体内のクレンズに効果を発揮するお茶4選

6月 14, 2019
スギナを使ったお茶は風邪の予防に役立つと言われています。また消化を助けながら利尿作用を促進すると言われるため、体液貯留の緩和にも効果が期待できます。本記事では体内のクレンズにお勧めのお茶をご紹介します!

体内のクレンズを始めようと考えたことはありますか?

体内に蓄積された毒素や老廃物を体外へと排出する方法は数多くありますが、その中でもお茶を使った方法をお勧めします。

体内のクレンズに役立つお茶

自然な方法で体内のクレンズを行うときには、利尿作用や消化機能を促進する効果が期待できる薬用植物を使った方法がお勧めです。

本記事では、体内のクレンズに効果を発揮する薬用植物とそれを使ったお茶をご紹介します。

今回のお茶は、最長3週間継続することができ、朝食時にコーヒーやココアの代わりとして飲むこともできます。

抗酸化物質が豊富な薬用植物は、沸騰した湯の中に大さじ1杯入れた後に5~10分間抽出させてください。

ご存知ですか?:リンパ系を浄化!リンパの流れを促す5つのお茶

スギナ茶

スギナの葉

ホーステールと呼ばれることもあるスギナは、強力な利尿作用と浄化作用を持つ薬用植物です。

痰や粘液を取り除き、肺をきれいにするのに効果を発揮するこのお茶は、ペパーミント、甘草、アニス、ミント、またはフェンネルなどの薬用植物を、スギナと均等に組み合わせて作ります。

また、消化機能の促進にも役立ちます。

タイム茶

タイムのお茶

タイムは、肝機能を回復させ、呼吸を正常に保つのに役立つと言われます。

タイム茶は、消化不良に悩む人やすぐに緊張してしまう人に特にお勧めのお茶で、胆嚢と肝臓の機能を改善するのにも役立つ豊富な抗酸化物質を含んでいます。

  • タイムに、レモンバーム、リンデンの花、またはアンジェリカを均等に組み合わせて沸騰した湯に入れます。
  • 蓋をした後、約10分間抽出します。
  • 出来上がったら濾してから飲んでください。

こちらもお試しください:肝臓のデトックスに役立つ自然療法

イチゴ茶

イチゴ茶

イチゴ茶というのは、抗酸化物質を豊富に含むイチゴの葉を使ったお茶で、利尿作用と抗酸化作用が期待できます。

そのため、高い尿酸値が原因で起こる痛風をはじめとする特定の症状や病気を引き起こす原因となる毒素を、体外へと排出する効果があります。

  • イチゴ茶は、ミントの葉、ブルーベリーの葉、またはフキタンポポの葉とイチゴの葉を均等に組み合わせてください。
  • 1日1杯飲んでください。

エルダーベリー茶

エルダーベリー茶

エルダーベリーは消化機能を改善しながら、心を落ち着かせる効果があります。

また、利尿作用があり体内をクレンズする効果のあるエルダーベリーは、自然に体内をクレンズする方法として、広く愛用されています。

  • 神経を落ち着かせる薬用植物と組み合わせるのがお勧めで、エルダーフラワー、グリーンアニス、カモミール、セージの葉、またはマツムシソウの葉と均等に組み合わせてお茶を作るのが良いでしょう。
  • イチゴ茶と異なり、1日に2〜3回飲むのが良いでしょう。

今回ご紹介した、美味しいお茶を体内のクレンズに役立てる方法を是非お試しください。

利尿作用が高く、抗酸化物質が豊富に含まれたお茶は、健康的でバランスの良い食事と組み合わせることが大切です。

今回ご紹介したお茶は、健康的なライフスタイルの一部として適量を取り入れ、過剰に摂取しないように気をつけてください

また、どのような場合でも医師の処方による薬の代替えにはならないことをご理解ください。

  • Sandhu, N. S., Kaur, S., & Chopra, D. (2010, July). Equietum arvense: Pharmacology and phytochemistry – a review. Asian Journal of Pharmaceutical and Clinical Research.
  • Gallego, M. G., Gordon, M. H., Segovia, F. J., Skowyra, M., & Almajano, M. P. (2013). Antioxidant properties of three aromatic herbs (rosemary, thyme and lavender) in oil-in-water emulsions. JAOCS, Journal of the American Oil Chemists’ Society90(10), 1559–1568. https://doi.org/10.1007/s11746-013-2303-3.
  • Wang, S. Y., & Lin, H. S. (2000). Antioxidant activity in fruits and leaves of blackberry, raspberry, and strawberry varies with cultivar and developmental stage. Journal of Agricultural and Food Chemistry48(2), 140–146. https://doi.org/10.1021/jf9908345
  • Sidor, A., & Gramza-Michałowska, A. (2015, October 1). Advanced research on the antioxidant and health benefit of elderberry (Sambucus nigra) in food – a review. Journal of Functional Foods. Elsevier Ltd. https://doi.org/10.1016/j.jff.2014.07.012