脂肪肝に効く自然療法

健康的な食生活、適度な運動は、健康な体作りの基本です。食習慣の見直しで、脂肪肝、肥満を予防しましょう。
脂肪肝に効く自然療法

最後の更新: 31 10月, 2018

脂肪肝”という名でよく知られる肝脂肪変性は、日常の生活習慣を少し改善するだけで症状が良くなるかもしれません。深刻な状態になる前に早期に処置をすれば悪化を予防することも可能です。日本消化器病学会の報告によれば、その原因は過栄養によるものが最も多く、その次に過剰の飲酒が原因となる場合も多く見られるそうです。治療の原則は、食習慣の指導、改善、そして運動療法で、薬物療法はあくまでも補助的であります。今日は、”脂肪肝”について、オススメの食品など見ていきましょう。

脂肪肝の特徴

脂肪肝は、肝臓の重さの5〜10%が脂肪になってしまった状態です。脂肪肝に苦しむ人の多くは、年齢が50代以上か、もしくは糖尿を抱えている人です。脂肪肝であっても、特に生活に支障がないという人が多いことも事実です。この脂肪肝を分類すると、大きく2つに分けることができます。

  • アルコール性脂肪肝:アルコールの過剰摂取が原因となります。肝硬変など肝臓の病気の初期段階とも言えます。肝臓は、弱ると脂肪が蓄積されてしまいます。お酒を飲むことを止めれば、この状態はすぐに良くなるでしょう。(お酒を絶ってから6〜8週間はかかります)お酒を飲み続ければ、より深刻な病気へとなります。
  • 非アルコール性脂肪肝:アルコールの過剰摂取とは関係がありませんが、それでも肝硬変など肝臓の病気の初期段階となります。これは、”傷跡のような”ラインを形成し、長い時間をかけ最終的には肝臓は正常に機能しなくなる病気です。肥満、2型糖尿病、高血圧、メタボリックシンドローム(シンドロームXという名でも知られる)、中性脂肪、急激な体重の減少などもこの非アルコール性脂肪肝の引き金となります。
脂肪肝に効く自然療法

脂肪肝には、これといってはっきりと断定できる症状や特徴がありません。従って、別の病気と混同しやすいでしょう。病気が進むと、次のような症状が現れてきます。

  • 夕方の不安感
  • 線維筋痛症
  • 腹部の脂肪
  • 尿酸、コレステロール、中性脂肪の値が高い
  • 抜け毛
  • ニキビ
  • 首や脇の下のいぼ
  • 睡眠時無呼吸症候群(いびき)
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 体重の減少
  • 吐き気
  • 集中力の低下
脂肪肝に効く自然療法

脂肪肝に効く自然療法

脂肪肝に悩んでいるなら、自宅でできる自然療法を取り入れること以外に、摂取している栄養や個人的な習慣(例えば飲酒など)の見直しなど基本的な生活習慣を変えることが必要となるでしょう。肝臓を綺麗にするには時間がかかります。以下に脂肪肝に効く自然療法を幾つかご紹介しますので是非、食生活に取り入れてみてください。

  • アーティチョーク:肝臓の健康を改善したいなら、すぐさまアーティチョークを食生活に加えましょう。アーティチョークはカロリーが低く、利尿作用に優れ、コレステロール値や血糖値を正常にする作用があります。また、脂肪の蓄積を抑える効果もあります。週に2回、新鮮なアーティチョークを蒸したり焼いたりしてドレッシングやソースなしで食べると良いでしょう。
  • ビワ:ビワは様々な健康トラブルに効果があるとされていますが、その中でも脂肪肝に良いとされている点は有名でしょう。これは、ビワに含まれる浄化作用が肝臓の機能を改善するためです。このフルーツはデザートとして食べても良いでしょう。
脂肪肝に効く自然療法

  • ハツカダイコンとビーツ:ハツカダイコンもビーツも、むくみを解消し、肝臓の洗浄を行ってくれる、非常に栄養価が高く、カロリーの低い食べ物です。ハツカダイコンは生でサラダなどに入れて食べることができますし、ビーツは茹でてサイドディッシュやサラダにして食べましょう。

こちらの記事もご参考に:ビーツで肝臓をきれいに

  • ミルクシスル:ミルクシスルは脂肪肝に良いとされる植物です。乾燥した葉をハーブティーにして飲むと、肝臓の機能を改善し、肝臓を保護する効果があります。このハーブティーを作るときはカップ1杯に対し、葉を大さじ1杯使います。1日3回飲みましょう。
  • タンポポ:肝臓を洗浄し、肝臓の機能を改善する働きのある最も優れた植物がタンポポです。沸騰したお湯1/4ℓに対し、タンポポ大さじ1杯でハーブティーを作り、1日3杯飲みましょう。

脂肪肝に効く自然療法

  • ボルド:ボルドは肝臓から脂肪や毒素を排出する作用のある人気のある植物です。ボルドで作ったお茶を食後に飲みましょう。消化も助けてくれます。
  • レモン:レモンは酸にトラブルのない方にオススメです。レモン汁をお茶やサラダ、ジュース、食事に少し加えましょう。レモンは肝臓を浄化し、肝臓に脂肪が蓄積するのを予防します。

こちらの記事もご参考に:加齢のサイン、手の甲のシミを目立たなくする方法

ショウガ:ショウガには中性脂肪の値を減らす働きのある抗酸化作用が含まれているため、脂肪肝に良いとする研究結果が出ています。すりおろしたショウガを小さじ2杯分、沸騰したお湯に入れてショウガ茶を作ります。また、ショウガを細かく刻んでサラダに混ぜても良いでしょう。

  • チコリ:新鮮なチコリを1kg洗い、刻みます。砂糖1kgと共に小さめの鍋に入れて混ぜましょう。火にかけてシロップにします。これをガラスの密封容器に入れ、1日小さじ1杯ずつ食べましょう。
  • グレープフルーツ:
脂肪肝を改善する食べ物

それはあなたに興味があるかもしれません...
脂肪肝を患っていたら何を食べるべき?
みんな健康Read it in みんな健康
脂肪肝を患っていたら何を食べるべき?

脂肪肝、または「大滴性脂肪症」は一般的に食習慣に関連した疾患です。脂肪肝には2種類あります。一つはアルコールの過剰摂取によって引き起こされるもので、もう一つは肝臓が毒素を効率的に除去することを阻止する脂肪や中性脂肪に富んだ不健康な食事によって引き起こされるものです。



  • Beevi, SS, Mangamoori, LN y Gowda, BB (2012). Perfil polifenólico y propiedades antioxidantes de Rafhanus sativusL. Investigación de productos naturales, 26 (6), 557–563. https://doi.org/10.1080/14786419.2010.521884
  • Claudia, D. C., Mosca, A., Alterio, A., Comparcola, D., Ferretti, F., & Nobili, V. (2018). Fatty liver disease. In Contemporary Endocrinology. https://doi.org/10.1007/978-3-319-68192-4_26
  • Fan, J. G., & Cao, H. X. (2013). Role of diet and nutritional management in non-alcoholic fatty liver disease. Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia). https://doi.org/10.1111/jgh.12244
  • Flora, K., Hahn, M., Rosen, H. y Benner, K. (1998). Cardo mariano (Silybum marianum) para la terapia de enfermedades hepáticas. Revista estadounidense de gastroenterología, 93 (2), 139-143. https://doi.org/10.1111/j.1572-0241.1998.00139.x
  • Kim, J., Ahn, M., Kim, S.-E., Lee, HS, Kim, HK, Kim, GO y Shin, T. (2017). Efecto hepatoprotector del rábano negro fermentado (Raphanus sativus L.var niger) en la lesión hepática inducida por CCl4 en ratas. Revista de Medicina Veterinaria Preventiva, 41 (4), 143-149. https://doi.org/10.13041/jpvm.2017.41.4.143
  • Melzer, O. A., Rothkopf, M. M., & Ganjhu, L. (2014). Nonalcoholic fatty liver disease. In Metabolic Medicine and Surgery. https://doi.org/10.1201/b17616
  • Mirmiran, P., Amirhamidi, Z., Ejtahed, HS, Bahadoran, Z. y Azizi, F. (2017). Relación entre la dieta y la enfermedad del hígado graso no alcohólico: un artículo de revisión. Revista iraní de salud pública , 46 (8), 1007–1017.
  • Mun, J., Park, J., Yoon, H.-G., Tú, Y., Choi, K.-C., Lee, Y.-H., Kim, K., Lee, J., Kim , O.-K. y Jun, W. (2019). Efectos del extracto de agua de Eriobotrya japonica sobre el deterioro del hígado graso alcohólico y no alcohólico. Journal of Medicinal Food, 22 (12), 1262-1270. https://doi.org/10.1089/jmf.2019.4493
  • Ochoa, Christiam y Granda, Cecilia y Chapoñan, Martín y Borja, Rubén y Borjas, Paulo y Ortiz, Jhon y Ugaz, Graciela y Puerta, Eberth y Pucutay, Mario (2008). Efecto Protector de Peumus Boldus en ratas con toxicidad hepática inducida por Paracetamol. CIMEL Ciencia e Investigación Médica Estudiantil Latinoamericana, 13 (1), 20-25. [Fecha de Consulta 15 de Diciembre de 2020]. ISSN: 1680-8398. Disponible en: https://www.redalyc.org/articulo.oa?id=717/71720914005
  • Vos, M. B., & Lavine, J. E. (2013). Dietary fructose in nonalcoholic fatty liver disease. Hepatology. https://doi.org/10.1002/hep.26299