歯科医療における歯内療法について

03 6月, 2020
歯科医療の分野における歯内療法についてご存知ですか? これは、進行した虫歯を治療する決定的な治療方法です。
 

歯科医療の分野における歯内療法について聞いたことがありますか? 根管治療はどうですか?

歯内療法、または根管治療は、虫歯によるダメージが進行し、歯科医が虫歯の部分を取り除いて詰め物をする、通常の虫歯治療ができない場合に行われる歯科治療です。

これは主に、歯髄と呼ばれる歯の神経に近すぎるためです。虫歯が非常に深くまで進行するとすぐに、壊死と神経の炎症につながります。これは歯髄炎として知られています

歯髄は歯の神経です。歯髄は、歯髄腔と呼ばれる歯の内側に存在し、血管新生と神経支配を提供します。何らかの理由で歯髄が影響を受けると、時々、または継続的に痛みが生じます。

通常、噛むときなどに不快感を覚え、寒さや熱に敏感になります。これは「可逆性歯髄炎」と呼ばれます。ただし、痛みが継続的、長期的、または夜間に増加する場合、それは「不可逆的な歯髄炎」です。

この治療を実施する他の理由には、歯の外傷、骨折、摩耗または歯の侵食、または歯ぎしりなどが含まれます。

歯内療法で使用される治療方法

歯内療法または根管治療と呼ばれる治療を行う前に、歯科医は常に次のような攻撃性の低い治療法で、歯の保存を試みる必要があります。

  • 歯髄保護:虫歯の除去を行うときに、露出する歯髄を詰め物に似た材料で保護をして、可逆的である歯髄の損傷を治療しながらできる限り保護する治療法です。
  • 歯髄のコーティング:フィリングと呼ばれる詰め物の下の空洞を洗浄するときに、露出する歯髄を分離保護する方法です。歯科医は、薬用の歯髄保護材を使用します。
 
  • 断髄:この治療は、歯髄の表層部分を部分的に除去したあと、露出部分を医薬品で覆います。

こちらもご参照を:無意識の歯ぎしりを抑える3つの自然療法

根管治療

歯科医療における歯内療法のすべてについて 診察中の歯科医

歯内療法は、歯科医が患部から歯の神経全体を取り除く治療法です。治療を行うときには局所麻酔を行います。

根管治療とは、患部から完全に歯の神経を取り除きます。歯科医は局所麻酔を行ってから治療を開始し、ニッケルチタンファイルを使って、根管から神経を取り除きます。ニッケルチタンファイルには、手で回転させる手動式と、低い回転をする電動式があります。

根管治療の手順は次の通りです。

  • 治療する場所への局所麻酔
  • 歯髄に達するまで開く
  • 神経の除去と消毒
  • 根管に樹脂状の防腐剤またはプラスチックを詰める
  • 治療の成功を確認するためのレントゲン
  • 歯の再建

子供の歯内療法と歯科治療

歯科医は常に、根管治療を行う前に「断髄」を試みます。これが不可能な場合は「抜髄 」と呼ばれる治療を試みます。歯内療法に相当しますが、治療を行う歯は、いずれ抜けて生え変わる乳歯です。

抜髄は、歯髄を完全に除去した後、消毒をし、根菅内に数日貼薬剤を置いたあと詰め物をします。

 

永久歯との違いは、乳歯の根管の歯髄をすべて除去することは不可能であり、根管の端の約4 mmを残す必要があるという点です。これにより、歯科医は乳歯の下に形成されている永久歯に起こる可能性のある損傷を防ぎます。

こちらもご参考に:虫歯:要因と自然療法

歯内療法:副作用

すべてのタイプの医療措置と同様に、歯内療法にには副作用または後遺症があります。

  • 壊れやすく、折れるリスクが高くなる
  • 歯の色相と半透明性の具体的な変化
  • 根の先端で起こる永久的な炎症に似た、小さなレントゲン上に現れる放射線透過性の傷跡

歯内療法後

歯科医療における歯内療法のすべてについて 歯の痛みがある女性

歯内療法を受けた後、痛みがなくなるのは正常なことですが、不快感が数日間続くこともあります。

根管治療後は、歯の神経がないため痛みは消えるはずです。しかし、治療の経過や影響が落ち着くまで、術後約2〜3日は不快感が続くことがあります。

また、根管治療が根本的な治療とならない場合があります。これは、治療手順での失敗、ミス、それぞれの歯の解剖学面からの問題、そして感染症などが原因である可能性があります。

そのような場合の最善策は再治療を行うことです。2度目の治療では、歯科医は根管の詰め物を取り除き、再度洗浄して消毒し、その後で再び閉じます。こうすることで、抜歯の必要性を回避することができます。

 

結論として、根管治療により歯がひどく損傷している場合でも歯を維持することができるため、とても効果的です。

 
  • Abbott PV. Endodontics – Current and future. J Conserv Dent. 2012;15(3):202–205. doi:10.4103/0972-0707.97935
  • Tabassum S, Khan FR. Failure of endodontic treatment: The usual suspects. Eur J Dent. 2016;10(1):144–147. doi:10.4103/1305-7456.175682
  • Kishen A, Peters OA, Zehnder M, Diogenes AR, Nair MK. Advances in endodontics: Potential applications in clinical practice. J Conserv Dent. 2016;19(3):199–206. doi:10.4103/0972-0707.181925