子宮腺筋症:症状と治療法について

3月 21, 2020
けいれんや痛みを制御するための抗炎症薬の投与は、子宮腺筋症の症状を緩和するのに役立ちます。このまま続きを読んで、詳細をご覧ください!

子宮腺筋症は、子宮の内腔に本来位置するべき子宮内膜に類似した組織が、子宮筋の中にできて子宮の壁が厚くなる病気です。

子宮腺筋症を発症すると様々な症状が現れますが、中でも、痛み、出血、激しいけいれんなどがあります。

子宮腺筋症は、子宮内膜に似た組織が子宮の筋肉壁に発達するときに発生します。

変位した組織は正常に動作し続け、肥厚し、劣化し、月経周期中に重度の出血を引き起こします。

子宮腺筋症は、35歳から50歳の間に出産経験のある女性が発症する良性で一般的な病気です。

子宮腺筋症は、関与する組織の量によって2つの異なる方法で現れる場合があります。

  • びまん型:子宮腺筋症が子宮筋層全体に広がる
  • 限局型:子宮腺筋症が一部に限局し、子宮筋層内にある塊または成長から成る

子宮腺筋症の原因

子宮腺筋症:症状と治療法について 痙攣が起こっている女性

子宮腺筋症を引き起こす正確な原因は不明ですが、科学的な説明は次のとおりです。

  • 子宮の手術または婦人科手術の既往
  • 複数回の妊娠または帝王切開による子宮の外傷
  • 浸潤組織の成長:専門医は、子宮壁を形成する筋肉に向かって子宮内膜の子宮内膜細胞が直接侵入した結果であると考えています。
  • 成長段階に由来:子宮が最初に胎児に形成されたとき、そこに堆積した子宮内膜組織が子宮筋内で発生する可能性があると考えられています。
  • 幹細胞に由来:最新の理論では、骨髄からの幹細胞が子宮筋に侵入して子宮腺筋症を引き起こす可能性があることを示唆しています。

原因が何であれ、症状の成長は女性のエストロゲン値に完全に依存することに留意してください。

症状

子宮腺筋症にかかっている女性の約3分の1には症状がありません。

3分の2には症状があり、主な症状は月経痛や激しい痛みを伴う痙攣です。

子宮腺筋症を発症した女性は、セックスをした後に出血する場合があります。

こちらからさらに詳しく:月経過多症の原因と治療法

子宮腺筋症の他の一般的な症状は次のとおりです。

  • 骨盤の痛み
  • 激しいけいれん
  • 重い出血(この病気の合併症)による貧血:これは、出血が長引くと現れます。その結果、女性は疲れを感じ、他の健康問題に苦しむでしょう。
  • 不妊の問題

有害な病気ではありませんが、痛みや過度の出血は患者のライフスタイルを変える可能性があります。

例えば、子宮腺筋症を発症した女性は、激しい痛みや出血への恐怖から、これまで楽しんでいたスポーツをはじめとする様々な活動を避けることもあります。

診断

子宮腺筋症:症状と治療法について 超音波検査

子宮は、超音波検査または核磁気共鳴画像法(MRI)を使用して視覚化することができます。

超音波検査は、最も効果的で手軽に行うことができる検査方法です。

超音波を使うと、専門医は筋腫などの病気を特徴付ける明確な病巣の塊がなくても、子宮を様々な角度からに見ることができます。

MRIは解像度が高く、特に子宮腺筋症と子宮筋腫の区別を行うもに役立つ高いコントラストの画像を示す、診断能力があります。

しかし、子宮体積の増加を示さない無症候性の女性は、子宮摘出後の子宮を通してのみ、絶対的で確実な診断することができます。

子宮腺筋症の治療

子宮腺筋症の唯一の有効な治療法は、子宮の外科的切除または子宮の摘出です。

症状は40〜45歳以降に悪化し、閉経後に消失する傾向があるため、ほとんどの女性は根本的な治療に頼る必要はありません。

けいれんを制御するための抗炎症薬と月経周期中のホルモン放出を制御するための避妊薬の投与は、症状を和らげるのに役立ちます。

続きを読む:ツライ生理痛の緩和に役立つ自然療法

子宮腺筋症を発症した女性が、更​​年期に近づいた年齢ではなく、すでに出産をしていてこれ以上子供が欲しくない場合で、症状の軽減やコントロールができない場合、外科手術を検討することがあります。