夜間にルーターの電源を切るべき理由

8月 19, 2016
電磁放射は健康トラブルを引き起こす危険性があります。夜間や使用していない時はルーターや電子機器の電源を切ることをお勧めします。

近年、次々と新しいテクノロジーが生み出され、コミュニケーションツール、仕事、エンターテインメントなどありとあらゆるところでテクノロジーが駆使されています。

その中でも、ワイヤレスインターネット(WiFi)アクセスは私たちの生活に欠かせないものとなっています。

WiFiは家庭や職場、学校を始め様々な場所に普及しており、インターネットを通してあらゆる情報を受け取ることができます。

しかし、実はその便利さの裏側に、私たちの健康に良くない影響を与える危険性が潜んでいるのです。

ワイヤレステクノロジーは、その放射性の値から”サイレント・エネミー”であると定義づけている専門家が多くいます。

今日は、これらのデバイスの危険性について知り、リスクを最小限に減らす方法、つまり夜間にルーターを切る大切さについて見ていきましょう。

ワイヤレステクノロジーの裏側に潜む危険とは

2-wireless-router

モバイル機器から出される放射性の危険性について数多くの研究がされているにも関わらず、この問題については未だはっきりとしていない部分があったり、敢えて考えないようにしている人が多いようです。

モバイルテクノロジーは、ここ数十年で急激に発達しました。人体に及ぼす影響についてはまだ完全にはわかっていませんし、完全に判明するには今後も時間を要するでしょう。

これまでのところ、電波が脳の活動や体のシステムに及ぼす影響を分析した研究は少ししかありません。

しかし、ガンやその他の深刻な病気の発病に関連しているとした証拠があります。

3-brain-health

バイオイニシアチブという報告書によると、約2,000の国際的調査の結果、電磁波に長期間晒されているとある種のガン細胞の発達に関連付くとされています。

また、他に慢性的な頭痛や多動、睡眠障害なども引き起こすとされています。

実際、こういったタイプの電子機器を取り扱う場所で働いている人々は、厳しい安全規制の下で勤務しています。放射性物質が体に及ぼす影響をできるだけ軽減するためです。

電子機器が幼い子供達に与える影響も考えなくてはいけません。子供達の体は未だ発達状態にあるからです。

これらのことを考慮して、イギリス、フランス、スウェーデンなどの国々では学校や美術館、図書館などの公共施設からWiFiを取り除き始めています。そして無線ではなく、有線でインターネットを楽しめるようにしているのです。

まず、ルーターの電源を切りましょう

以下のような事柄を実践し、テクノロジーの悪影響を受けないようにしましょう。

  • 夜間や誰も使っていない時間帯はルーターの電源をオフにしましょう。
  • キッチンやベッドルームにルーターがある場合は、使用頻度の低い部屋にルーターを移しましょう。
  • 電話を含むケーブルコネクションを設置しましょう。コードレスの電話は便利ですが、放射性が強すぎます。
  • モバイルデバイスやラップトップパソコンの使用時間を制限しましょう。また、ベッドルームでは使わないようにしましょう。
  • 外で過ごす時間を増やす、エクササイズをする、デジタルではなく本や新聞など紙の媒体を読むようにしましょう。
4-brain-waves

電磁波に晒される危険性について消費者に知らせる場所は今のところありません。

放射性の値は短期間で急激に広がります。数年後にはどのくらいの量になっているか誰にもわからないのです。

現在、日本やアメリカといった国々では、電磁放射を使用しないモバイルテクノロジーのデザインに取り組んでいます。

おそらく、人々がようやく危険性を指摘し始めるまで30年はかかるでしょう。

電子機器を長時間使用すること、体が晒されることについて、私たちはもっと真剣に考えなくてはいけません。

最後になりましたが、こういったワイヤレステクノロジーを使用する人は、自分で責任を持って使用しましょう。使用していない時は、必ずルーターや電子機器の電源を切ることをお勧めします。

WiFiがある生活は大変便利ですが、便利な裏側には必ず何かが付いてくるということを忘れないでおきましょう。

あなたへおすすめ