生地にこのフィリングを入れて冷まします。

トッピングの作り方

  • トッピングにはブルーペリージャムなど、お気に入りのジャムを使ってください。
  • 低温で温めたジャムにゼラチンを加えたら、火からおろします。
  • このトッピングをヨーグルトフィリングの上に流し入れ、冷蔵庫に2時間以上入れて冷やします。

ヨーグルトで作る、おいしいブルーベリーチーズケーキのできあがりです。あっという間にできるお手軽レシピです。

 

ブルーベリーのデザートが身体に良い理由

4-blueberry-tart

今回ご紹介したデザートは低カロリーで、市販のチーズケーキと比べると砂糖の量も控えめです。

ダイエット中だけど甘いものがやめられないというときにおすすめです。

ブルーベリーは栄養が豊富で、その調理方法に関わらず満腹感を持続させる効果のある食品です。

また、ブルーベリーはビタミンC、Kそして繊維質が豊富に含まれていますが、コレステロールは含まれていません。そのため、ブルーベリーで作るデザートは利尿作用も期待できます。

さらにブルーベリーには、記憶力を高め、学習機能や認知機能を改善するフラボノイドが含まれており、パーキンソン病やアルツハイマー病などを発症するリスクを低下させる効果もあるといわれています。

ブルーベリーの推奨摂取量は1日1カップです。

生のブルーベリーが苦手な方は、ブルーベリージャムをそのまま、またはお菓子の材料として使いましょう。

この「チーズケーキ」には、ブルーベリーの効能に加え、カルシウムが豊富に含まれ、骨の健康にも有効な乳製品が豊富に含まれています。

ご自宅で簡単にお試しいただける栄養素が豊富なこのケーキをぜひお試しください。