片頭痛の症状を緩和する昔ながらの自家製ドリンク

4月 28, 2017
今回ご紹介するのは、片頭痛の予防や症状の緩和に効果的な自家製ドリンクです。このドリンクには、私たちの健康維持に効果的なヒマラヤ岩塩が含まれています。

片頭痛とは動脈の血管が拡張し、脈拍に合わせて周囲の神経にその刺激が伝わることで起こる一般的な神経障害で、脈拍のように脈打つ頭痛が、頭のの片側や両側、後頭部など部分的に激しく発作的に生じるます。

痛みのほかにも、光への過剰反応や吐き気、そして視界の片側がキラキラ、チカチカする症状があり、世界の人口の20%が片頭痛に悩まされているといわれています。またその半数は女性です。

頭に感じる痛みという点から、片頭痛を一般的な頭痛と混同する人がいますが、通常の頭痛よりも痛みが強く、前述したように脈を打つような痛みが続くのが片頭痛です。

片頭痛のはっきりとした原因は特定されていませんが、片頭痛を引き起こしやすい要因はいくつか明らかになっています。

本記事では、片頭痛の症状や可能性のある原因と、その症状を緩和する昔ながらの自家製ドリンクをご紹介します。

片頭痛の原因

多くの専門家が、片頭痛と家族の病歴の関係性について言及しています。

片頭痛は、前述したように、患者によってその原因は異なるため、原因を特定することは非常に難しいとされていますが、家族の病歴やライフスタイルに深く関わりがある可能性が指摘されています。

それでは片頭痛の原因となる可能性のある要因をご紹介します。

家族の病歴

家族の病歴や遺伝子が片頭痛の原因と特定されているわけではありませんが、染色体9番との関係が指摘されています。

ストレスと不安

ストレスや不安を常に感じている状況では片頭痛になるリスクが高まります。特にすでに片頭痛を発症している場合は、その症状が悪化します。

ホルモンの変動

排卵や月経によって起こるホルモンの変動が、片頭痛の発作を悪化させる可能性があります。また、経口避妊薬やホルモンをコントロールする薬を飲んでいる女性にも片頭痛の発作が起こります。

片頭痛は、4時間から最長72時間続く鋭い痛み、吐き気、イライラ、めまい、神経過敏などの症状を伴うこともあります。

食生活やアルコールの摂取

特定の食品や飲み物には片頭痛と深い関係があるといわれています。

アルコールやエナジードリンクなどの刺激物質が含まれる飲み物や、加工品に含まれるグルタミン酸ナトリウム(MSG)は、片頭痛の発作が起こるリスクを高めます。

睡眠障害

睡眠障害を発症している人や、就寝するべき時間に寝られないとお悩みの方は、片頭痛の発作を起こす可能性が高まります。

環境要因

ある特定の環境要因が片頭痛の原因になる可能性があります。主な環境要因をご紹介します。

  • 天候の変化
  • 突然の気温の変化
  • 蛍光発光または目もくらむような光
  • 騒音
  • 強烈な悪臭
  • 高度(高地など)
  • 大気汚染

片頭痛を緩和する自家製ドリンクの作り方

この自家製ドリンクは、片頭痛を瞬時に緩和する昔ながらの自然療法で、健康維持に必要なミネラルやその他の有効成分を体内に供給するヒマラヤ岩塩をベースにした飲み物です。

塩分の取り過ぎは健康維持に推奨されませんが、少量ならば体内の様々な機能を正常化する効果があります。

ヒマラヤ岩塩に含まれる、84のミネラル、電解質、そして体内を再製靴する物質などの栄養素が私たちの健康に有効に働き、発汗などで失われた塩分を補給する効果もあります。

材料

  • 水 グラス1杯(200ml)
  • レモン果汁 1/2個分
  • ピンクヒマラヤ岩塩 小さじ(5g)

摂取方法

  • ヒマラヤ岩塩、レモン果汁、そして水を混ぜ合わせます。
  • 空腹時、できれば朝食の前にお飲みください。
  • 子供に使用する場合は、そのまま飲むのではなく、数滴を食事に加えてください。
  • 片頭痛の発作または兆候を感じた瞬間に飲むこともできます、
  • ヒマラヤ岩塩は一日に小さじ1杯以上は摂取しないでください。これ以上摂取すると健康に悪影響を及ぼします。

片頭痛に効果があるだけではなく、体内の健康維持にも効果的なこの自家製ドリンクを早速お試しください。

あなたへおすすめ