鶏肉と野菜の激うまライス

2月 17, 2019
ご紹介する鶏肉と野菜のライスのレシピは、美味しくて満足感があり、その上健康的な一品です。

ここでご紹介する鶏肉と野菜のライスには、健康的でバランスの良い食事として推奨される食材がいくつも入っています。三食のうちのどれにもぴったりですし、作るのも簡単。スペインとラテンアメリカで一般的な食事で、大抵の家庭でその家庭ごとの味というものがあるほどです。しかも、動物性タンパク質とも植物性タンパク質ともよく合うのです。ここでは3〜4人前のレシピをご紹介します。

こちらもお読みください:1週間分のカラフルスムージーのレシピ

鶏肉と野菜のライス〜材料〜

  • トマト 2個(80g)
  • オリーブオイル
  • たまねぎ 1個(60g)
  • 塩胡椒
  • 米 1カップ(240g)
  • にんにく 2片(6g)
  • 鶏胸肉またはもも肉 3本(300g)
  • グリーンピース 1カップ(150g)
  • サフラン 5本(1g)
  • ピーマンまたは赤パプリカ 1/2個(40g)
  • 鶏がらスープの素 キューブ1個
トマト 鶏肉と野菜の激うまライス

作り方

  • まず、広めのフライパンでオイルを中火で熱する。
  • その間、たまねぎ、ピーマン、にんにくを小口切りにし、フライパンに入れる。
  • 少し柔らかくなったら、塩胡椒で味付けし、5分間炒める。
  • 木べらで楽に切り分けれるくらいに柔らかくなれば、野菜は火が通っています。
  • 鶏胸肉を一口大か細切りにし、野菜に加える。火力を少し上げ、色が変わり始めるまで5分間混ぜながら炒める。

こちらもお読みください:自宅で簡単にできる前菜レシピ ミニエンパナーダをつくろう

鶏肉 鶏肉と野菜の激うまライス

  • トマトの皮をむき、他の野菜と同じ大きさに切り、鶏肉が入ったフライパンに加える。混ぜながら5分間炒める。
  • 他のフライパンに水を入れてを沸かし、米と鶏がらスープの素を入れる。
  • 数分煮立てるが、米が柔らかくなりすぎないようにする。4〜5分ほどで十分。
  • 米をざるにあげ、鶏肉と野菜に加える。よく混ぜる。
  • サフランを入れ、色と味をつける。サフランがない場合、ウコンでも着色可能だが、味が少し変わる。
  • 次に、グリーンピースと塩胡椒を加える。スープによく味がついており米に吸収されるので、塩はあまり入れすぎないこと。
  • 鶏肉と米にきちんと火が通るまで混ぜ続ける。味に深みを出すために、米を煮たスープを加えながら好みの固さにする。
  • 火から下ろし、清潔なふきんで覆い、5分間蒸らす。こうすることで米の味が落ち着き、アルデンテに仕上がる。
  • 召し上がれ!
  • Sun, L., Ranawana, D. V., Leow, M. K. S., & Henry, C. J. (2014). Effect of chicken, fat and vegetable on glycaemia and insulinaemia to a white rice-based meal in healthy adults. European Journal of Nutrition53(8), 1719–1726. https://doi.org/10.1007/s00394-014-0678-z
  • Slavin JL, Lloyd B. Health benefits of fruits and vegetables. Adv Nutr. 2012;3(4):506–516. Published 2012 Jul 1. doi:10.3945/an.112.002154
  • Marangoni F, Corsello G, Cricelli C, et al. Role of poultry meat in a balanced diet aimed at maintaining health and wellbeing: an Italian consensus document. Food Nutr Res. 2015;59:27606. Published 2015 Jun 9. doi:10.3402/fnr.v59.27606
  • Locke, A., Schneiderhan, J., & Zick, S. M. (2018). Diets for health: Goals and guidelines. American Family Physician97(11), 721–728.