スギナの成分とその効用って?

· 6月 3, 2016
スギナには利尿作用、収斂作用、再生促進作用のある成分が含まれているため、美容と健康の強い味方となります。

様々な効用が秘められているスギナは、大昔から利用されてきた野草の一つです。

湿った土地を好む強力な薬草であるスギナは、農家にとっては悩みの種となる雑草です。

本記事ではそんなスギナの成分と効用についてしっかり解説します。

スギナの使い方

スギナの使い方には多くの使用方法があります。主な使用方法をご紹介します:

  • 煎じ茶として:他の煎じ茶同様、1カップの沸騰したお湯に対してスギナ大さじ一杯の割合で。苦みがあるのではちみつで甘味をつけてもOK。
  • チンキ剤として:自然商品を扱うお店で購入可能。外用薬として利用。
  • お風呂で:スギナを水につけて13時間寝かせ、その水に足を30分浸す。
  • カプセル錠で:薬草を使った商品を扱うお店で購入可。
  • クリームやジェルとして:セルライトに対して使われる。一日に一回塗って、肌に完全に吸収されるまでマッサージ。
  • シャンプーとして:煎じ茶よりも濃い汁を作り、普段使うシャンプーに加える。週に2回これを使ってシャンプーする。

スギナを飲用する際の効用

Cómo-se-utiliza-la-cola-de-caballo-500x375

スギナの効用は非常に多くありますが、今回はその中でも特に重要なものをご紹介します。

こちらの記事もご覧ください:スギナの成分とその効用って?

利尿作用

尿の生成を向上させて、余分な水分を排出する助けになります。

また、お腹周りに溜まった体液を排出するため、減量にも役立つと考えられています。

以下の症状がある方にスギナはおすすめです。

  • 体液貯留や循環の低下
  • 肥満
  • 尿酸の過剰生成
  • 関節炎
  • 痛風

泌尿器の様々な病気の予防・対策、そして腎臓結石や前立腺に関わる病気のリスクを低下するのに役立つと言われています。

止血作用

スギナに含まれているペクチン酸と没食子酸が、血を止めるのに効果的です。

次のようなケースに特に効果を発揮すると考えられています:

  • 子宮からの出血
  • 鼻血
  • 血尿
  • 子宮の不正出血

骨の強化

スギナに含まれているケイ素が骨を健康にするのに役立ちます。

そのため、骨折した後や骨粗鬆症がきになる年配の人などにお勧めです。

さらに、運動や力仕事などで腱が切れてしまうのを予防する効果もあるため、靭帯断裂、筋肉の腫れ、脱臼などへの効果や、女性の更年期の骨粗しょう症の予防にも効果的だと考えられています。

こちらの記事もご参考に:女性の骨粗しょう症:予防と治療

髪と爪を健康的に

Remedios-naturales-para-uñas-quebradizas-500x333

スギナに含まれるケイ素は、脱毛症やフケを予防し、爪を強くして成長を促進すると考えられています。

スギナを外用する際の効用

スギナを外用薬として利用すると次のような効果があります。

皮膚のトラブルを改善

Piel.aspera

ミネラルが豊富に含まれているスギナは、ビタミンやミネラルが不足することで発症する、皮膚のトラブルに最適です。また治りにくく中々塞がらない傷の治癒にも役立つといわれています。

目のトラブルに効果的

スギナには自然療法としても使われる抗炎症作用があるため、目の腫れ、ものもらい、結膜炎を始め、目の痛みや傷など様々な症状、そして緑内障、近視、乱視にも効果があると考えられています。

女性のかゆみ、腫れに

Infeccion_vaginal-500x333

デリケートな部分の腫れやかゆみが気になる女性には、スギナを使った下半身浴がお勧めです。

湯の中に入れることで、スギナに含まれる豊富な有効成分が溶け出して症状をすぐに改善します。また出血を伴う痔にも効果的です

老化を防ぐ

スギナには抗酸化効果もあり、若いうちからシワ(特に顔のシワ)ができてしまうのを予防します。

また再生作用が、目や口を動かすことで深くなっていく表情ジワを薄くします。

ダイエット、セルライトに効果的

スギナの煮汁を使ってマッサージを行うことで、セルライトを軽減することができます。ウエスト、太もも、そしてお腹をすっきりさせたいときにはスギナの煮汁でマッサージを行いましょう。

スギナの副作用と毒性

様々な効果のあるスギナですが、体に悪い危険な成分も含まれているため、摂取には注意が必要です。

スギナを摂取することの副作用をご紹介します:

  • 消化不良
  • 頭痛
  • 緊張
  • 食欲減退
  • 筋肉減退
  • 胃粘膜の荒れ
  • 不整脈
  • バランス感覚の崩れ
  • 心拍が速くなる
  • 消化器官のトラブル

スギナに含まれているオキシトシンが、早産を起こす可能性があるため、妊娠中の女性と授乳中の女性は使用しないようにしてください。

(少量のオキシトシンは、お産のスピードを早めたり陣痛を軽くするのに使われます。)

スギナは、内用の場合は4週間、概要の場合は6週間以上使用を継続することは避けてください。

何か副作用が現れた場合は、スギナの使用をすぐに止めて医師に相談してください。