素敵な恋愛関係を保つ5つの美徳

11月 12, 2015
交際を充実させたければ、依存した関係が基本になるべきではありません。自分が誰であるかを忘れないようにしながら、しかしお互いに歩み寄って順応していく必要があります。相手を敬い思いやる気持ちとワクワクする感覚は、恋愛関係という共同プロジェクトの基本です。

健全で安定した幸せな恋愛関係を持続させることは、誰もが望む宝物のようなもの。このゴールに到達する魔法などはありませんが、心に留めておきたい基本的な柱があることも事実。この記事で続けてご紹介していきたいと思います。

 

1. 強いることなく与え合う

愛1

時々、自分の持っている全てのものを見返りなしにあげてしまうことがあります。しかし、これには注意が必要で、というのは、尊重や心遣いといったパートナーシップになくてはならないものを貴方から奪い、交際のバランスを欠いてしまうからです。健康的な恋愛関係を持続するためには、強いることなく、お互いに与え、与えられる、持ちつ持たれつの関係でいることです。相手を尊重し理解し、そしていたわる。これをお互いがするべきなのです。関係が公平でなくなってくると、そのことがストレスやフラストレーションを招きます。パートナーに対してオープンになっても良いでしょう。しかしそれと同時に、公平に与えられているかも確認しまししょう。

2. 相手に依存せず、服従せずに愛す、愛される

愛2

 

もうひとつのよくある間違いは、依存的な関係を築いてしまうことです。もし常に誰かに依存しているとしたら、完全な自分自身を感じられず、嫉妬や不信感といった要素が現れてきます。恋愛は義務から開放されるべきで、お互いが相手をコントロールすべきではありません。

理想は、貴方のことを信頼し愛してくれ、しかも貴方を束縛せず服従させない人を見つけることです。どんな交際にも自分自身の空間を持つことは、自尊心や自信を保持する上で大切です。服従に対しては常に「NO!」と答えましょう。

3. 相手の話を聞き、議論から学ぶ

愛3

恋愛に言い合いはつきものです。意見の違いがないカップルなんて、いるのでしょうか? 議論を交わすのは自然なことですし、健康的でしょう。議論はお互いをより良く理解し、基準や限界を作るのに役立ち、相手をより良く理解するのを助けます。1つだけ気をつけたいことは、互いの自尊心を傷つけることなく、前向きに建設的に議論するということです。議論はお互いから学び、同意を得るためです。それには相手を罰することなく共感し、相手のニーズを理解するように話を聞くことが必要です。議論をする時は、どのように話せばいいのか、どう意見を出したり提案したりすればいいのかを考え、常にオープンマインドで、怒りをぶつけ合わずに話さなければならない、ということを頭に叩き込んでおきましょう。議論とは、理解すること、そして学ぶことです。

4.  どうやって適応するかを知る

愛4

1つ明確にしておきましょう。人を変えるのは無理です。変えようと試みるのもおススメできません。それは相手に対して相手でいることを諦めさせるようなものです。簡単な例で説明しましょう。週末は家族や友達と自然の中で過ごすのが好きな貴方、かたや相手は家に居てテレビを見たりゲームをしたりするのが好き。お互いに愛しているけど、趣味の違いがあります。

ハイキングに行くのを止めるべきですか? それとも相手がやりたいことを止めるべきでしょうか? 交際では、二人の興味を混ぜ合わせて適応できなければなりません。今週は二人でハイキング、来週はリビングで映画、というように。このような合意にいたるためには、お互いが尊重し合っていることが必須で、かつ、お互いの関係を築き上げて行く事を喜びと捉えなくてはなりません。

5. 毎日、ワクワクし続ける

愛5

 

「ちょっとした所作、しぐさ、言葉かけ」というのは恋愛を強くしていき、毎日をワクワクさせる大事な要素です。ちょっとした努力で、恋愛のワクワク感を保ち続けることができるのです。相手がいかに大事な存在かを知らせてあげましょう。そして相手からのメッセージも受け取りましょう。思いがけないスキンシップや、朝のキス、同じ時間にベッドへ入る、一緒に何かをやる努力をする、相手へ感心していることを言葉で伝えるなど、言葉やジェスチャーで表現するこの全てが、恋愛を強くし、パートナーと安定した幸せな関係へ到達することを助けます。完璧な関係というのは、間違いなく、毎日こうした単純なことを積み重ねることによって作られていきます。誰にでも幸せになる価値があるのですから、実践してみるといいでしょう。

 

あなたへおすすめ