私にぴったりのパートナーって/どんな人?

· 9月 3, 2015
私たちにぴったりのパートナーとは、私たち自身の欠点につり合った欠点を持つ人。つまり、私たちの必要とするものを補ってくれ、その人の足りないところを私たちが満たしてあげられる人なのです。

恋には魔法のレシピなんてありません。

この人と恋に落ちようと思って落ちられるわけではなく、それは突然起こってしまうもの。

だからといって、成り行きまかせは危険です。

いつもある程度のバランス感覚と常識を維持していく必要があります。

日頃から自分自身をよく知っていれば、どんな人が自分を幸せにしてくれるのか理解することができるでしょう。

それは具体的にどういうことなのか、これからお話します!

本当に私を幸せにしてくれるのはどんなタイプの人?

カップル-300x165

まず、ロジックと客観性を維持することが必要です。「自分にぴったりの人、夢にまで見るかんぺきな恋人」を一生待ち続けることなんて、できませんよね。

世界は不完全な人だらけ。そんな不完全な者同士がいっしょになるとき、どうやったら自分たちの本当の幸せを築いていけるかを知っている、かんぺきなカップルになれるのです。

つまり、かんぺきな人を探すのではなく、自分の欠点につり合った欠点を持つ人を見つけるのです。

それはあなたの必要とするものを補ってくれる人、そしてその人の足りないところをあなたが満たしてあげられる人なのです。

いっしょに人生を築いていくこと、ともに成長し、成熟して、2つとない特別なきずなを作りあげていくこと。それこそ私たちの人生を賭けるにふさわしい冒険ではないでしょうか。

では、どんなタイプの人が自分にいちばん合っているのか考えてみましょう。

1. 内向的な人には…

内向的な人には外向的な性格の人が必要だといいます。

私たちはつい「裏か表か」で考えてしまいがち。

でも、そういう考え方には注意が必要です。あなたがちょっぴり内向的ではにかみ屋なら、ひどく外向的・社交的で大胆な人に対して気後れを感じ、おちつかないかもしれません。

ここは妥協がいちばん。

極端に外向的ではないけれど、あなたの臆病なところを補い、ありのままのあなたを尊重しつつ、無理強いすることなく、オープンに接してくれる人を選びましょう。

2. ダイナミックで外向的な人には…

こういうタイプの人には、自分が好きなアクティビティに同じくらいの情熱を持ってつきあってくれる人が最適です

例えば、あなたがハイキングに行ったり、外食したり、大勢の友だちとワイワイ騒いだり、いっぺんにいくつものことをしたりするのが好きなタイプなら、消極的で、家にいるのが好きというパートナーは合わないかもしれません。

あなたと同じことに興味を持ち、プランを立てるのが好きで、あなたが何かしたいと思ったときに即乗り気になってくれる人といっしょになれば、毎日の生活がきっとすごしやすく、もっと快適になることでしょう。

こちらもご参考に:もっとエネルギッシュになるために毎日できる5つのこと

3. 自分に自信がない人には…

もし自分は優柔不断で、答えよりも質問の方が多く、プロジェクトを始めたり、生活を変えたりするのがちょっと苦手というタイプだ、と日頃から感じているのなら、しっかりしていてのんきな人を選びましょう。

大人で自信があるけれども、決して極端に誇り高いとか傲慢であるわけではなく、人を支配しようとしない人がぴったりです。

もの静かで、どちらかというと父性的な性格を持つ人、守ったり支えたりするのが好きな人、あなたの怖れを軽減し、あなたの自尊心を高め、自信をつけさせてくれる人・大人でまじめな人を見つけましょう。

4. 衝動的でちょっとコントロール好きで、何よりも自主性を重んじるタイプの人には…

パートナーを持ちたいけれど、「縛られるのは絶対イヤ!」という女性がたくさんいます。

真剣な交際相手を持つという考えとは相反するように思えますが、そういう女性が最近増えて来ているのも事実です。

何よりも自分のキャリアが大切、自分のことは自分で決めて、身の回りのことをガッチリ管理、自信を持って生きているタイプの女性です。

こういう場合は、同じような性格の人はパートナーに向きません。

一時的には燃え上がるかもしれませんが、それも束の間で長続きしないでしょう。

相手をコントロールすると同時に、自主性を保とうとする性格の持ち主同士は、カップルとして長続きしません。

あなたがこのタイプなら、理想のパートナーとして、のんきでおだやか、家庭を大切にし、あなたの決めたことを受け入れて支持してくれる人、あなたの力強さと野心に敬意を払ってくれる人、つまり素直で実直な人を見つけましょう。

こちらもご参考に:パートナーが支配的ではありませんか? 兆候を知っておきましょう。

何よりも、あなたを幸せにしてくれるパートナーを探しましょう!

愛1

ここまで、タイプ別の理想のパートナーについてお話してきましたが、現実にはそういう人はなかなか見つからないもの。

時には、まったく自分とちがうタイプの人や、自分の描いていた理想にあてはまらない人を好きになってしまうこともあるでしょう。

でも、どうぞご心配なく! どんなに理想とかけ離れていても、いちばん肝心なのは次の3点です:

  • いっしょに生活できて、困難なことでも「カンタン」と感じさせてくれる人、楽観的で、性格はどんなにしろ、あなたとピッタリ息があう人。そんなパートナーと長く暮らしていたら、きっとあなたをよい方向に変えてくれるでしょう。

あなたにふさわしいパートナーがきっと見つかりますように!