煎じたパセリで腎臓をきれいに

01 4月, 2019
煎じたパセリなどで腎臓を自然にきれいにしましょう。体をベストな状態で働かすため、年に最低2回は行うことを推奨しています。腎臓は体をきれいな状態に保つ働きをするため、腎臓自体をきれいにすることも大切なことです。

時折、体をきれいにすることは健康にとってメリットがあります。これは体に蓄積した毒素の排出につながります。

腎臓はとても重要な臓器で、血液をろ過し、有害物質を取り除く役目を担います。他のろ過装置同様、腎臓もしばしば洗浄をすることが大切です。

腎臓は体をきれいにするため常に有害物質に接しています。そのため腎臓には特に注意を払う必要があります。自然な形で腎臓をきれいにする方法はいくつもありますが、中でも煎じたパセリは最適な方法のひとつです。

パセリは一般的に料理の薬味として使われる植物です。しかし実際にはこのハーブは食事に味をつけること以上の働きをします。

煎じたパセリは浄化作用をもっており腎臓をきれいにすることの助けとなります。

栄養素

パセリにはビタミンやその他の体の治癒の助けになる栄養が含まれており、栄養価からもとても優れた食べ物といえます。

パセリには以下の栄養素が含まれています。

  • ビタミン(A、B、C、D)
  • ミネラル(カルシウム、鉄分、リン、硫黄)
  • 食物繊維
  • フラボノイド

ビタミンAは免疫機能の関与しており、ビタミンCやビタミンEは抗酸化物質です。フラボノイドには利尿作用があり、酸化防止の役目を担います。また、カルシウムは骨に必要であり、食物繊維は消化器官で大事な役目を担います。こういったことから、1杯の煎じたパセリは大きな効果をもたらしてくれます。

煎じて飲むだけでなく、スムージーにしたり、シンプルに薬味として食事に加えることもできます。

このハーブは多くの形で体を助ける働きがあるため、食事に加えることをおすすめします。

こちらの記事もご参考に:デトックスにおすすめ!5つの美味しいスムージー

パセリ スムージー

パセリのもたらすメリット

パセリには以下のような多くのメリットがあります。

  • 臓器の洗浄作用がある。
  • 抗酸化物質である。
  • 高血圧の抑制効果がある。
  • フラボノイドによる利尿作用がある。
  • 抗炎症作用がある。
  • 腎砂や腎結石の発生を予防する。ただし治癒効果はありません。
  • 消化及び消化器官の機能改善を促す。
  • 免疫機能を強化する。
  • 骨粗鬆症の予防効果がある。
  • 減量の助けになる。
  • 疲労防止になる。
  • 血糖値を下げる助けとなる。

おいしく煎じたパセリで腎臓をきれいに

材料

  • フレッシュもしくは乾燥パセリ大さじ1(8g)
  • 水1カップ(250ml)

作り方

フレッシュパセリと乾燥パセリでは煎じた時に僅かな味の違いが出ます。いずれを使う場合でも、しっかりと洗ってから使うようにしましょう。

  • まず1カップ分の湯を沸かします。
  • 沸騰したら大さじ1のパセリを加えましょう。沸騰がはじまってからパセリを加えることが重要です。もしそれ以前にパセリを加えてしまうとパセリのもつ特性の一部が奪われてしまうことがあります。
  • さらに5分間火にかけ続けます。
  • 火を止め、漉すことでパセリのかすを取り除いたら、数分間浸します。
  • お好みで砂糖やその他の甘味料を加えて完成です。1日2、3杯を週に4日飲むことでベストな結果が望めます。

煎じたパセリはたくさん飲むべき?

なんにしても過剰はよくありません。そして、これに関しても同様です。パセリに含まれるフラボノイドは余分な水分やナトリウムを排出しますが、それと同時に、カリウムを再吸収し、その血中の濃度を上昇させてしまいます。

血中のカリウムが高濃度になることを高カリウム血症といい、不整脈や痙攣のリスクが高まる恐れがあります。

子宮収縮を起こす恐れがあるため、女性は特に飲みすぎるべきではありません。また腎結石があり腎不全と診断された人も飲むべきではありません。

パセリについてもっと詳しく:腎臓を健康にしてくれるパセリの成分

煎じたパセリなどで腎臓を自然にきれいにしましょう。体をベストな状態で働かすため、年に最低2回は行うことを推奨しています。腎臓は体をきれいな状態に保つ働きをするため、腎臓自体をきれいにすることも大切なことです。

煎じたパセリ

腎臓が正常に機能することで、体の健康は保たれ、多くの病気から身を守ることができます。

また、年に1度か半年に1度は医者に診てもらい体全体が正常に機能しているか確認するようにしましょう。

  • Nirumand, M. C., Hajialyani, M., Rahimi, R., Farzaei, M. H., Zingue, S., Nabavi, S. M., & Bishayee, A. (2018, March 7). Dietary plants for the prevention and management of kidney stones: Preclinical and clinical evidence and molecular mechanisms. International Journal of Molecular Sciences. MDPI AG. https://doi.org/10.3390/ijms19030765
  • F.A., A., Alyami, F. A., & Rabah, D. M. (2011). Effect of drinking parsley leaf tea on urinary composition and urinary stones’ risk factors. Saudi Journal of Kidney Diseases and Transplantation : An Official Publication of the Saudi Center for Organ Transplantation, Saudi Arabia22(3), 511–514. Retrieved from http://ovidsp.ovid.com/ovidweb.cgi?T=JS&;PAGE=reference&D=med7&NEWS=N&AN=21566309 http://ovidsp.ovid.com/ovidweb.cgi?T=JS&;PAGE=reference&D=emed13&NEWS=N&AN=362278283
  • Abdel-Rahim, E. A., & El-Beltagi, H. S. (2010). Constituents of apple, parsley and lentil edible plants and their therapy treatments for blood picture as well as liver and kidneys functions against lipidemic disease. Electronic Journal of Environmental, Agricultural and Food Chemistry9(6), 1117–1127.