睡眠はどのくらいの時間が必要?

· 6月 28, 2015

 

皆さんご存知のように、子供たちは体の成長のために、少なくとも1日9時間は睡眠をとらなければなりません。私たち大人は子供たちのその睡眠時間を尊重してあげなければいけません。

しかし、毎回時間だけを気にするのではなく、私たちの体をしっかり機能させるためにも自分にあった睡眠をとることが重要です。

 

 

しっかり休息を取るにはどのくらい寝ればいいの?

1日の睡眠時間は人それぞれ年齢と特徴によって異なります。本当に休息できたと感じるために睡眠時間がより必要な人もいます。

 

皆さんご存知の通り、私たちの夜の睡眠は、体と精神を回復する手助けをしてくれます。しっかりと毎日、一定の時間に睡眠をとることがとても大事です。

 

次に年齢についてですが、世代ごとの夜の睡眠に必要な時間はこのようになっています。

 

・赤ちゃんは少なくとも14時間~15時間寝なければいけません。

・1歳~3歳までの子供は12時間~13時間寝なければいけません。

・小学校に通う子供たちは10時間~11時間寝なければいけません。

・大人は最低でも1日に7時間~9時間寝なければいけません。

お年寄りの方で夜何度も目が覚めてしまう、安定した睡眠がとれない、という方は、お昼寝で不足した1日の睡眠時間を補うことが必要です。

 

睡眠時間は必要不可欠

睡眠は毎日しっかりとる必要があります。決して毎日よく眠れるわけではありません。良く休まないと私たちの活動の源である元気の活力が失われていきます。そしてわからないところでストレスが蓄積されていき、健康に重大なダメージを及ぼす可能性があります。

 

睡眠は眠った状態が切れない一定の時間と質が大事になってきます。たとえ成人の最低睡眠時間をしっかりとっていたとしても、8時間の間に何回も目が覚めたりしていると睡眠をしっかりとっているとは言えません。

 

質の悪い睡眠は、ストレスや不安感うつ病などの原因になるので、しっかりとした質のいい睡眠を心掛けようという決意が、健康になるため、また明るい人生を歩むためにも一番大事なことです。私たちは今後の未来の健康にも関わりうる睡眠の大事さをもっと認識すべきです。

 

今現在しっかりと睡眠をとっていない方はとても危険です。今は睡眠不足だという自覚がないかもしれませんが、そんな生活を続けていくと、あなたの体から限界だという危険信号が出るでしょう。もしも仕事などで夜の睡眠時間がしっかりとれないとしたら、夜しっかり寝ることが理想ですが、お昼寝で埋め合わせをしてください。

体の危険信号が出る前にしっかりと自分の睡眠の習慣を見直して、明るく楽しい人生を送れるように皆さんで心掛けていきましょう。