塩で偏頭痛を治す方法

1月 30, 2016

偏頭痛は、吐き気やおう吐、光に敏感になるなどの症状を伴う頭痛です。一般的に、偏頭痛の前兆として、光がちかちかして見えたり、物の見え方が変わったりした後、数時間から数日の間ひどい頭痛が続きます。今回はその原因と対処法について説明していきます。

偏頭痛の原因は?

偏頭痛の原因はまだはっきりとわかっていませんが、痛みは脳から始まり、神経経路や、化学物質が関係していると考えられています。またいろいろな要因によって、脳が異常な活動をすることでも引き起こされます。

偏頭痛になる人の年齢層は一般的には10歳から45歳に多いのですが、その年齢を過ぎてなるときもあります。また、遺伝的になる人もいますし、男性よりも女性のほうが多いです。

偏頭痛

偏頭痛を引き起きす原因

  • 月経周期によるホルモンの変化や、避妊用ピルの使用
  • 睡眠障害
  • アルコールの取りすぎ
  • 食事を抜く
  • ストレスや心配事
  • 大声や、まぶしい光
  • 運動や作業のし過ぎによる、肉体のストレス
  • 喫煙または、受動喫煙
  • 強いにおい

食事も偏頭痛と関係があります。ある食べ物によって、偏頭痛が引き起こされることもわかっています。いくつか見てみましょう。

  • 精製された小麦や砂糖
  • 加工食品
  • チョコレート
  • 乳製品
  • 硝酸塩を含んだ肉(ハムやウインナーなど)
  • グルタミン酸ナトリウム(うま味調味料)

 

偏頭痛の症状

頭痛

偏頭痛のつらい痛みが始まる前に、たいてい“前兆”と言われるものが起こります。これは偏頭痛の予告で、いくつかの次のような症状をもたらします。

  • 一時的にものが見えない
  • 視界がぼやける
  • 星のようなものや、線のようなものが見える
  • 目の痛み
  • 目の不快感。

この後起こる症状として、吐き気、正しい言葉が出てこない、集中できない、頻繁にあくびが出るなどがあります。すべての人が偏頭痛の初めに前兆があるわけではありませんが、ひどい頭痛の15分から20分前に前兆が現れるようです。

偏頭痛になると、脈を打つような、ズキズキとした強い痛みを感じます。ほとんどの人が、頭の片側か後頭部に起こります。痛みは6時間から48時間の間続き、光にとても敏感になります。

それ以外に、震え、頻尿、疲労、体がチクチクする、気力の低下、光や声に敏感になる、食欲が失せる、汗をかくなどの症状もあります。

塩で偏頭痛をすぐに治すには?

塩2

店には偏頭痛の症状をすばやく止めるための鎮痛剤が、いろいろならんでいます。しかし、痛みは数時間のうちに再び現れることもあり、毎回薬が効くとも限りません。いい解決法はないのでしょうか。それは、塩です。

ただし、この偏頭痛を和らげるための塩の使い方ですが、効果があると証明されているわけでなく、科学的にも認められていません。ですからこれが偏頭痛の治療法だと考えることはできません。一番いいのは当然、病院に行くことです。ただ言えるのは、この方法を試した人がすぐに効いて痛みが和らいだと明言しているということです。

方法は?

偏頭痛を和らげるために塩を試してみるなら、ヒマラヤのクリスタル岩塩のような、高品質の塩を使ってみてください。岩塩には84種類のミネラル、電解質、さまざまな成分が含まれています。精製された塩より、このような塩を適量摂取するほうが、体にいいのは明らかです。ヒマラヤ岩塩は、偏頭痛の激しい痛みをすぐに減らしてくれ、免疫力を高め、血液中のセロトニンの量を整え、電解質を補って体をアルカリ性に戻してくれます。

方法は、適量のヒマラヤ岩塩を入れた、コップ一杯のレモンジュースを飲むだけです。試してみる価値はあります。

あなたへおすすめ