セリアック病のための炭水化物たっぷりのグルテンフリーレシピ

10月 14, 2019
セリアック病患者にとってニーズを満たし、材料にグルテンが含まれないレシピを見つけるのはなかなか難しいことです。

まず、グルテン除去法全体を把握することは簡単なことではありません。

そんな中で、炭水化物を多く含んだ食べ物は強い味方になりうる存在です。また、口に入れるものが何なのかを知ることは、グルテンを摂取できない人や生きる上で特殊な食事が必要な人にとって大変に重要なだけでなく、一般に良い食習慣を維持する上でも大切なことだということは誰でも忘れずにいるべきでしょう

こちらもチェック:グルテンフリー食品は誰にとっても良いもの?

炭水化物とセリアック病

常に心に留めておくべきとても重要なことがあります。それは炭水化物に関することです。炭水化物は一般にあまり良い評価がされていませんが、エネルギーとなる物質の一部です。

糖類やカロリー、ミネラルなど誰もが知っているものは多くあります。しかしこれらは様々な形をしてはいますが、どれも炭水化物により作られる「ツール」を介して「運ばれ」ます。

当然ながら、体に炭水化物が蓄積されると問題が起きます。そして、その過剰に蓄積されたものを取り除く方法はありません。ここで引き起こされる問題には肥満や心臓病、さらには生活自体にも及びます。体を動かさない生活や貧血症などは炭水化物過剰が直接的原因であることが多いです。

しかし、炭水化物なしに細胞に必要な働きをさせることはできません。ですから、これからどこかで「炭水化物は悪である」ということを目にした場合、それを鵜呑みにするのはやめましょう。実際には炭水化物は体に必要なエネルギーの供給源なのです。

それでは、以下でご紹介するセリアック病のための目新しく理想的なグルテンフリーレシピを参考に、創意工夫を凝らしていきましょう。

炭水化物のエネルギーに包まれたグルテンフリーレシピ

キヌア グルテンフリーレシピ

そもそも、どうしてこれから紹介するレシピはセリアック病に良いと明記することが重要なのでしょうか。

理由はとてもシンプルで、この世界の食の多くが小麦という穀物によって支えられているためです。これは成分の中にグルテンを多く含んだ食材で、これが人々を消化不良に悩ませます。

小麦は日常のいたるところにあります。朝食のパンからおやつのドーナッツまで、グルテンはいたるところに存在しています。

食べているものが体に害を与える世界に住んでおり、さらにはグルテンを含んでいない良い選択肢を見つけれないというイメージを持っているのなら、きっと以下のレシピが役に立つことでしょう。

では早速見ていきましょう。

こちらもおすすめ:グルテンフリー!こねないパンの作り方

グルテンフリーのキヌアとリンゴとスパイスのレシピ

これは朝食に理想的であり、一般的な穀物の代わりとしても優れています。シンプルで実用的なこのレシピを通して、体に少し味わいのある上質なものを与えてあげましょう。

材料

  • キヌア1/2カップ(100g)
  • 水1カップ(250ml)
  • シナモンパウダー大さじ2(30g)
  • 黒砂糖大さじ1(15g)
  • クルミ1/2カップ(75g)
  • 刻んだリンゴ1個
  • ブルーベリー大さじ2(40g)

作り方

  1. 湯を沸かし、沸騰しはじめたらキヌアを加えます。かき混ぜ5分待ちます。
  2. キヌアが膨らんだら、シナモンパウダーと黒砂糖、クルミを加え、良くかき混ぜましょう。
  3. 最後に、リンゴとブルーベリーを加えたら完成です。

エビとペストのグルテンフリーマカロニ

エビ グルテンフリーレシピ

これは完全にグルテンフリーであってもおいしいものを食べられるということを証明してくれるレシピで、絶対見逃せないレシピです。

材料

  • グルテンフリーのマカロニ1カップ(200g)
  • 殻をむいたエビ250g
  • グリーンピース1カップ(95g)
  • トマトソース2カップ(250g)
  • ペスト大さじ2(30g)

作り方

  1. 一般的なパスタを作るように調理を開始します。鍋で湯を沸かし塩を入れ、かき混ぜます。
  2. パスタを調理する前に、エビとグリーンピースを入れ、時折かき混ぜます。
  3. ざるを使い材料すべての水を切ります。
  4. 最後に、トマトのソースを加え混ぜたらグルテンフリーのパスタの完成です。そのまますぐに食べることもできますし、数時間置いておき、オーブンで温め、ペストを加えてアクセントをつけることもできます。
  • Nehra, V., Marietta, E. V., & Murray, J. A. (2012). Celiac Disease. In Encyclopedia of Human Nutrition. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-375083-9.00046-5
  • Biesiekierski, J. R., Peters, S. L., Newnham, E. D., Rosella, O., Muir, J. G., & Gibson, P. R. (2013). No effects of gluten in patients with self-reported non-celiac gluten sensitivity after dietary reduction of fermentable, poorly absorbed, short-chain carbohydrates. Gastroenterology. https://doi.org/10.1053/j.gastro.2013.04.051
  • Mohamed, A. A., Rayas-Duarte, P., Shogren, R. L., & Sessa, D. J. (2006). Low carbohydrates bread: Formulation, processing and sensory quality. Food Chemistry. https://doi.org/10.1016/j.foodchem.2005.08.044
  • Alvarez-Jubete, L., Arendt, E. K., & Gallagher, E. (2010). Nutritive value of pseudocereals and their increasing use as functional gluten-free ingredients. Trends in Food Science and Technology. https://doi.org/10.1016/j.tifs.2009.10.014
  • Kuipers, R. S., de Graaf, D. J., Luxwolda, M. F., Muskiet, M. H. A., Dijck-Brouwer, D. A. J., & Muskiet, F. A. J. (2011). Saturated fat, carbohydrates and cardiovascular disease. Netherlands Journal of Medicine. https://doi.org/10.3945/ajcn.2008.26285