思春期における5つの子育てアドバイス

6月 4, 2019
思春期にある子供たちは様々な悩みを持つのが一般的です。健康的で快適な思春期を送らせてあげるための子育てのアドバイスを今回はご紹介します。

思春期は子供から大人になる上で大切なステージです。思春期を迎えた子供たちはいろいろなことに悩み簡単にはいかないこともあります。あなたの子供も思春期を迎え問題を抱えていたとしても、心配しないでください。この時期に悩みを持つことは特別なことではありません。子供たちの身体及び心理的変化を察知、サポートし、トラブルから守りながら健全な子育てを行うことが大切です。

思春期は、子供が自分の気持ち、好み、意見の変化を経験し始める人生の段階です。この時期に心理的にも身体的にも大きく変化し、想像力もずっと豊かになります。子供が思春期を迎えた場合、親に反抗した態度を見せることは非常に一般的です。

攻撃的な反応、両親を無視する、ドアを叩く、叫ぶなどはすべて思春期の子供たちが親によく見せる行動です。

この記事では、それらの行為が過度にならず健全な思春期を送れるようにいくつかのアドバイスをご紹介します。

思春期における5つの子育てアドバイス

子供が好きなもの、子供を幸せにできるものを探す

子供が好きな物を見つけるには、思春期の子供とオープンで効果的なコミニケーションを取る必要があります。

子供と話し合うときは、安心感を与えることが重要です。両親は、親友として必要な時はいつでも側で手を差し伸べることができると伝えましょう。そうすることで、子供はより守られている存在だと安心感が増し、心も安定します。

常日頃からコミニケーションをとることで、助けが必要な時や、複雑な状況の時、子供たちはより抵抗を感じず親に頼ることができます。

ご存知でしたか?:
子育ての赤信号:子供にとって有害な親のふるまいとは?

目標達成できるよう励ます

目標は人生において必要不可欠であり、子供が人として成長するのを助けます。目標を持つ事は、成長、進歩するのに必要であり、感情的、社会的、そして個人的な人生のあらゆる面において大きな影響を与えます。

子供が目標を持ち、それを達成するために努力する行為は、望むものを手に入れ成功した大人になるために非常に重要です。目標に向かって途中であきらめず、一生懸命に目的を果たすことの必要性を子供たちに教えなくてはなりません。

ただし、あくまでも子供自身の目標であり、あなたの目標ではないことを忘れないでください。

友達と良い関係を築くのをサポートする

友人

友人は思春期の子供たちにとって、非常に大きな影響を及ぼします。この時期の子供たちは多くの時間を友達と過ごすため、子供たちの交友関係に注意をしてください。

最も重要なのは、自分の子供がどのように友人と接しているかと言うことです。他人を尊重し、思いやりを持つように教えてください。また、友人たちが自分の子供とどのように付き合っているのかも理解しておくべきです。

取り残されていると感じていたり、自尊心が低い場合、思春期の子供が、家庭でその欲求不満を発散するのは非常に一般的です。あなたの子供に同じようなことが起こっている場合は、その原因を突き止め、問題の解決策を見つけるために子供たちと話をしてください。

こちらもご参考に:
子育てで気を付けるべき5つのこと

自尊心を高める手助けをする

10代の若者が自尊心の低さを感じるのは普通のことですが、その理由の1つとして身体的変化が挙げられます。感情のムラ、うつ、そして攻撃的な行動につながることがあります。

自尊心を養うのを手助けするために、子供が目標を達成したり良い行動を示すたびに褒めてあげると良いでしょう。

あなたが子供のことを誇りに思っていて、親であるあなたはいつ何時も子供を受け入れてくれる存在だということをわからせてあげてください。

健康的なアクティビティを奨励する

アクティビティ

課外活動は心と体に様々なメリットをもたらします。放課後の運動活動は体の発達と全体的なパフォーマンス向上させるでしょう。芸術的な才能を持っている子供であれば、知的能力や技能を向上させると良いでしょう。

これらの活動は、思春期の子供たちが欲求不満や怒りを発散するのを助けます。また、他人との交流や自分の才能の探求に没頭することができます。

ボランティア活動を勧める

思春期の10代の若者が、自分自身について心配するのは当たり前のことです。日常の様々なことに欲求不満を感じ、自分の人生がいかに素晴らしいか忘れてしまっている場合があります。

子供たちにボランティア活動をさせることで、周囲の人々に共感する感情を養うことができます。ボランティア活動は他人と子供たちを結びつけ、過度に自己中心になり自分の世界だけに引きこもることを防ぎます。

家庭を静かで健康的な場所にする

調和のとれた家庭環境を持つことで、子供はより快適に家で過ごすことができます。そして家で長い間過ごしたいと感じるでしょう。家族との良好なコミュニケーションにより、不快な状況についても話しやすくなります。

子供が抱えている問題の解決策を見つけるには、良いコミュニケーションが必要不可欠であることを忘れないでください。

子供たちが好きなことを一緒にする

思春期の子供と、あまりうまくいってないとしても、なるべく多くの時間を一緒に過ごしましょう。子供のことが心配で、一緒に充実した時間を過ごしたいと言う純粋な気持ちがあれば、親子関係を改善し子供の信頼を強化することが可能です。

結論

思春期はどの子供にとっても非常に複雑な段階です。しかし思春期においても健全な子育てを行うことは可能です。

親であるあなたは、思春期を境に子供たちは自分の元から離れ、より自立することを理解しなくてはなりません。あなたの理解が、将来子供自身が目的をしっかり持ち責任ある大人になるのを助けるでしょう。

健全に快適に過ごせるように、子供とのオープンで継続的なコミニケーションを維持する必要があります。このコミニケーションによって、子供たちは否定的な行動を通して自分の欲求不満を表現をする必要がなくなり、親であるあなたに自分の気持ちをストレートに伝えることができるようになるでしょう。