正しい方法で肌を清潔にするための5つのアドバイス

5月 16, 2019
お肌を正しく清潔に保つには、石鹸と水で汚れを取り除くだけでは不十分です。肌の調子を整えるトナーをはじめとする、基本的なスキンケアや角質除去を行うことが大切です。

肌を正しい方法で美しく清潔に保つために、高価な美容製品を買う必要はありません。

もちろん市販されている製品の効果は否定できませんが、安価ながら高い効果を発揮する自然な方法があります。

私たちの皮膚には、目に見えない老廃物などが蓄積されます。これは、汗、汚れ、環境汚染、ホコリなどの要因が原因であり、肌の不調やダメージを引き起こす原因となります。

美容サロンやエステに行くことなく、肌を美しく清潔に保つ経済的な方法があります。

本記事では、日々のスキンケアに加えたい5つのアドバイスをご紹介します。

肌をきれいに保つことがなぜ大切なのか

審美的な見た目の問題以外にも、肌を清潔に保つことは私たちの健康に欠かせません。

私たちの皮膚には様々な老廃物が蓄積され、皮脂や汚れが蓄積されることでニキビが発生します。

さらに老廃物がバクテリアなどが増殖しやすい環境を作り出して感染症を発症するリスクが高まります。

上記の理由に加えて、肌をきれいにするべき理由をご紹介しましょう:

  • 早期老化の予防
  • 皮脂の過剰分泌を予防
  • 死んだ皮膚細胞や老廃物の除去
  • 皮膚組織の再生と酸素化の増加
  • 保湿と肌のみずみずしさが向上
  • 肌のなめらかさと若さを維持

こちらもご覧ください:即効性抜群!肌をなめらかにする自然療法

正しくお肌を清潔にするための5つのアドバイス

肌を正しくきれいにするための、高価な製品は必要ありません。

もちろん市販の製品には良いものもたくさんありますが、肌の自然な皮脂までも取り除き、肌のpH値を変化させる化学物質が含まれているものも多いためです。

できる限り天然の素材を使ったスキンケアを行うことが大切です。

1. 中性の石鹸や洗顔料を使用する

石鹸を使った洗顔

肌タイプに合う石鹸や洗顔料を選んでください。

化学物質が多く含まれている石鹸や洗顔料は、皮脂や肌に良いバクテリアを除去してpH値を変えてしまう恐れがあります。

中性の石鹸や天然成分でできた洗顔料を使って、過剰に皮脂を取り除いたりpH値を変えないようにしましょう。

最後に冷水で洗い流してください。

2. 角質除去を行う

角質除去剤は、肌に蓄積された不純物を取り除く働きがあるため、近年その人気が高まっています。

粒状の質感のある角質除去剤を使うことで、中性の石鹸では落とすことのできない不純物などを取り除きます、

また収斂作用があるため、皮脂の蓄積を最小限に抑えながらニキビを予防します

市販の角質除去剤がない場合は、以下のような天然素材を使った角質除去をお試しください。

  • 砂糖やコーヒー豆の粉など、粒状成分をココナッツオイルや蜂蜜などの保湿剤と組み合わせるだけです。
  • 濃いペーストができたら、優しく円を描くように塗り、3〜5分間そのままにします。
  • 最後は冷水で洗い流してください。

3. オイルを使ったクレンジングを行う

オイルクレンジング

オイルクレンジングは、化粧落としに最適です。

化粧を落とすだけではなく、皮膚の表面に蓄積された老廃物や死んだ細胞である角質を取り除く効果があります。

肌の持つ天然の皮脂で作るバリアやpH値を変えないためにも、天然のオイルを使ったクレジングを行いましょう。

オイルクレンジングにお勧めのオイル:

  • オリーブオイル
  • アーモンドオイル
  • ココナッツオイル
  • グレープシードオイル
  • アボカドオイル
  • アルガンオイル

こちらもお試しください:デトックス作用のあるフェイスマスク

4. ミセルウォーターを使う

すべての肌タイプの人のために作られたミセルウォーターをご存知ですか?

ミセルウォーターとは、電気を帯びた分子の集合体で構成された水で、肌の不純物と皮脂を分ける分子を含んでいるとされています。

これまでのトナーの代わりにミセルウォーターを使うことも可能で、毛穴の引き締めにも効果的です。

またパラベンやアルコールなどの物質を使うことなく肌を保湿できるのも人気の理由です。

5. 定期的にフェイスマスクを使う

フェイスマスク

ここまででご紹介した肌を清潔に保つスキンケアの他に、週1回フェイスマスクを使いましょう。

フェイスマスクを使うことで、肌をしっかりと洗浄する効果があります。

毛穴をつまらせる原因となる皮脂の除去を簡単にするフェイスマスクは、皮膚組織を保湿しながら肌ダメージの修復を助けます。

最後に

市販品や天然素材を使って肌を清潔に保つことができます。

大切なのは、肌の表面に蓄積する過剰な皮脂、化粧品、または汚れなどを定期的に取り除くことです。

  • Byrd, A. L., Belkaid, Y., & Segre, J. A. (2018). The human skin microbiome. Nature Reviews Microbiology. https://doi.org/10.1038/nrmicro.2017.157
  • Gfatter, R., Hackl, P., & Braun, F. (1997). Effects of soap and detergents on skin surface pH, stratum corneum hydration and fat content in infants. Dermatology. https://doi.org/10.1159/000245955
  • Orchard, A., & van Vuuren, S. (2017). Commercial Essential Oils as Potential Antimicrobials to Treat Skin Diseases. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine. https://doi.org/10.1155/2017/4517971
  • Walters, R. M., Mao, G., Gunn, E. T., & Hornby, S. (2012). Cleansing Formulations That Respect Skin Barrier Integrity. Dermatology Research and Practice. https://doi.org/10.1155/2012/495917
  • Hasenoehrl, E. (2010). Facial Cleansers and Cleansing Cloths. In Cosmetic Dermatology: Products and Procedures. https://doi.org/10.1002/9781444317657.ch12