丹毒の治療法:必要な知識

· 7月 22, 2018
丹毒は、主に皮膚の表皮に影響を及ぼす細菌感染です。蜂巣炎と呼ばれる皮膚病に類似しますが、こちらは皮膚のより深い層で発症します。

丹毒は、扁桃炎を引き起こす菌でもあるA群溶連菌によって発症します。感染により、皮膚に大きな紅斑ができ、ほとんどの場合顔と脚に症状が出ます。

症状

  • 発熱
  • 風邪
  • 寒気
  • その他不快感
  • 赤く腫れ上がる肌疾患

   ○患部に水ぶくれができることも。丹毒が顔面に出た場合、通常鼻と頰が赤く腫れる。

また、丹毒は分泌腺を炎症させ、痛みを伴うために多大な不快感があります。

こちらもお読みください:

スキンケアで絶対NGな7つのこと

原因

細菌

A群溶連菌が皮膚のバリアを突き破って侵入することで、丹毒が発症します。この細菌は皮膚上に生息し、通常害を為すことはありませんが、傷などから皮膚内に侵入し、感染に繋がることがあります。

水虫や湿疹などの、皮膚に傷を残す疾患が、丹毒の原因となることがあります。また、鼻や喉での感染後に細菌が鼻腔を通って拡がることで丹毒が発症することもあります。

治療法

薬による治療

丹毒の原因は大半が溶連菌ですので、ペニシリンが治療薬として主に用いられます。ほとんどのケースで、経口または筋肉注射によるペニシリン投薬で回復が見込まれます。治療期間は通常5日ほどですが、改善が見られない場合、医療従事者の判断により延長されることもあります。

患者にペニシリンアレルギーがある場合、第一世代セフェムが用いられます。セファロスポリンにはペニシリンとの交差反応があるので、ペニシリンに対する重度のアレルギーがある場合、慎重に投薬しなければなりません。

クリンダマイシンも投薬可能ですが、溶連菌B群はクリンダマイシンに耐性を持ちます。黄色ブドウ球菌の治療は通常の感染では不要ですが、ペニシリンが効かない場合や、異常な症状が出る場合は考慮されるべきです。

顔面丹毒の治療には、ブドウ球菌感染の治療のために、ジクロキサシリンやナフシリンのようなペニシリナーゼ耐性での経験的治療が必要だと言う研究者もいます。しかし、その意見を裏付ける根拠は明らかになっていません。

ロキシスロマイシンとプリスチナマイシンは丹毒の治療に非常に効果的で、いくつかの研究において、ペニシリン投薬での治療に比べて、効果はより大きい上に副作用は減少するという結果が出ています。現在、米国では食品医薬品局の承認が降りていませんが、既にヨーロッパでは認可されています。

重篤な細菌感染と皮膚病治療用に食品医薬品局が認可している抗生物質は3つあり、オリタバンシン(Orbactiv)、ダルババンシン(Dalvance)、テジゾリド(Sivextro)です。これらは他の治療薬の中でも、メシチリン耐性を含む黄色ブドウ球菌・化膿レンサ球菌・A 群溶血性レンサ球菌・扁桃連鎖球菌に効果が見られます。

手術

手術

丹毒の進行が急激で、健康的な組織を破壊させているような場合(壊死)のみ手術が行われ、壊死した組織が取り除かれます。適切な抗生物質の投薬で再発を防ぐことができますが、時間との戦いでもあります。

ご存知でしたか?

感染症の対処に効果的な10種類の食材

抗生物質に加え、その他の処置は下記です:

痛みと発熱の対処法

  • 冷湿布
  • 水分補給(可能であれば経口)
  • 患部の挙上。患部の位置を上げることで、炎症と痛みを抑える。
  • 生理的食塩水に浸したガーゼの包帯。潰瘍と壊死が見られる部位に包帯をあて、感染度合いによって2〜12時間毎に交換する。

丹毒の天然療法

オイル

  • アーモンドオイル治療法。コールドプレスのアーモンドオイルは、丹毒による紅斑に効果的。アーモンドオイルを何度か塗ると、最初からまるで肌荒れしてなかったかのように治るはずです。
  • ヨモギ治療法。ヨモギ茶で、1日2回患部を洗浄します。洗浄後、医師から処方された薬を飲みます。大抵の場合、感染初期に非常に良く効く抗生物質を処方されているはずです。
  • グリーンレタス治療法。レタスもまた、丹毒を自然に治療する驚きの方法です。患部に使用する前に、必ず湯通ししましょう。
  • ゼニアオイ治療法。ゼニアオイの葉と根を湯がいたもの(煎じ薬)も、治療として使えます。

丹毒患者へ推奨される食事

フルーツを適量食事に取り入れましょう。(1日の食事量の約2割)また、揚げ物とお肉は避け、代わりに魚と卵を食べます。小休止を入れながら、半年間この食事法を続けます。

参考文献(英語)

Erysipelas Treatment & Management, MedScape, https://emedicine.medscape.com/article/1052445-treatment

Which treatment for erysipelas? Antibiotic treatment: drugs and methods of administering, PubliMed.gov. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11319362

Erysipelas: Causes, symptoms, and treatment, Medical News Today, https://www.medicalnewstoday.com/articles/317973.php

Erisipela: causas, factores de riesgo, signos, síntomas, tratamiento, prevención, pronóstico, ePainAssist, https://www.epainassist.com/skin/erysipelas

Erysipelas, National Organization for Rare Disorders NORD, https://rarediseases.org/rare-diseases/erysipelas/