糖質オフのための3つの推奨事項

糖質の過剰摂取は健康に悪影響であることはよく知られています。この記事では、食事で糖質を減らすための3つの推奨事項をご紹介します!
糖質オフのための3つの推奨事項

最後の更新: 30 1月, 2022

糖質の摂取量を減らすことは、食生活を大幅に改善するので、健康にとって不可欠です。事実、摂取量を管理することで、中長期的に病気を発症するリスクを減らすことができます。ちょっとコツのいることですが、間違いなく実行可能です!

避けたい糖質の代表である砂糖は多くの加工食品に含まれており、意図的に消費を抑えるには、砂糖が含まれているものを知ることが重要です。

砂糖だけでなく、糖質を多く含む他のものも制限する必要があります。 だからと言っておいしい食事をあきらめる必要はありません。詳しい方法は下記でご紹介します。

添加および精製された糖は有害です

砂糖を過剰摂取すると、心血管の危険因子でもある糖尿病や肥満などの代謝性疾患に苦しむリスクが高まる可能性があります。

医学誌CriticalReviews in Clinical Laboratory Sciences発表された研究によると、糖質を定期的に摂取しすぎるとインスリン抵抗性につながります。これには、膵臓の機能不全の結果である2型糖尿病だけでなく、より一般的な問題も含まれます。

想像できるように、糖質をどんな食材から摂取るすかは賢く選ぶ必要があります。過剰にならないカロリーで果物を食べるのと、加工食品を通してフルクトースを大量に食べることは同じではありません。

野菜を大量に摂取すると、自然死のリスクが低くなると言われています。医学誌Nutrientsに掲載された研究によると、精製糖または添加糖を食べると脂肪肝のリスクが高まります。

添加および精製された糖
すべての糖質が同じというわけではありません。天然のものと工業的に加工された食品のものは別として考えましょう。

糖質を減らすための断続的断食

朝食は健康にとって最も重要な食事です。しかし、朝食に菓子パンを食べる人が多いのです。気づいていないかもしれませんが、これらの製品の多くには過剰な量の精製糖が含まれています。

このため、 朝食時にこれらをた食べないようにすることは、食事中の砂糖の量を減らすための効果的な戦略です。実際、医学誌Nutrientsに 発表された研究によると、糖質オフは健康にプラスの結果をもたらすだけでなく、体組成の改善にもつながります。

ソフトドリンクはやめましょう

これらの飲料は、食事中の砂糖の量を手に負えないほど増やします。人工甘味料を使ったものを選ぶかもしれませんが、実際には栄養の面でより悪い選択肢かもしれません。

2017年に実施された調査によると、人工甘味料は腸内細菌の変化を促進する可能性があります。さらに、腸内細菌叢に対する影響は、メタボリックシンドロームを発症して肥満になるリスクを高めます。

要するに、健康のためにできる最善のことは、ソフトドリンクを飲まないことです。水を優先的に選びましょう。

それでも炭酸が欲しい? もしそうなら、スパークリングミネラルウォーターにフルーツを加えてください!

ソフトドリンクはやめましょう 砂糖
朝食時にパンを抜くことは、食事中の砂糖を減らすための効果的な戦略です。

こちらもお読みください:エネルギーたっぷり 元気の出る朝ごはん

生鮮食品を優先して、食事中の糖分を減らす

栄養素をどの食材から摂るかが重要であることは前述しました。さらに、糖質の量を減らすことに加えて、食事に含まれる食品を評価する必要があります。

まず、工業的に加工されたものよりも新鮮な製品の消費を優先するようにしてください。果物を多く食べると、砂糖の消費量が少なくなり、栄養素の質が高くなります。さらに、野菜の繊維含有量は糖分の吸収を遅らせ、膵臓への影響を減らします。

より良い健康のために糖質オフを

ご覧のとおり、食事中の糖質量を減らすことは、当面の健康と長期的なリスクにプラスの影響を及ぼします。代謝性疾患の発生率と同様に、 肥満になる可能性は減少します。

今回ご紹介した3つの戦略を実践すれば、毎日の糖質摂取量を減らすのに役立ちます。通常の食事療法で今すぐにでも試してみましょう。最後に、定期的な身体活動は健康的なライフスタイルのために必須であることを覚えておいてください。

こちらの記事もおすすめです。
体から余分な糖分をとる方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
体から余分な糖分をとる方法

自分の体を健康に保ち、バランスの取れた食生活を送るには、野菜をたくさん食べ、栄養価の高い全粒穀物を食べることが必要となります。精製された白砂糖と違い、全粒穀物に含まれている炭水化物は少しずつ血液に送り込まれ、体が正常に機能する上でのエネルギーを与えてくれます。



  • Stanhope KL., Sugar consumption, metabolic disease and obesity: the state of the controversy. Crit Rev Clin Lab Sci, 2016. 53 (1): 52-67.
  • Ter Horst KW., Serlie MJ., Fructose consumption, lipogenesis, and non alcoholic fatty liver disease. Nutrients, 2017.
  • Rynders CA., Thomas EA., Zaman A., Pan Z., et al., Effectiveness of intermittent fasting and time restricted feeding compared to continuous energy restriction for weight loss. Nutrients, 2019.
  • Pearlman M., Obert J., Casey L., The association between artificial sweeteners and obesity. Curr Gastroenterol Rep, 2017.
  • Bays, Harold E. ““Sick fat,” metabolic disease, and atherosclerosis.” The American journal of medicine 122.1 (2009): S26-S37.
  • Hannou, Sarah A., et al. “Fructose metabolism and metabolic disease.” The Journal of clinical investigation 128.2 (2018): 545-555.
  • Singh, Jyoti, et al. “Nutritional Interventions and Considerations for the development of low calorie or sugar free foods.” Current diabetes reviews 16.4 (2020): 301-312.