植物性ミルクの成分と効能について

21 11月, 2020
乳糖不耐症の人が、牛乳の代わりに使用できるさまざま植物性ミルクがあります。なぜ専門家は植物性ミルクの使用を推奨するのでしょうか? 植物性ミルクの利点は? 今回は、植物性ミルクについて知っておくべきすべてについてご紹介します。

近年では、植物性ミルクの人気がますます高まり、主流とも言われる製品になってきました。乳糖不耐症の人にとっては優れた選択肢であるため、多くの人が牛乳の代わりに植物性ミルクを選ぶ傾向があります。ただし、確実に良好な栄養価を摂取するためには、製品のラベルを確認し、特定の注意点に留意することが大切です。

植物性ミルクの持つ利点は何でしょうか? いつ飲むのがお勧めでしょうか? これらは、植物性ミルクに関してよくある質問のほんの一部です。今回は、植物性ミルクについてより深く理解するために、成分と摂取法について説明します。

植物性ミルク:牛乳の代替品

牛乳は栄養価の高い食品ですが、乳糖不耐症を発症した人にとっては良い選択肢とは言えません。乳糖不耐性を発症する成分を取り除いた牛乳もありますが、味の違いにより不快感を感じる可能性があります。

様々な栄養素を含む植物性ミルクは、牛乳の優れた代替品になります。牛乳と比べるとタンパク質と脂肪の含有量は低下しますが、糖分が添加されていない植物性ミルクなら、低カロリーの食事に適しています。

植物性ミルクの中には、ビタミンB群のような必須栄養素が豊富に含まれているものがあります。Sub-celularBiochemistryに掲載された研究によると、これらのビタミンはエネルギーの代謝とって重要な栄養素であり、適量を食事に取り入れることで、細胞やDNAへの損傷のリスクを減らすことができます。

植物性ミルクの成分と効能について ライスミルク

植物性ミルクは、乳糖不耐症の人にとって牛乳の代わりとして使用するのに適しています。

こちらもご参考に:おやつにぴったり!植物性ミルクを使ったドリンクのレシピ

植物性ミルクは消化しやすい

植物性ミルクの持つ注目すべき特徴の1つは、消化しやすいことです。植物性ミルクは含まれている脂肪とタンパク質が少ないため、不快感を引き起こすことなく、より迅速に胃腸系を通過します。

したがって、胃腸の痛みに悩む人が、コーヒーやシェイクに加えるのに最適です。植物性ミルクは果物と完璧に調和するので、スムージーを作る際にも使用できます。

ただし、腸を通過する際や消化プロセスに関連する問題に悩まされることが多い場合は、必ず最初に専門医に相談する必要があります。このタイプの症状は、時折、腸内毒素症が原因である場合があります。 Journal of Biomedical Scienceに掲載された研究によると、プロバイオティクスを補給することで問題を解決することができます。

植物性ミルクにはタンパク質が含まれている

植物性ミルクに含まれるタンパク質は、生物学的価値があまり高くなく、その割合は牛乳よりも低くなります。

タンパク質が含まれている点を考慮に入れると、ビーガン食を実践する人には素晴らしい選択肢ですが、前述したように、植物性ミルクに含まれるタンパク質は生物学的価値が高くなく必須アミノ酸が不足していますが、消化率が向上するという点に注目することが重要です。

つまり、植物性ミルクを唯一のタンパク質源にしてはいけません。植物性ミルクは、この微量栄養素を含む他の野菜などと組み合わせる必要があります。最適な摂取量を確実に摂るためには栄養士の指示に従う必要があります。

お見逃しなく:緑の野菜とヘンプシードのシェイク

砂糖を含む植物性ミルクに要注意

植物性ミルクを購入する場合、製品の栄養表示に特に注意を払う必要があります。一部の製品には糖分が添加されています。糖分は植物性ミルクの風味を改善しますが、栄養価を大幅に低下させます。

Advances in Nutrition誌に掲載された研究によると、単糖を過剰に摂取すると、代謝性疾患を発症するリスクが高まります。したがって、植物性ミルクに糖分を加えると、健康に影響を及ぼし、糖尿病を発症するリスクを高める可能性があります。

植物性ミルクの栄養表示を注意深く読むことで、糖分を加えていない製品を選ぶことができるため、これはとても大切です。さらに、米やオーツ麦など、植物性成分の割合が高いものを摂取する必要があります。

植物性ミルクの成分と効能について 様々な種類のミルク

オートミルクやライスミルクは、心地よい風味が人気です。砂糖が添加されていないものを選べば、牛乳の代わりとして様々なレシピに使用できます。

植物性ミルクは、毎日の食生活に加えることができる

専門家は、乳糖不耐性や乳たんぱく質へのアレルギーなど、身体的な必要性がない場合には、牛乳を植物性ミルクに置き換えることを推奨していません。 ただし、植物性ミルクを毎日の食事に加えることはできます。

シェイクやスムージーに使う風味豊かな液体ベースとして、植物性ミルクは乳製品よりも消化しやすいという特徴があります。 いずれにせよ、砂糖が加えられていない植物性ミルクを選ぶことを忘れないでください。砂糖が加わってしまうと、栄養価のない製品を消費しているのと同じことになります。

最後に、植物性ミルクの中には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているミルクがあることに留意してください。このタイプの植物性ミルクは、栄養素の欠乏に特に有益です。

  • Mikkelsen K., Apostolopoulos V., B Vitaminas and ageing. Subcell Biochem, 2018. 90: 451-470.
  • Johnson RJ., Sánchez Lozada LG., Andrews P., Lanaspa MA., Perspective: a historical and scientific perspective of sugar and its relation with obesity and diabetes. Adv Nutr, 2017. 8 (3): 412-422.
  • Tsai YL., Lin TL., Chang CJ., Wu TR., Lai WF., et al., Probiotics, prebiotics and amelioration of diseases. J Biomed Sci, 2019.
  • Vanga SK, Raghavan V. How well do plant based alternatives fare nutritionally compared to cow’s milk?. J Food Sci Technol. 2018;55(1):10-20. doi:10.1007/s13197-017-2915-y
  • Rizzo G, Baroni L. Soy, Soy Foods and Their Role in Vegetarian Diets. Nutrients. 2018;10(1):43. Published 2018 Jan 5. doi:10.3390/nu10010043
  • Aboulfazli, F., Shori, A. B., & Baba, A. S. (2016). Effects of the replacement of cow milk with vegetable milk on probiotics and nutritional profile of fermented ice cream. LWT, 70, 261–270. https://doi.org/10.1016/j.lwt.2016.02.056