別れに対する身体の反応

2月 1, 2019
別れを経験するとき、複数の化学反応が体内で起こり、骨の痛みなどをはじめとする身体的な痛みを発症させるのをご存知ですか?

これまでに、別れを経験したことのある方なら、以下の5つの生理学的反応を経験したことがあるのではないでしょうか。

通常、別れを乗り越える半年から2年の間のある地点でこれらの反応が現れると考えられていますが、反応には個人差があります。

1 – 不安感と不眠

不眠

不安感と不眠症は、別れの後に起こる最も一般的な症状の一つです。

私たち人間は、誰かと触れ合うことで安心感を得られるため、安心感を得ていた関係が終わり別れを経験すると、一人になった時に不安感や心の痛みを感じて不眠などが起こります。

こちらもご覧ください:不眠症に効果のある3つの自然療法

2−胸の痛み

別れを経験した後に感じる一般的な痛みの一つが胸の痛みです。

別れを経験したばかりの人のニューロンと呼ばれる神経細胞からの信号は、やけどの後に肉体的な痛みを引き起こすものと同じです。

そのため、別れの後に胸の痛みを感じるのは一般的なことで、トラウマを経験すると実際に心機能が悪化するために起こるとも言われています。

別れの時点で心臓病を患っている人にとっては危険であり、同様に、アドレナリンが心拍数の不規則さを引き起こすかもしれないため注意が必要です。

いくつかの研究で、別れを経験した人々の脳をMRIで調べたところ、ストレスと身体的な痛みを制御する脳の領域での脳が活発化していたことが明らかになりました。

つまり、外からの痛みを知覚する脳の領域がたとえ不活発であったとしても、痛みに対する体の反応を制御するシステムが多くの苦痛を与えているということです。

これは、脳が心臓、消化器系、そして免疫系に直接影響を与えるストレスホルモンを放出することによって起こると考えられています。

3−肌のシミ

ニキビやシミ

にきびなどの皮膚の問題は、別れから来るストレスの症状の一つです。

別れの辛さから肌のお手入れを怠ることも原因の一つですが、ストレスホルモンが肌の健康を悪化させ、ニキビ、しみ、そして抜け毛なども引き起こすことがあります。

ご存知ですか?:不安感の原因となる9つの習慣

4−筋肉の痛み

ストレスを経験すると、怪我などに対して体がより脆弱になり、ストレスの度合いによっては筋けいれんなどを発症することがあります。

その結果、筋肉の痛みやけいれん、そして身体のいたるところに痛みを感じることがあります。

5 – 食生活の乱れ

不健康な食事

別れを経験した後、過食に陥ったり拒食症を発症する人がいます。

ストレスによって細胞のインスリンに対する感受性が低下するため、体がより多くのインスリンを産生し、脂肪を蓄積し始めるため、摂食障害などを起こすことがあります。

また、過食が始まり太りすぎた結果、不眠症や運動不足を引き起こす、健康上の問題を発症することもあります。

ストレスが消化器系の機能を妨げ、胃の痛みや下痢を引き起こすことがあるかもしれません。

別れが痛みを伴うのはなぜ?

別れが痛みを伴うのは、体内で引き起こる様々な化学反応に関連しています。

別れる前の段階でも、相手の気持ちを察して相手と話すのさえ不安になったり、別れた後は周りの人々との関係に影響が及び、精神的なストレスへと発展することがあります。

これまで自分が愛してきた人が自分に会うのを拒否する、これからはもう会えなくなるという事実が、骨折にも似た痛みを引き起こすかもしれません。

ただし、社会的に誰かや何かに拒絶されることで起こる反応は、認知レベルではより正常に機能しますが、ロマンチックな拒絶反応、つまり恋愛などで誰かに拒絶されたことに対する反応は空腹感やの喉の渇きなどを感じる体内システムに関連しています。

  • Song, Hongwen et al. “Love-related changes in the brain: a resting-state functional magnetic resonance imaging study” Frontiers in human neuroscience vol. 9 71. 13 Feb. 2015, doi:10.3389/fnhum.2015.00071