植物を植え替えるときに覚えておきたいこと

11月 27, 2019
植物を健康に保ちながら植え替えるためには、正しい手順に従う必要があります。今回は、植物を植え替える時に覚えておきたいヒントをいくつかご紹介します。

植物を植え替えるのは難しいことではありませんが、植物を健康に保つために留意すべきことがいくつかあります。

自生している植物は「植え替える」ことがないため、植物の植え替えは植物にとって自然なものではなく、その容器や場所を変えることは植物にとって有害で​​ある可能性があることに留意してください。

植え替えというのは植物にとって大きな変化であり、正しい手順に従って行わないと植物を弱らせる可能性があります。

場合によっては枯れてしまうこともあるため、今回ご紹介する推奨事項に従って、正しい方法で植え替えを行ってください。

植物を植え替えるためのヒント

季節

植物を植え替えるときに覚えておきたいこと 季節

植物の植え替えに適した季節と適さない季節があります。

植物がより新しい環境に適応しやすくなるように、植え替えに適した季節を選びましょう。

新しく購入した植物の植え替えの場合は、季節を問わず行うことができます。

ただし、地面の植物を鉢に移す場合は季節によって大きな違いが生じることがあります。

植え替えをする時には、植物がある程度損傷することを考慮に入れる必要があり、植物の栄養活性が最小になる季節、つまり冬に植え替えを行うと、ダメージを最小限に抑えることができます。

植物を鉢から地面に移す場合、植え替え時に植物が乾燥しやすくなるため、より多くの水を必要とします。

このため、鉢から地面への植え替えは夏に行うのが良いでしょう。

続きはこちらから:自宅に置いている植物から得られる健康的恩恵とは?

使用する植木鉢を選択する

植物を植え替える時に最も重要なのは、適切なサイズの植木鉢を選ぶことです。

小さすぎる鉢だけでなく、大きすぎる鉢も植物に害を及ぼします。

植木鉢が小さすぎると、根が成長するための十分な空間がありませんが、大きすぎると植物が十分な水を得られなくなります。

植物の成長を観察し、植物が健康に成長する鉢を選ぶ必要があります。

植物のサイズから数センチ以上の深さと幅がある植木鉢を選びますが、植物がまだ成長しさらに成長する必要がある場合は、再度植え替えをする必要があるかもしれないことに留意してください。

植木鉢の材質には、陶器製とプラスチック製があり、どちらにも長所と短所があります。

プラスチック製の鉢は安価で軽量なので、経済的で持ち運びが簡単です。

しかし、太陽の光でプラスチックが弱くなり、割れたり壊れたりするという欠点があります。

陶器の鉢、植物の根が正しく成長するのに役立つだけでなく、プラスチック製のものよりも見た目が美しいですが、高価で、万が一落としたり何かが当たるとすぐに壊れます。

ご存知ですか?:スライストマト4枚からトマトを栽培する方法

植物を取り出す

植物を植え替えるときに覚えておきたいこと 植物を取り出す

植物を取り出して植え替える瞬間が、最も注意を払うべき過程です。

植木鉢から別の植木鉢に移し替える場合は、植物の根元が崩れないように慎重に取り出す必要があります。

根がちぎれてしまうと、新しい環境に適応できない可能性があります。

水も植え替えに欠かせない大切な要素です。土を濡らしてから、慎重に移し変えてください。

植物を新しい環境である植え替え先に植える

新しい鉢に植物を植え替える時、植物を鉢の中心に植えるように確認してください。

高すぎる、低すぎる、または端から離れすぎていないことを確認しましょう。

最後に表土をかけたら、握りこぶしで土を押します。

植物のニーズに応じて、事前に表土を準備することが重要です。

表土は、植物が新しい環境に適応し、健康に生きるのに必要な栄養素を植物に提供するのに役立ちます。