新型コロナウイルスとの戦いにおけるビタミンとメラトニン

5月 23, 2020
ここ数週間、新型コロナウイルスへの感染に対する、いくつかの微量栄養素の影響の研究が行われています。今回の記事では、現段階で明らかになっている研究結果について説明します。

科学者たちは現在、新型コロナウイルスのさまざまな治療法を模索していますが、そのほとんどは薬理学的な治療法です。主な焦点は、多くの死亡の原因である両側性肺炎の改善です。

その一方で専門家たちは、新型コロナウイルスに対処する他の方法を研究し始めています。その多くは、高用量の微量栄養素の投与に基づいた治療法で、これには、ビタミンとメラトニン、特にビタミンCとビタミンDが含まれます。

新型コロナウイルスの治療におけるビタミンとメラトニン

中国では、専門家がこの疾患の治療プロトコールを開始しました。これは、他の抗ウイルス薬と一緒にビタミンCを静脈内投与するもので、この治療の効果を評価するために、140人の参加者による臨床試験を行いました。

専門家たちは、Journal of Medical Virologyに発表されたシステマティック・レビューに基づいてこの研究を開始しました。この研究は、いくつかのタイプのコロナウイルスを治療するための特定のビタミンが持つ可能性を示しています。このような理由から、科学者たちはビタミンCと亜鉛の投与が、この種のウイルスと戦うのに有益であると仮定しました。

一方、ビタミンC欠乏症と免疫系の機能不全を関連付ける科学記事があります。ビタミンCの通常の用量は、私たちの体の防御力を刺激する可能性があります。また、ビタミンCの高用量はウイルス性疾患の発生率と期間を減らすことができると考えられています。

さらに、現在入手可能な科学文献には、ビタミンCの摂取がリンパ球の活性化を引き起こし、高用量の摂取において安全であると記載されています。他のシステマティック・レビューは、ヒドロコルチゾン、チアミン、アスコルビン酸(ビタミンC)の使用が敗血症の治療に有効であることを示しています。

研究により、敗血症と多臓器不全は、新型コロナウイルスの感染による主な死因の2つであることが示されています。Chest誌に掲載された研究によると、この薬剤の組み合わせのもう1つの機能は、肺の内皮バリア機能障害の修復です。

新型コロナウイルスとの戦いにおけるビタミンとメラトニン 科学者たちの研究
科学者たちは、新型コロナウイルスに対処する有力な補助剤としてビタミンCの可能性を研究しています。

詳細はこちらから:新型コロナウイルスとガン:知っておくべきこと

ビタミンDと免疫システム

Medicine&Pharmacology誌に掲載された最近の記事は、血中ビタミンD濃度を50 ng / ml以上に維持すると、インフルエンザ様ウイルスに感染する可能性が27%減少することを示唆しています。

さらに、ビタミンDの摂取は、アンギオテンシンIIの産生に必要な酵素であるレニンの産生を不活化させます。後者には、炎症を引き起こし、血圧を上昇させる血管収縮作用があります。新型コロナウイルスへの感染は、この酵素の産生増加と深く関わっています。

また、いくつかの科学記事では、関連する薬理学的ガイドラインとともに、肺炎の治療のために高用量のビタミンDの使用を推奨しています。BMC Infectious Diseases誌には、この微量栄養素の値が高いと、呼吸器感染症の可能性が低くなることにも関連していると示されています。

専門家によれば、最終的に高用量のビタミンDの摂取は安全であると考えられていますが、ビタミンDをカルシウムのサプリメントと一緒に投与した場合の腎臓結石のリスクを評価するには、さらに多くのトライアルと呼ばれる試験が必要です。

メラトニンと新型コロナウイルス

予防に関しては、メラトニンというホルモンの持つ、睡眠と覚醒のサイクルを調節する役割が持つ可能性に焦点を当てる必要があります。専門家は、インフルエンザの予防におけるメラトニンの役割を研究しており、これまでに肯定的な結果が得られています。

科学的研究によると、メラトニンは、人体で炎症プロセスを引き起こす可能性のあるタンパク質であるサイトカインの産生を減少させます。

ただし、この問題に関して実施された試験はマウスを使って行われたため、専門家はこの研究の結果から、人間への効果を完全に推定することはできません。

ただし、ウイルス性肺炎を治療または予防する際に、メラトニンの使用を擁護する文献の著者もいます。メラトニンの抗酸化作用と抗炎症作用に関しては、科学の分野で広く文書化されています。

 

新型コロナウイルスとの戦いにおけるビタミンとメラトニン 肺への影響
新型コロナウイルスは、人体の様々な場所に部分に影響を与えますが、主に肺に影響を与えます。

発見:新型コロナウイルスは肺の細胞にどう感染するのか?

栄養素と新型コロナウイルス:研究は続く

科学界ではまだ新型コロナウイルスに関する十分な知識が得られていないため、死亡率を減らすための試みとして、多くの新治療法が試験されています。現在利用可能な薬理学的治療とは別に、科学者たちは肺炎や敗血症の影響を緩和するために、微量栄養素を高用量で使用する治療について研究を続けています。

ここ数ヶ月で多くの臨床試験が開始されましたが、これらの結果では、収集した科学的根拠に基づいて専門家が確固たる結論を出すことはできませんでした。

それにもかかわらず、多くの研究は、特定のビタミンとメラトニンの使用が他の抗ウイルス化合物と結びつく場合、疾患の予防と治療の両方に役立つ可能性があることを示唆しています。

  • ZhiYong P., Vitamin C infusion for the treatment of severe 2019 nCoV infected pneumonia. 2020.
  • Lei Z., Yunhui L., Potential interventions for novel coronavirus in China: a systematic review. Journal of Medical Virology, 2020.
  • Anitra C., Silvia M., Vitamin C and immune function. Nutrients, 2017. 9 (11): 1211.
  • Bos MJ., Influence of vitamin C on lymphocytes: an overview. Antioxidants, 2018. 7 (3): 41.
  • Christopher MS., Rober DL., Christopher GL., Phase I clinical trial to evaluate the safety, tolerability and pharmacokinectics of high-dose intravenous ascorbic acid in patients with advancer cancer. Cancer Chemotherapy and Pharmacology, 2013. 72 (1): 139-146.
  • Paul EM., Hydrocortisone, ascorbic acid and thiamine (HAT Therapy) for the treatment of sepsis. Focus on ascorbic acid. Nutrients, 2018.
  • Nektarios B., Vikramjit K., John D., Hydrocortisone and ascorbic acid synergistically prevent and repair lipopolysaccharide-induced pulmonary endothelial barrier dysfunction. Chest, 2017. 152 (5): 954-962.
  • William BG., Henry L., Sharon L., Carole A., et al., Vitamin D supplementation could prevent and treat influenza, coronavirus and pneumonia infections. Medicine & Pharmacology, 2020.
  • Das RR., Singh M., Naik SS., Vitamin D as an adjunct to antibiotics for the treatment of acute childhood pneumonia. Cochrane Database Syst Rev, 2018.
  • Esposito S., Lelii M., Vitamin D and respiratory tract infections in childhood. BMC Infect Dis, 2015.
  • Aloia JF., Katumuluwa S., Stolberg A., Usera G., et al., Safety of calcium and vitamin D supplements, a randomized controlled trial. Clin Endocrinol (Oxf), 2018. 89 (6): 742-749.
  • Shing Hwa H., Ching Len L., Shyi Jou C., Li Ge S., et al., Melatonin possesses an anti influenza potential through its immune modulatory effect. Journal of Functional Foods, 2019. 58: 189-198.
  • Reiter RJ., Tan DX., Terron MP., Flores LJ., Czarnocki Z., Melatonin and its metabolites: new findings regarding their production and their radical scavenging actions. Acta Biochimica Polonica, 2007. 54 (1): 1-9.