スキンケアで絶対NGな7つのこと

7月 18, 2016
肌は人間の体の表面を覆っている一番大きな場所です。見た目を美しく見せてくれているだけでなく、紫外線や微生物などといった不純物から体を保護するという重要な役割があります。

女性にとってスキンケアは重要な生活の一部ですが、環境の変化によって肌は弱くなり、様々なトラブルを引き起こすようになります。

美肌になるためには、まず具体的に肌の何のためにケアするのかを考えてみましょう。そのケアは肌を清潔にするためなのか、乾燥から守るためなのか、その内容によってケアの方法が変わってきます。

肌のために何が必要なのか、健康的な肌のために何ができるかを知ることが一番重要です。

皆さんは、正しいスキンケアをしていると自信がありますか?

熱いシャワーを浴びるのはNG

cold-shower

暑い日にお風呂につからずに、熱いお湯でシャワーをすます、という方も多いかもしれません。

でも、毎日の習慣になっている方は注意です。熱いシャワーはリラックス効果も妨げられるのはもちろんのことですが、肌に悪影響を及ぼす大きな要因になります。肌の潜在的な油分も一緒に洗い流してしまうので、かゆみや乾燥の原因になってしまいます

また強い化学薬品などが配合された石鹸などを熱いシャワーと一緒に使ってしまうと、肌が薄く過敏になってしまいます。熱すぎず、ぬるめのお湯でシャワーをし、お肌に優しい石鹸やボディーソープを使うようにしましょう。熱すぎるお風呂も肌にはよくありません。

化粧落としせずに寝るのはNG

化粧を落とさず寝てしまう、これは絶対にNGです。化粧落としをせずに寝てしまうと、化粧品に含まれている化学物質が肌を痛め、睡眠中に自然に回復をしようとする肌の細胞が酸欠になってしまうのです。

毎日、帰ったら化粧落としは必須です。化粧落とし後は引き締め用の化粧水でリフレッシュしましょう!

日焼けはNG

Tanning-too-much

ほどよく日焼けした肌は健康的ですが、長く日焼けをしすぎると、細胞の再生を妨げ、肌には非常に悪影響を及ぼします。継続的な日焼けのし過ぎはしみ、しわなど肌の老化の大きな原因にもなり、最悪の場合は皮膚がんの原因にもなります。普段から日焼け対策は万全にしましょう!

ゴシゴシ拭くのはNG

シャワーの後にゴシゴシタオルで肌を拭く人がいますが、これもダメ! 肌の持つ自然な油分を拭きとってしまうので、かゆみや乾燥の原因になってしまいます。肌の水分をとる場合には、柔らかいタオルで肌の表面をそっと押し当て、ゴシゴシこすってはいけません

角質を除去しないのはNG

Not-exfoliating-skin

やりすぎは禁物ですが、角質除去をしましょう!

なかなか仕事の後や、毎日の忙しい時間を削って、角質除去をする時間はとれない人も多いと思いますが、皮膚の再生のために角質除去は必要なケアです。死滅した肌細胞を除去し、肌の再生を促すのに一番効果的な方法です。蓄積した紫外線や不純物にさらされ死滅した肌の細胞をケアすることで肌の再生が活性化されます。

吹き出物をつぶすのはNG

吹き出物は体調によって、顔や体、さらにはいろんな場所に同時にできたりして、本当に不快なものです。

一番手っ取り早い方法が除去するように思えるかもしれません。実際、多くの人はできるとすぐに潰してしまいがちです。でも吹き出物をつぶすと、肌に大きな負担をかけてしまいます。潰した部分が膿んでしまったり、場合によっては痕が残る場合も。吹き出ものができている間は気になるかもしれませんが、できるだけ手で触らずに清潔にして自然によくなるのを待ちましょう。

顔にさわるのはNG

多くの方が無意識に顔に触っていますが、手で顔を触るたびに、手の細菌などが顔にベタベタとついてしまいます。この細菌などの不純物が顔の肌の毛穴をふさぎ、吹き出物の原因になって悪影響を及ぼします。まずは手を清潔にすること。それが顔の肌を守るためにも重要なことです。また会社で使う電話や、家の電話、携帯電話をきれいにしておくことも大事です。電話には目には見えないたくさんの細菌が繁殖しています。パソコンのキーボードやマウス、リモコンなど、手で触るものを清潔にすることが肌の健康へつながります。

あなたへおすすめ