ツイていない日を終えた後でぐっすりと眠るコツ

人には誰でも、何もかもがうまくいかず、疲れ果ててしまう日があります。心配事や義務を抱え、押しつぶされそうに感じる日もあるでしょう。そういう日は、全ての事が複雑に思えるかもしれません。疲れている原因は、最近全然眠れていないからかもしれません。もしかすると、逆に寝すぎたのかもしれませんし、探し物が見つからないからかもしれません。上司の機嫌が悪かったからかもしれません。

そんな時に一番したい事ーそれは、早く家に帰ってリラックスし、ぐっすり眠ることです。そして、全てを忘れてまた次の日、一から新しいスタートを切ることです。

私たちには誰でも、忘れてしまいたい日、ツイていない日があります。だからこそ今日は、そんなひどい一日の終わりにぐっすりと眠るコツをご紹介したいと思います。

家に帰る途中では、ハッピーになれるようなことを考えましょう。お気に入りの音楽を聴くのも良いでしょう。このステップがあると、心を穏やかにしやすく、悪いエネルギーを取り除きやすくなります。

家に着いたら、以下のコツを試してみてくださいね。

ぐっすりと眠るコツ

  • まず、快適な服に着替えましょう。ぴったりした服やキツい服などは避けましょう。
  • お気に入りの香りのお風呂に入りましょう。心地よい音楽を聴きながらゆったりと湯船に浸かると、神経が和らいでいくでしょう。
  • 家に帰るまでの道のりで行っていたかもしれませんが、何か良いことを考えましょう。楽しいことや夢のようなこと、イマジネーションを膨らませましょう。明日は素晴らしい日で、全てが自分の思うように進むとポジティブに考えましょう。
  • 瞑想するのも一つの方法です。これまでにやったことがないという人、今こそ瞑想について学び、取り入れるチャンスです。ストレスを解放する方法がわかるでしょう。
  • お風呂に入っている間に体をマッサージしましょう。まずは軽く優しいタッチから始め、徐々に凝り固まった筋肉をしっかりと解すようにします。足のマッサージを忘れないようにしましょう。足は全ての筋肉の緊張が溜まってしまう場所だからです。うまくマッサージができると、体がすっと軽くなるのがわかるでしょう。
  • 頭皮もマッサージしましょう。中には頭皮がとても敏感な人もいますので、必ずしもきつくマッサージする必要はありません。自分が心地よいと感じる程度に行うことが大切です。マッサージとは痛いと感じるものではないのです。
  • 次に首に移ります。お気に入りのエッセンスを手に取り、首周りをマッサージしましょう。背骨は絶対に押したりせず、側面のみ触るようにしましょう。指を使って小さく円を描くような動きでマッサージをしたり、親指と人差し指を使って背骨の横を押すのも良いでしょう。痛くない程度の適度な圧力をかけながら上下に指を移動させましょう。筋肉がリラックスし始めるのがわかるでしょう。
  • 次は肺です。呼吸をすることは体をリラックスするだけではありません。時間をかけて深く、ゆっくりと呼吸をすることで酸素がより体に入り、細胞に行き届くのです。一般的に、ストレスや緊張を感じている時は、呼吸が浅くなりがちです。正しい呼吸法で得られる利点が失われているのです。

肺から空気を外に出すと、筋肉がリラックスしていくのが感じられるでしょう。上記に挙げたコツに従えば、心が穏やかにリラックスできるはずです。

湯船に浸かるのは15〜20分間が理想的です。お好みでもう少し長湯をしても構いませんが、長すぎないようにしましょう。お風呂を出たら、体を完全にリラックスさせ、赤ちゃんのようにスヤスヤと眠るまでにすることはあと一つです。

カモミール

最後に、カモミールティーを飲みましょう。体のリラックスを促してリフレッシュさせ、ぐっすりと眠ることができるでしょう。お腹が空いたと感じても食べ過ぎてはいけません。もしぐっすりと眠りたいのなら、サラダやフルーツなど軽めの食事を摂りましょう。食べ過ぎは不眠の原因となります。

メモ:リラクゼーション効果のあるお勧めのエッセンシャルオイルは、ラベンダー、オレンジ、サンダルウッドです。ミント、ローズマリーは避けましょう。