自然な香りで家を包む方法4選

· 4月 1, 2019
手作りの芳香剤はお金もかからず、時間もそれほどかかりません。もし化学品を使うことを避けたいと思うのであれば、今回紹介するアロマの作り方を参考にしてみましょう。

部屋の不快な臭いを消すために、部屋の香りづけをする多くの製品があります。しかし店で売られているその多くは化学物質を大量に含み有害な恐れがあります。

多くの場合、すぐに体に影響がでることがないので、「無害である」と考える人も少なくありません。またそういった製品は安いという理由で簡単に手にされてしまいます。

しかしそうするのではなく、芳香剤を手作りすることを考えるべきです。以下で、家の臭いを改善する4つの自家製芳香剤を紹介します。

こちらもおすすめ:化学物質を使わないシェイビングクリームの作り方

自然な香りで家を包む方法

自然の材料を使い家を香りづけすることは健康リスクなしに悪臭を取り除くのに非常に有効な方法です。これらの強い香りにより食べ物やタバコ、カビなどといったものの悪臭を取り除くことができます。

またこれらには抗菌や殺菌作用も含まれ、表面的な汚れを落とすことにも使用することができます。ぜひお試しください。

ラベンダーと重曹とリンゴ酢

ラベンダーの香りのする芳香剤

ラベンダーのいい香りと殺菌作用のある重曹、そしてリンゴ酢が合わさると家の香りをよくするのにパーフェクトな組み合わせになります。これは掃除と消臭の両方に使うことができます。

材料:

  • ラベンダーエッセンシャルオイル大さじ1(15ml)
  • 重曹大さじ2(20g)
  • リンゴ酢1/4カップ(62ml)

作り方:

  • 全ての材料をボウルに注ぎしっかりと混ぜ合わせます。

使い方:

  • 混ぜたものをスプレーボトルに入れ、部屋の臭いをよくしたいところにスプレーしましょう。
  • これは汚れを落とすのにも、綺麗な表面を消毒するのにも使うことができます。

2.シナモンとオレンジの皮

オレンジの皮

簡単で安い芳香剤が欲しいのであれば、このシナモンとオレンジの組み合わせを試してみましょう。両方が強い香りを持っているため、魚やゴミ、タバコの臭いといったものに使うのがいいでしょう。

材料:

  • シナモンパウダー大さじ1(15g)
  • オレンジの皮
  • 水1カップ(250ml)

作り方:

  • 全ての材料を鍋に入れ沸騰させます。
  • 沸騰したら火を弱め、さらに3分から5分火にかけます。
  • その後、冷やしたら漉してスプレーボトルに移しましょう。

使い方:

  • キッチン、ゴミ箱周り、トイレなどでスプレーしましょう。
  • 必要であれば1日に2回行いましょう。

こちらも参考に:自宅を良い香りで満たす方法

3.ローズマリーとレモン

ローズマリーとレモンの芳香剤

この芳香剤はローズマリーとレモンを組み合わせたもので、爽やかで心地の良い感じを家に漂わせることができます。そのため、寝室やトイレ、リビングルームの臭いをよくするのに最適です。

材料:

  • 乾燥ローズマリー大さじ3(45g)
  • 皮つきレモン1個
  • 水1カップ(250ml)

作り方:

  • ローズマリーと水を鍋に入れ沸騰させます。
  • 皮をむかないままレモンをスライスし、鍋に加えます。
  • 10分間弱火でボイルします。
  • 冷まして漉したらスプレーボトルに移しましょう。

使い方:

  • 臭いをよくしたい場所にスプレーします。
  • 1日のに何度か繰り返すことでいい香りを維持できます。

4.マツとナツメグとゲッケイジュ

ローリエ

このスパイスとシンプルなマツの香りが家に漂うカビの臭いを覆い隠してくれます。心地の良い香りが爽快な空気を部屋に与えてくれるのです。さらには細菌の除去やアレルギーを防ぐといったことも期待できます。

材料:

  • マツの枝3本
  • ナツメグ
  • ローリエ2枚
  • 水1カップ(250ml)

作り方:

  • 全ての材料を鍋に入れ沸騰させます。
  • 沸騰したら弱火にし、さらに10分火にかけます。
  • 火を止め香りで包みたい場所で冷ましましょう。

使い方:

  • 液体を臭いをよくしたい場所に運び、湯気を使って香りを広げます。
  • 冷えたら冷蔵庫で保存するようにします。
  • 翌日、再び温め直し、同様に気化させます。
  • 香りがなくなるまで繰り返し使えます。

ご紹介したように、自家製の芳香剤はお金をかけずに、時間もそれほど必要とせずに作ることができます。化学品を使うのを避けたい場合は、ぜひ参考にしてみてください。