若返り効果あり!目の下のクマを隠す5つのメイク術

· 5月 20, 2019
よく眠れなかったとき、または睡眠不足のとき、目の下にクマができてしまうことがあります。失敗いらずのワザを使って、疲れた印象にさようならをしましょう。

あまりにもくっきりした目の下のクマは、悩みのタネになりがちです。鏡に映る自分の姿にもう我慢する必要はありません。この記事では、クマを隠す方法をいくつかご紹介します。

疲労が顔に現れ、目の下にクマができてしまっても、それは自然なことです。最近よく眠れていなかったり、仕事のスケジュールがハードになった場合には、次にご紹介するコツを使って目の下のクマを隠してみましょう。

簡単に目の下のクマを隠すコツ

目の下のクマを隠す方法

よく知られているクマ隠しのテクニックをいくつかご紹介します。とても簡単にでき、若々しくフレッシュ、そして元気に見せてくれます。

  • コントロールカラーのような化粧下地を使いましょう。長持ちし、保湿効果があるので、気になる部分を隠すのにぴったりです。リキッドタイプがお勧めです。
  • コントロールカラー(CCクリーム)を使いましょう。クリームは割れたり、しわを際立たせることがないので、最も使われている製品の1つです。
  • やや暗めの化粧下地を選びましょう。肌の色よりも暗めの色を選ぶことで、気になる部分を修正してくれます。
  • コントロールカラーは適切に使いましょう。使う量が多すぎると望む効果が得られません。適量のみ使うことが大事です。塗り過ぎは、べったりとした見た目になってしまう可能性があります。

こちらもご参考に:目を大きくしたい!5つのありがちNGメイク

クマ隠しのヒント

目の下のクマを隠す方法

こちらもご参考に:眉毛を整えて自分にぴったりの美眉を作る方法

以下のようなことにも注意してみましょう!

  • クマを隠したい場合には、下まぶたに明るい色のアイシャドウを塗ります。
  • 目を離して見せたい場合には、眉毛の下にも明るい色のアイシャドウを塗ります。
  • クマから目線を逸らすためには、目じりから眉毛にかけて明るい色のアイシャドウを塗ります。
  • 緑や青のコントロールカラーは、クマを強調してしまいます。
  • 茶やグレーなどのくすんだ色を使うとよいでしょう。

朝のクマ隠しにはメイクは大変便利です。昼から夜にかけては、違うメイク法が必要となってくるかもしれませんが、ご紹介したコツを使ってクマを隠してみましょう。

しかしメイクをするときに1番大事なことは、なんといってもスキンケア、肌のお手入れです。そのため、常に高品質なものを使うことがお勧めです。