幸せな人が絶対しない5つのこと

6月 15, 2017
幸せな人はいつも前向きで、どんなに難しい状況にあっても、学ぶことを忘れず建設的な思考で物事に取り組みます。

人生は簡単なものではないし、時に難しい状況に直面するもの。それでも、状況の良し悪しに関わらず、常にハッピーでいられる人がたくさんいます。

「どうしたらそんな人たちのようにいつも幸せになれるの?」「幸せな人たちは実は単に冷たい性格で苦しむこともないのでは?」と思う人もいるかも。でも決してそういうわけではありません。

幸せな人は、様々な状況下でそうでない人とは違った反応をします。ここでは、普通の人はするけれど、幸せな人は絶対しないことをいくつか紹介します。

1.他人の悪口を言わない

他人を批判したり勝手に評価を下したりするのはとても一般的なこと。しかし幸せな人は、他人の人生に重点を置いていては、人生を楽しむことが出来ないのを分かっています。他人の生き方をとやかく言うのは、自分の時間を活用しないことであり、自分の人生をちゃんと生きないことです。

「あの人がこういった理由で離婚した」、「あの人は子供の世話をちゃんとしない」など…。幸せな人はこういう話を避けます。

幸せな人は、人生は単純ではなく、それぞれが自分の人生に重点を置くべきであることをよくわかっています。あなただって、他人にどう生きるべきか説教しながら生きるのは嫌なはずでは?

2.他人の失敗を責めない

失敗するのは悪いことではなく、ただ責任をもって解決策を見つければ良いだけのこと。幸せな人にとって、失敗は成長するチャンスであり、前に進んで自分のゴールを達成するチャンス。

誰もが失敗することを恥じに感じるよう教えられるものの、幸せな人とは、これを跳ね返して別の方向からとらえることを学んだ人です。

だからこそ、他人が失敗してもそれを責めることはしません。失敗の責任を取って行動しなければいけないのは、失敗した本人であることをよくわかっているからです。

3.他人を恨まない

他人を恨まない人は存在するもの。恨みは心を蝕むもので、私たちを不幸にします。

幸せな人は、どれだけ不親切にされたりひどく扱われても、他人を恨み続けません。

幸せな人は、嫌なことも時間とともに忘れるか、そうでなければ過去のものとして気にしなくなることを知っています。

感情は時間とともに変化していき、自然に他人を許せるようになります。そうすることで過去を克服し、自分に害を与えた人については、恨まずに距離を置けばよいだけのことです。

4.悲観的にならない

大抵の人は、前向きな人たちのことを「頭がいい」と言いがち。それはどんなに難しい状況下でも常にポジティブなままだから。

しかし、だからこそ難しい状況を克服し、ネガティブな人には見えない扉を開くことが出来るのです。

前向きな姿勢はなんでも解決するもの。人生とは、言ってみればすべて私たちがどう捉えるかに左右されます。もしよい結果を得たいなら、そしていつも笑っていたいなら、前向きになることが何よりの解決策です。

5.何もせずに待ち続けない

何でも簡単にはいかないのが人生。どんなに頑張って笑っていようとしても、ネガティブなことが次々起こることもあります。でも、何もしないで両手を上げたくはないはず。

幸せな人に、「何もしない」という選択肢はなし。嫌な状況から抜け出すための機会を逃さず、夢に近づくためにどんなに小さなチャンスも最大限に活用します。

難しい状況下で何もせずにただ時間が過ぎるのを待っていては、何も変わりません。

 

他人の意見に左右されたり、思っていることを言えなかったり、自分たちが受けてきた教育に従って私たちは行動します。でも、幸せな人は「正しい」とされる行動が「最善」だとは限らないことを知っていて、常にこの二つを分けて考えます。

幸せになりたかったら、あなたも自分をもう一度見直してみて。

 

 

 

あなたへおすすめ