子宮筋腫の警告サイン7つ

子宮筋腫には必ずしも危険性があるわけではありませんが、症状がみられる場合は婦人科で検査してもらうようにしましょう。

子宮筋腫とは子宮の内側、または外側に発達する腫瘍です。ほとんどの場合は良性で、一般的にはガンの発達とは関係ないものとされています。

しかし、子宮筋腫には危険を知らせる警告サインがみられることがあります。筋腫の成長が速すぎる場合は、婦人科で検査する必要があるでしょう。

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は、子宮内の細胞が異常に発達しコブのような塊になる病気です。中には肉眼では見えないほど小さく、何の症状ももたらさないものもあります。

問題が起こるのは、そのコブが子宮や胸郭をも圧迫するほど大きくなってしまったとき。不快な症状につながり、どんどんひどくなっていくこともあります。

子宮筋腫が危険を知らせるのは以下のような場合です。

  • いくつもの子宮筋腫がすでにできているとき。
  • とても敏感なエリアにできているとき。

したがって、筋腫が大きければ大きいほど症状も強まるでしょう。

ここでご紹介する警告サインがあるならば、注意が必要となります。

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ