スベリヒユ:10の効能を持つ薬草

· 2月 10, 2019
たくさんの栄養素を含むことからスーパーフードとして知られるようになったスベリヒユ。その驚くべき効能をお伝えします!

スベリヒユを知っていますか?

古代ギリシャでは漢方として使用されていました。利尿作用、緩下作用、また体内をきれいにする作用があります。

 

スベリヒユは元々は雑草だった

数年前までは、スベリヒユはどこにでも生える雑草として扱われていました。道路のアスファルトの割れ目にでさえ生えているからです。農家も作物の隙間に生えるので嫌っていました。

ですがこのピンク、もしくは黄色い花を咲かせる植物には、たくさんの栄養分と効能が含まれているのです。最近ではその情報が広まり、スーパーフードとして知られるようになりました。ほかの野菜と一緒に食べることで、多くのメリットを得ることができます。

雑草と野菜 スベリヒユ

スベリヒユに含まれる成分

スベリヒユにはビタミンA、B、C、その他カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄分、亜鉛、セレニウム、その他多くのミネラルが、またその種には植物の中でも最も多い量の必須オメガ脂肪酸が含まれています。

粘液(繊維)、フラボノイド抗酸化成分、フィトエストロゲン、シトラスやリンゴ酸などの有機酸、睡眠バランスをとるホルモンであるメラトニンも含んでいます。

こちらもお読みください:クロロフィル 驚くべき自然のめぐみ

健康へのメリット

健康へのメリット スベリヒユ

以下が体にとって良いメリットです:

1.抗炎症作用。粘液、オメガ3脂肪酸、ミネラルの力で炎症を抑えます。様々な痛みや不調、特に泌尿器系や消化器系に関係する不調に効果があります。

2.抗酸化成分。数々の植物の中でも飛びぬけて多くの抗酸化成分を含んでいます。ビタミンC、E、フラボノイド、アルカロイド、ベータカロチン、グルタチオン、これら全てがフリーラジカルと闘い、老化を予防します。

3.栄養満点。オメガ3脂肪酸をたっぷり含んでいるので、体の隅々にまで栄養素が届きます。そのため髪やお肌、、関節の健康にも役立ちます。

4.消毒剤。とても強い抗菌作用があります。

5.心臓血管の健康に役立つ。必須オメガ3脂肪酸はまた、心臓血管の健康にも役に立ちます。血流を改善し、血圧を整え、不整脈などを予防します。

6.消化を改善。粘液を含んでいるので、エモリエント効果があります。つまり消化器官や泌尿器間をリラックスさせ、柔らかくします。そのため便秘を含むあらゆる病気を予防します。

7.利尿作用。体内に過剰にたまった水分を排出します。そのため、むくみや肥満の改善に役立ちます。

8.抗潰瘍効果。スベリヒユに含まれる粘液は臓器の壁を守り、消化器官の胃炎や潰瘍を予防します。

9.熱を下げる。熱を自然に鎮める効果があります。

10.低血糖。血糖値を自然に下げる力があります。

こちらもお読みください:キヌアの減量効果

どうやって食べるの?

食べ方 スベリヒユ

スーパーフードとして知られるようになったと言っても、まだどこのお店でも置いているというほどではありません。つまり、研究は進んでいるものの、一般的にはまだなっていないのです。雑草としてなら、実は身近なところにあるかもしれません。

ですので、ほかの野菜のようにご自分の庭で育てて食べることをお勧めします。

ソテー、サラダ、スープ、シチューなど、クレソンやほうれん草を同じような使い方をすると良いでしょう。

粘液を多く含んでいるので、クリーミーな食感です。ですので、生クリームやチーズなどの量を減らすこと出来ます。

  • Uddin, M. K., Juraimi, A. S., Hossain, M. S., Nahar, M. A. U., Ali, M. E., & Rahman, M. M. (2014). Purslane weed (Portulaca oleracea): A prospective plant source of nutrition, omega-3 fatty acid, and antioxidant attributes. The Scientific World Journal. https://doi.org/10.1155/2014/951019
  • Amirul Alam, M., Juraimi, A. S., Rafii, M. Y., Hamid, A. A., Kamal Uddin, M., Alam, M. Z., & Latif, M. A. (2014). Genetic improvement of Purslane (Portulaca oleracea L.) and its future prospects. Molecular Biology Reports. https://doi.org/10.1007/s11033-014-3628-1
  • Jin, R., Wang, Y., Liu, R., Gou, J., & Chan, Z. (2016). Physiological and Metabolic Changes of Purslane (Portulaca oleracea L.) in Response to Drought, Heat, and Combined Stresses. Frontiers in Plant Science. https://doi.org/10.3389/fpls.2015.01123
  • Dkhil, M. A., Moniem, A. E. A., Al-quraishy, S., & Saleh, R. A. (2011). Antioxidant effect of purslane ( Portulaca oleracea ) and its mechanism of action. Journal of Medicinal Plants Research. https://doi.org/10.1108/01443580410569235