別れの辛さを克服する方法

· 2月 28, 2019
自分以外の誰かのために時間を使ったり集中する生活を送ってきた人にとって、別れの辛さを乗り越えるのは簡単ではありません。しかし私たちの人生は、誰かによって自分が完成するのではないのです。

誰もが皆、人生のある地点で別れを経験し、精神的に辛い思いを経験するでしょう。

これは乗り越えるのが困難に感じるほどの辛い経験かもしれません。

本記事では、できる限り最善の方法で、別れによる感情面や精神面の辛さを克服する方法をご紹介します。

自分が望んでいるいないに関わらず、別れを経験するとある種の苦痛を味わうことになります。

その苦痛を避けようとする人や無視する人、そして認めない人がいます。

しかしこの痛みを認めた上で乗り越えることが、別れに伴う感情的な辛さを克服するのに必要なステップとなります。

自分に起こったことを受け入れる

別れ

自分の身に起こった出来事を受け入れるのは、今回ご紹介するプロセス全体の中でも最も難しい部分です。

自分に起こった出来事を否定しようとし、腹を立てることもありますが、その後は悲しみに襲われます。

しかし起こってしまった出来事、つまり事実は変わることはありません。

時には二人の関係が終わるときに、ほんの少しの希望を保とうとする人がいますが、二人の関係をやり直そうと努力しても、相手とは逆方向に進んでいるだけです。

別れに伴う一連の不快な感情などを通じて自分自身を見つめなおすのは一般的なことです。

しかしこれは、事実から逃げ出すことや無視すること、そして隠すこととは違います。

自分に起こってしまった出来事や事実に向き合い、最終的にはそれを受け入れる必要があります。

なぜならそれが、前に向かって新たな第一歩を踏み出す唯一の方法だからです。

こちらもご参照を:二人の関係のために出来ることを全てやったなら悔いなく別れよう

すべてをさらけ出す

自分が抱えている感情を抑えたり隠してはいけません。

別れを乗り越えようとしているときに、これは逆効果になります。

誰にでも自分なりの感情を表現する方法がありますが、その方法の違いに関わらず、必要に応じて自分の感情を表現することは大切です。

友達と話すことで感情を表現する人もいれば、一人や友人の前で激しく泣く人、または誰にも会わずに一人で過ごしたい人もいます。

別れの辛さを克服しようとするときは、その方法がどのようなものであれ、自分がうまく表現できると感じる方法を見つけて、感情を解放しましょう。

一人でいるのが好きな人は、すべてを忘れるために無理をして友人と出かける必要はありません。

自分に向いていない行動で忘れようとしても、逆にその感情を増やすリスクが高まるだけです。

現代社会では、誰かの前では常にポジティブな感情を示すことが好まれ、否定的な感情を隠そうとする傾向があります。

否定的な感情は他人を不快にさせる可能性があるため、その感情を隠しがちです。

しかし、別れを克服するときには、そういった肯定的な感情を示し、否定的な感情を隠すことを期待する傾向があります。おそらく、他の人々を不快にさせないようにするためです。

ただしこのような状況では、社会通念の全てを忘れ、自分が感じていることを正確にそして自分が望む方法で表現することが大切です。

決して自分自身とその感情を抑制しないように注意してください。

こちらもご覧ください:悲しみを乗り越えるための5つのステップ

自分をやる気にさせるものに焦点を当てる

強くなるために

ここまでの手順を無事に終えることができたら、別れに集中して色々な考えを乗り越えたことになります。

ここからは自分の周りの物事や、自分にインスピレーションを与える物事に焦点を合わせましょう。

それは私たちを刺激し幸せにするもの、趣味、仕事、または愛する我が子かもしれませんね。

自分の人生の大部分を、恋人やパートナーを中心に考えている人は、相手との別れを経験したときに、自分の人生の方向性を失うことがあります。

そのため、別れを乗り越える第二段階は、自分の周りを見回して、やる気を起こさせるものに注意を払うことです。

自分一人では見つけられない場合や、悲しみが大きすぎてそういう気持ちになることができない場合は、医師などの専門家に相談してください。

自分の人生について前向きに考えて自分がやりたいことを始めるのは、人生に目的を与える何かを発見するのに役立ちます。

恋人やパートナーとの関係は、私たちの人生すべてではなく、ほんの一部に過ぎないことを理解し実感してください。

それでも人生は続く

誰かと別れたとき、自分の周りのすべてが崩壊していくように感じるのは普通のことです。

しかし私たちの周りで別れを経験した人のことを考えてください。

彼らはとても悲しんだかもしれませんが、彼らの人生は今でも続いていますよね?

この別れが私たちにどれほど大きな打撃や心の傷を与えたかは関係ありません。

悪い出来事は徐々に良い方向へと向かいます。

時間が経過するにつれて、別れという経験から学び、より強い自分に生まれ変わって新たな第一歩を踏み出すことができます。

新たな一歩を踏み出すことができたら、素晴らしい人生があなたを待っています。

別れは真の終わりではなく、人生の中の新しいページの始まりです。

自分の感情をコントロールすることは簡単ではありません。特に自分がこれまで大切にしてきた何かによって引き起こされた、負の感情の乱れを正常に戻すことは容易ではありません。

しかし、仕事を失うこと、愛する人が他界してしまったこと、または自分の失敗で悪いことが起こった時の対処方法と同様に、別れを経験したときに起こる精神面での辛さを乗り越える方法を学ぶ必要があります。

二人の関係が世界の中心だと考えていた人も、ここまでの段階的な克服方法により、真実はそうではないという事実に気づくでしょう。

自分の人生の中心は自分自身であり、私たちの周りは興味深いことであふれています。

人生に意味を与える、家族、仕事、そして趣味などを大切にすることで、これまで自分が世界の中心だと考えていた誰かとの関係は、人生の中のほんの一部だったと理解できるでしょう

自分の周りの何か一つだけに多くの注意を払い集中してしまうと、それがうまくいかないときに心が傷つきダメージを受けるリスクが高まります。

別れに伴う感情的な辛さを克服した経験はありますか?

自分のパートナー中心の生活を送ってきたことはありませんか?

  • Baumeister, R. F. (1997). Esteem threat, self-regulatory breakdown, and emotional distress as factors in self-defeating behavior. Review of General Psychology. https://doi.org/10.1037/1089-2680.1.2.145
  • Brueckner, K., & Moritz, S. (2009). Emotional valence and semantic relatedness differentially influence false recognition in mild cognitive impairment, Alzheimer’s disease, and healthy elderly. Journal of the International Neuropsychological Society. https://doi.org/10.1017/S135561770909047X
  • Fonzo, G. A., Ramsawh, H. J., Flagan, T. M., Simmons, A. N., Sullivan, S. G., Allard, C. B., … Stein, M. B. (2016). Early life stress and the anxious brain: Evidence for a neural mechanism linking childhood emotional maltreatment to anxiety in adulthood. Psychological Medicine. https://doi.org/10.1017/S0033291715002603