別れた恋人とヨリを戻した方が良い4つのパターン

3月 30, 2018
別れた恋人とヨリを戻したいけど果たしてそれが良いことなのかと悩んでいませんか? 今日はヨリを戻すべきか、そのヒントを挙げましょう。

お互いに傷つけ合わずには2人の関係を続けられない状態にまでなったことはありますか? 別れた恋人とヨリを戻そうかと考えたことはありますか?それって本当に悪いことなのでしょうか?

こういった疑問を持つのは普通ですし、とてもよくあることです。恋人との恋愛関係が終わるということには何か理由があるはずです。一般的には、別れた恋人にもう一度チャンスをあげるというのは良い考えだとは言えません。なぜなら、同じ間違いを繰り返すか、幸せになれない関係になる危険性があるからです。

ですが、良い機会となる場合もあります。

今日は、別れた恋人とヨリを戻した方が良いと言えるパターンをご紹介します。だからと言って、裏切られたことを忘れろ、とか全てを許しなさいと言っているのではありません。あなた自身が2人の関係を再構築する気になれるかどうか、考えて見ましょう。

1. 愛以上のものがある

恋人

別れた恋人とヨリを戻すべきかどうか、考慮したい最初の要因は、相手があなたに与えてくれるものは、あなたが自分の人生に望むものかどうかということです。物質的なものについて話しているのではありません。心理的、精神的な面のことを意味しています。

よくある例を挙げましょう。2人の別れた原因が距離だったとします。どちらかが遠方に引っ越すことになったのですが、あなたは遠距離恋愛をしたくなく、別れを選びました。もし、元の場所に戻り、彼があなたに愛や安心感、楽しさ、誠実さ、友情を与えてくれたことに気がついたのなら、彼はあなたが本当に愛する人なのかもしれません。

こう言うと、快適さだけを求め、新しい恋人を見つけてはいけないと言っているように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。今一度自分に問いかけ、本当に欲しいものは何なのかを考えてみる価値はあると言いたいのです。

一旦離れた後に再び結びついた恋愛関係は、以前よりも強く、お互いがよりしっかりと結びつく傾向にあるようです。

こちらも参照『真実の愛は私たちを批判したり制限しない』

2. 問題よりも愛の方が大きい時

別れた恋人とヨリを戻すかどうかはあなた次第です。別れた理由があなたにとってどれほど重要かにもよります。また、2人がどれほど成長したか、あなたが自分の行動にどのような責任が持っているか、個人的な成長のためにどれほど努力したかにもよるでしょう。

状況をよく考え、広い視野で物事を見ることが大切です。批判をしたりメロドラマのように感傷的になる必要はありません。もしかするとあなたも嫌なことがあった日だったのかもしれません。だから問題をより大げさに受け止めてしまったのかもしれません。

もしかすると、状況はあの頃と変わっているかもしれません。今なら、それほど大したことに思えないかもしれません。

ヨリを戻そうと決意したら、かつての問題を掘り起こさないことです。大切なのは問題を永遠に克服すること、新たな問題を加えないことです。

3. 行動は言葉よりも大きい

口論する恋人

別れた恋人とヨリを戻す前に、彼の言っていることと実際の行動がマッチしているかどうかを見ましょう。言葉で言うのは容易いことです。ですが、言葉が美しいからと言って、それが心からの誠実なものであるとは限りません。言葉と行動に矛盾がなく、首尾一貫していなくてはいけません。

例えば、彼が嫉妬深いことが原因で別れたとしましょう。でも別れた後に反省し、態度をコントロールできるようになったと言っているとします。もしそうなら、とあなたは心が動かされるかもしれません。ですが、ヨリを戻す前に、本当にそうなのかあなたが見て判断しなくてはいけません。

  • 彼はあなたが誰とどこにいるのかを常に確認しますか?
  • あなたの断りなく勝手にあなたの携帯電話を見たり、メールを読んだりしますか?

自分の本能を信じましょう。自分が聞きたいことを言ってくれたからといって流されてはいけません。嫉妬や浮気が原因で別れた場合は、ヨリを戻す前に特に注意しましょう。嫉妬心や浮気はすぐに治せるものではないからです。

こちらも参照『嫉妬深い人に共通する5つのミス』

4. 二人の関係を改善していくことを双方が決心している

別れた恋人とヨリを戻すかどうかを考える最終的な要因は、2人の関係を改善していこうという決意があるかどうかです。セカンドチャンスを与えるということは、愛と責任の両方を請け負っていくということです。相手とのコミュニケーションは心から湧き上がる誠実なものであるべきです。

中には、2人の関係が崩れ、終わりを告げてしまうまで、2人の関係を維持しようと必死に努力する人たちもいます。関係が終わった時になって、相手は自分が失ったものに気がつき、取り戻そうとするのです。

問題は、これまで関係を維持しようと頑張り続けてきた方の人は、もうこれ以上頑張りたくないと思ってしまうことです。そしてもし、これまで自分が努力したのだから、これからは相手の番だと思ってしまうようであれば、状況はさらに悪くなる一方でしょう。

この場合の良い方法は、以前の関係を冷静に振り返り、この先の関係がうまくいき、自分の決意した事を守れるような新しい絆を作り上げることです。

ヨリを戻しても上手くいく場合があるのはお互いにその気がある時

顔を寄せ合う男女

2人の関係は終わったのだとどちらかが言うのであれば、一旦完全にその関係を終わらせなくてはいけません。この考え方は有効ですが、必ずしも成功する作戦だというわけではありません。大切なことは、2人ともが決定に異存ないというかどうかということです。

この決定は、個人としてなされるものです。感情や期待、個人的な約束などにとらわれてするものではありません。時間が経ち、ヨリを戻したいと本気で願うようになったら、元カレときちんと話をし、相手もあなたと同じように関係の復活を望んでいるかどうかを見ましょう。

言うまでもなく、2人の心の健康を大事にすることが大切なのです。

あなたへおすすめ