手足のたこを自然にとる方法

· 11月 5, 2018
たこができるのを防ぐには、足は完全に乾かし、きつすぎる靴を履くのを止めましょう。たこが手にできている場合は、保湿することが大切です。

体をきちんと手入れしないでいると、それが通常病気や何らかの問題となって体に現れます。体のある部位を酷使していると他人の目にも止まります。たこはそうした問題の一つです。

たこはただ皮膚の角質が固くなった状態です。摩擦や圧力がかかり負担となっている部位を守る役割を担うことでできます。あらゆる年齢層の人の手足にできるものです。

しかし健康上深刻なものではなく、ほぼ確実に自宅で処置できます。今日、ここでご紹介する注意点に従えば、たこが改善されることでしょう。

 

1.たこをなくすには保湿

手足のたこができている部分を水につけられるような容器を見つけましょう。沸騰したお湯とカモミールを容器に入れます。お湯が手足をつけるのに支障ない温度にまで下がったら、患部を10分間お湯に浸します。こうすることで、たこがふやけ、除去できるようになります。

2.天然の酸

レモン 手足のたこを自然にとる

レモンをスライス状に切り、切ったレモンのスライスを患部に当てた状態で布で患部をレモンごとくるみます。レモンの酸がたこを除去するのに役立ちます。ただし、最初に紹介した方法よりは時間がかかります。きれいに除去するには、一晩布で包んだ状態にしておくことをおすすめします。

レモンを当てた患部を日光に晒すのは避けましょう。日光に当てると、肌に色がつきシミを作ってしまいます。

3.水と重曹を混ぜる

お湯と重曹を使ってペーストを作りましょう。重曹は、通常、1カップの水に対して小さじ3杯のみを使います。丁度よい濃度になったら、ペーストのようにしてたこに塗ります。

30分間塗ったままにしておき、その後、洗い流します。

こちらもお読みください:重曹を使った自然療法

4.ニンニクとオリーブオイルの自家製軟膏

ニンニク 手足のたこを自然にとる

家にニンニクとオリーブオイルがあるなら、たこを治す軟膏を作ることができます。ニンニクを1片取り、オリーブオイルをまぶした後ニンニクをつぶし、自家製の軟膏を作ります。

レモンスライスの場合と同じように、この方法も効果が表れるまでには時間がかかるので、一晩塗ったままにしておいた方が良いでしょう。

5.タマネギ

タマネギは抗炎症作用がある食べ物なので、たこで悩んでいる人にはうってつけです。タマネギを半分に切り、患部に塗ります。

この方法は、改善がみられるようになるにはかなり時間がかかりますが、辛抱強く待てば効果が表れます。タマネギの匂いが気にならない人であれば、最高の方法と言えるかもしれません。

6.ホワイトビネガー

酢 手足のたこを自然にとる

ホワイトビネガーもまた酸を使ってたこに対処できる原料です。ホワイトビネガーを水と混ぜ、その後たこを湿らせます。湿らせた患部を一晩布などで覆い、翌朝、柔らかくなったたこをヤスリを使って削り取ります。その後、患部をキレイにすると、効果が目に見えることでしょう。

こちらもどうぞ:たこを柔らかくする5つの自然療法

7.イラクサ

イラクサは代替療法でよく使用される植物で、抗炎症作用があります。

お湯にイラクサを入れ、ペースト状になるまで混ぜます。このペーストをたこに塗り、布などで覆います。数時間程、覆った状態にしておくのがベストでしょう。

カレンデュラ(またはポットマリーゴールド)もたこを治すのに理想的な植物です。イラクサと同じ要領で作って使います。

たこを予防する方法

たこができるのを防ぐには次のような簡単なアドバイスに従うと良いでしょう。例えば、靴を買う時は、サイズがきつくないか確かめましょう。試着した時はきつくないと思うかもしれませんが、徐々に皮膚に影響が及ぶようになります。

たこは手にもできるため、手を常に保湿することが大切です。シャワーや入浴の後は保湿クリームを使いましょう。

また、手足へは避けた方がいいことがあります。以下のような行為です。

  • 大きな圧力がかかりその場所が擦れるものを使う/身に付ける
  • 手足などをよく乾かさない
  • いつも同じ靴や手袋をはめる

以上のことに気をつけて、手足のたこを予防しましょう。