タンポポ茶によるガンの自然療法

· 2月 16, 2016
ガンは世界中で主な死因の一つとなっており、また憂慮すべきことに、何らかの腫瘍があると診断される人の数は増え続けています。

現代医学は過去数十年間で大きく進歩し、ガンに対抗するさまざまな治療が発展してきました。しかし、そういった治療では効果が得られず、ガンを克服できない多くの人々がいます。

化学療法は最も一般的なガン治療ですが、代替治療にも効果的なものがあります。代替治療は医学療法の代わりになるものではありませんが、それを補うものとして考えられています。

代替療法を行っても、全ての患者に同様の効果があるわけではなく、また、それぞれの患者のガンの進行度によって効果が大きく左右されるということに注意してください。

こちらの記事もお読みください:ターメリックの抗がん作用

タンポポ茶でガンに対抗する

タンポポ

この記事では、ガンの代替治療の一つとして、タンポポを使ったものをご紹介します。タンポポはその多くの健康効果がよく知られていますが、ガン治療においても効果があります。タンポポ茶はガン細胞に作用し、細胞を分解する力があると言われています。

この植物は長年注目されることはありませんでしたが、現在では、高い薬効があり、家庭でも常備しておくべきものとして注目が高まっています。古来、タンポポはさまざまな症状の治療薬に使われてきました。現代では、かつて知られていたよりも多くの効能があることがわかっています。例えば、タンポポの根の、ガン治療を補う効果がその一つです。

こちらの記事もお読みください:タンポポの優れた機能7

タンポポを研究している科学者たちは、タンポポの根はガンに高い効果があり、健康な細胞までを破壊してしまう化学療法とは異なり、ガン細胞のみに作用することを発見しています。

タンポポは利尿作用と、胆汁の分泌を促進し、肝臓をデトックスし、コレステロールを減らす効果があり、アレルギー治療にも役立ちます。タンポポにはビタミンB6、 チアミン、リボフラビン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、葉酸とマグネシウムが含まれています。また、推奨される一日の栄養摂取量に対し、ビタミンKは535%、ビタミンAは約110%が含まれています。

タンポポ茶の効能

タンポポ茶

カナダのウィンザー大学の研究は、タンポポの根が、健康な細胞にダメージを与えることなく、ガン細胞を効果的に破壊することを明らかにしました。

研究によるとタンポポの根で作ったお茶は、健康な細胞を傷つけず、ガン細胞だけに作用し48時間以内に分解するというのです。これは医学界にとって素晴らしいニュースと言えるでしょう。研究は、タンポポの根はガン細胞の大半を破壊する効果的なガンの治療法であると結論づけ、ガンと闘う人たちに希望を与えています。

この結果を元に、研究チームは更なる支援を受け、この奇跡的な植物の調査を続けています。

72歳の患者ジョン・ディ・カルロは、タンポポの治療効果と抗ガン作用を確信し、その効果を証言しています。彼はガンを治療するために、3年間強い化学療法を受けました。しかしついに医師は、彼に、自宅に帰り最後の日々を愛する者たちと過ごすことを勧めました。しかしながら、生きる希望を捨てなかったディ・カルロは、代替療法を選択し、タンポポ茶を選びます。ニュースによるとその四ヵ月後、ガンの進行は遅くなり、部分的にあるいは全体的に寛解したということです。