玉ねぎジャムのレシピ

· 6月 14, 2015

調理の仕方によって玉ねぎにいろいろな色合いを出すことができます。オーブンで焼いたり煮たりすることで、さらに美味しく特別な味わいを引き出すことができます。

 

玉ねぎジャムは単に美味しいだけでなく、料理の付け合わせに最適です。前菜として、肉にも魚料理にも付け合わせることができ、さらに料理のバリエーションを広げてくれます。

こちらもご覧ください 免疫系を強化するヘルシージャムのレシピ

この玉ねぎジャムは甘く、とてもシンプルに作れて、あなたの料理に新鮮味を与えてくれます。

みなさんご存知のとおり玉ねぎは美味しくて、たくさんの栄養や効能があり、最近では私たちの日々の生活や料理には欠かせない食材になっています。

 

 

玉ねぎジャムの効果

・抗貧血の特性

玉ねぎには鉄分、リン、ビタミンEが多く含まれているので赤血球を生み出します。

利尿性と浄化作用

玉ねぎに含まれるカリウムが、体内に溜まる余分な水分を排除し、高血圧を正常化させます。

・ビタミンBの源

玉ねぎはビタミンBとマグネシウムの宝庫です。筋肉と神経系機能を良くしてくれる、エネルギーと健康な生活を手に入れるのに必要な、一番シンプルな栄養素です。

・酸化防止効果

玉ねぎに含まれるビタミンA、Cとフラボノイドによって酸化防止に適しています。

・便秘に効果

玉ねぎは便秘に効き、消化機能も正常化させる効果があります。腸の寄生虫を防ぎます。

こちらもご覧ください 便秘を解消するフラックスシードを使った3つの自然療法

 

玉ねぎジャムのレシピ

玉ねぎジャムを作るのはとても簡単です。しっかり保存するために、瓶を用意してください。1キロ分のジャムを作るのでその量に合った大きさのものを選んでください。

 

玉ねぎを準備するときに沸騰したお湯で茹でてもいいのですが、今回はオーブンを選びました。その方が素材の味が出てもっと美味しくなるからです。薪などを使って焼く人もいますし、自分のお好みの方法で調理できます。

 

材料

・1キロの玉ねぎ

・砂糖500g

 

調理

まずオーブンのトレイにアルミホイルを敷くところから始めていきましょう。そして玉ねぎの皮をむき、良く洗います。そのあと、トレイに並べて少しだけオリーブオイルと塩をふります。オーブンを200℃に設定し35分~40分間程度焼いてください。しっかり焼き目を入れるために時々見ながらひっくり返してください。しっかり焼き目が入ったらオーブンから取り出して数分放置して寝かします。その間にコップ3杯の水と砂糖500gを入れた鍋を用意して、先ほどの焼いた玉ねぎを入れて中火で30分間程煮ます。このとき鍋にくっつかないように混ぜてください。飴色になり美味しい匂いがしてくると思います。鍋にくっついたり焦がしたりしないように気をつけてください。少しでも焦げてしまうと玉ねぎジャムの味が変わってしまいます。そしてこの玉ねぎを10分程度置いて寝かせます。こうすることでさらに味が出ます。そのあと、瓶に入れます。保存するためにこの瓶を湯煎器で蒸してもいいでしょう。水の入った鍋の中で完全密封してください。火にかけ沸騰して瓶からポンという音がしたら準備ができた証拠です。

今回ご紹介したレシピは甘いカラメルの方法ですが、このほか、バルサミコ酢、バター、黒砂糖200gと、このレシピ同様1キロの玉ねぎ、はちみつなどを使ったレシピもあります。コントラストのある料理や味を混ぜるのがお好きな方には、この玉ねぎジャムはとてもおすすめです。

美味しく仕上げるには、全面的にきつね色に焼くことです。(写真のようなイメージ)

例えば、トーストに山羊のチーズをのせてその上から玉ねぎのジャムをかけて食べると美味しいです。お客さんが家に遊びに来た時やちょっとしたホームパーティーなどに使えていいかもしれません。