野菜の美味しい料理方法

野菜はどのように下準備するかがコツです。野菜を美味しく食べるためのベストな調理法を知っておきましょう。

美味しい野菜料理や野菜を使ったアペタイザーを作るコツがあります。

「野菜なんて嫌いだし、ほとんど食べない」あなたはそういうタイプではありませんか? もしお子さんがいるなら、緑のものは食べたくないなんて言っていませんか? 実は子どもにビタミン、ミネラルが豊富な野菜を食べさせるのはそれほど難しいことではないのです。

ソース、クリーム、ペストリー

  • ソースやクリームは苦味のある野菜の苦味を抑える方法としておすすめです。野菜とマカロニなどにチーズも加えるのも良いでしょう。さやえんどうと卵かハム、蒸したブロッコリーにマヨネーズなどもおすすめです。
  • サクサクのペストリーも良いでしょう。西洋ねぎやほうれん草などの野菜や魚などを調理したものを詰めると美味しいですよね。

食感や甘さが問題の時、野菜はどう調理すればいい?

野菜を調理

野菜のそれぞれの素材の特徴を生かして美味しく調理するにはコツがあります。サツマイモのように、火をしっかり通すことで甘くなる野菜もあります。

  • 根菜、かぼちゃなどはオイルを絡めてから調理すると、オイルが素早く熱され、水分を逃がさずに内側に閉じ込めてくれるでしょう。
  • これはメイラード反応と呼ばれています。外側をパリッと甘くカラメル色にし、内側をしっとりと保ちます。

根菜は蒸すよりも茹でることでより素早くピュレ状にすることができます。

色別!野菜の料理方法

紫の野菜

紫の野菜は抗酸化物質が豊富です。豆類、ジャガイモ、アスパラガス、紫キャベツにはアントシアニンが含まれています。これは水溶性分子です。

これらの野菜は茹でると色を失います。ですので、生で食べるか、水につけてアクを抜いて食べましょう。紫キャベツは通常、酢で調理します。

赤の野菜

ベタインはビーツなど特定の野菜を赤くする要素です。水溶性で熱に弱いため、紫の野菜と同じように扱いましょう。

緑の野菜

緑の野菜の緑色はクロロフィルが含まれているためです。クロロフィルも水溶性です。短時間で塩茹でにした後、冷水で洗い流すと良いでしょう。

グリルやソテーをした後、レモン汁を少しかけると深い緑色が失われません。カロテノイドが含まれるためです。

白い野菜

ジャガイモ、アーティチョーク、カリフラワーなど白い野菜には酵素が含まれているため、切った後時間が経つと色が変わり茶色っぽくなります。ですが、レモン汁を少し入れた水に浸けておくと色が変わらないでしょう。この野菜も長時間調理することはおすすめできません。

野菜を美味しくする料理のコツ

サラダ

  • 塩はトマトを美味しくしてくれます。
  • ハチミツはエンダイブやチコリーの苦味を中和してくれます。
  • 葉物野菜やマッシュルームなどの苦味のある野菜には塩を少しかけると良いでしょう。
  • 苦味のあるミントとグリーンピース、甘めのドレッシングをかけたパセリの入ったサラダ、グリルしたニンジンとクミンなど、甘いものと苦いものの組み合わせはおすすめです。
  • オリーブオイルはあまいものにも苦いものにも良いでしょう。

甘みがあって美味しい野菜

新鮮なグリーンピース、ニンジン、カラーピーマンは甘く、ハチミツやメープルシロップ、料理酒などでその甘さは引き立ちます。お肉の脂肪と一緒になることで甘さが増しますので、お子さんに野菜を食べさせたい時などにも良いでしょう。ですが、溶かしバターを乗せたジャガイモやクリームスープは美味しいからといって食べ過ぎないように気をつけましょう。

スパイシーでやみつきになる野菜

ショウガ

チリペッパー、黒こしょう、ショウガなどはスープやシチューに入れるととても美味しいですよね。ですが、気をつけて使いましょう。レモン汁、酢、ルバーブ、サワークリーム、ヨーグルトなどの酸は野菜の自然の甘みを引き出してくれます。ただし、使いすぎないよう、味のバランスに気をつけて下さい。

野菜を使ったアペタイザーレシピ

野菜とチーズ

このレシピは簡単かつ、野菜の旨味を十分に味わえる優れた調理例です。

材料

  • ブロッコリー、カリフラワー、ニンジン
  • バター 大さじ3(60g)
  • すりおろしたチーズ お好みで適量
  • 塩こしょう 少々
  • 水 少量

作り方

  • 片手鍋に少量の水を入れます。
  • ブロッコリー、カリフラワー、ニンジン、塩コショウ、バターを入れて蒸します。
  • 蓋をし、弱火で数分火を通します。野菜は火が通っているが、ポリポリした食感が残っている状態にしましょう。
  • 火を止めます。チーズを入れて蓋をし、チーズを溶かしてください。
カテゴリ: レシピ タグ:
あなたへおすすめ