食事30分前に水を一杯飲むべき理由

6月 29, 2017
水を食前に飲むと脂質の消化を助け、便秘に効くことはご存知でしたか?

食事の30分前に水を一杯飲むことはとても健康に良い事だと言われています。

ところが、あまり飲み過ぎる事はよくありません。例えば食前に2杯または3杯の水を飲んだとしましょう。そうすると逆に食べ物の消化が難しくなってしまいます。ここで大事なのは食事の前に何口かの水を飲むことで正しい消化を促すことです。

もう一つ大事な点は、食事中に水を飲むことは良いのかどうかなのですが、これは実は良い悪いの話ではなく何が推薦されているのかという事です。

食事中に水分を摂りすぎると胃酸に影響を与えてしまう可能性があります。食べ物の分解時に胃酸がうまく働かず、食べ物と一緒に摂り入れてしまったバクテリアの排除もうまくいかない事もあります。

ワインを食事時に一杯を飲む事も良い事とされています。

ですが、消化能力を最大限に発揮して日々の暮らしにおいて毎日健康でいるためには食事の30分前に水を飲むことが”推奨”されています。

それでは、食前に水を飲むことで健康にどんな影響があるのかご紹介しましょう。

食事30分前に水を一杯飲むことが推奨されている理由

食前に水を飲むことは推奨されていますが、実際に何が自分の体に合っているのか、何を体が心地よいと感じるかはご自分で判断してください。

自分の体にきちんと耳を傾け、体にどんな変化が合っているのか、そして普段の習慣の中で何をやめるべきなのかをちゃんと判断してください。

食事30分前に1杯の水を飲むと自分の体がどう反応するのか、ぜひ体験してみてください。

まずは15日間試してみてください!

 

体力増加

食前に水を飲むことで、体に必要な水分を補給する事ができます。

  • このシンプルな習慣が細胞機能が正しく働くように促し、体にとって体にもっとも大事な正しい消化と栄養価の吸収に必要なエネルギーを体に与えてくれます。
  • そして忘れてはならないのが人間の脳と筋肉のおよそ75%、そして腎臓と肝臓はおよそ70%が水でできていることです。
  • この恒常性バランスをキープするために、排出するものと取り入れるものを調節する必要があります。これは上記にもある様に大量の水を連続して飲まなければいけないという意味ではありません。

のどの渇きを感じる前に少しずつ飲むことが理想的です。食事30分前に飲むのが一番大切です。

体重の減少

食事前にコップ1杯の水を飲むとダイエットに良いという話は一度は聞いたことがあるかと思います。水でお腹が膨れるために、空腹感が紛れる事により体重が減るといわれています。

この話を完全に鵜呑みにしてはいけません。空腹をごまかすために水でお腹を一杯にすることは危険な場合もあります。

コップ半分、または多くても1杯の水でとどめておくことをお勧めします。

そうする事で以下の事が起き、体重の減量を”促す”ことができます。

  • 消化が良くなる
  • 脂質の消化そして排除がうまくできるようになる
  • 便秘と戦うことができる
  • 体が中から美しくなる

水にレモンを入れるとさらに良いでしょう!

 

肌の状態の改善

水を飲むことは内側の健康のみならず、外側の健康―肌にも効果があります。

  • 石灰が入っていない、純水を飲むことを習慣づけると体がデトックスされていくのを感じるでしょう。水は、一番効果的なデトックス作用のあるものです。
  • 水から得ることのできる酸素のおかげで、肌に弾力が出て引き締まってきます。

食前に水を飲むと、食べ物がより良く消化され、そのことで更に多くのビタミン、ミネラルそして酸素が体に吸収されます。

これらすべてのことが肌の再生を助長するのです。

 

食前以外に水を飲むべきタイミング

食事30分前と共にコップ1杯の水を飲むと体に良いタイミングがいくつかあるのでご紹介しましょう:

  • 朝起きてすぐ。これはぬるい水をお勧めします。
  • お風呂に入る前に水を飲むと血圧を下げてくれます。
  • 寝る前。人は寝ている間に体の水分を失うのでそれを先に補っておくと良いでしょう。

ぜひ、水を飲むことを習慣づけて体に優しくしてあげてください。

あなたへおすすめ