性的指向の5つのタイプ

性的指向の種類を知ることで、自分のセクシュアリティをより受け入れ、楽しむことができ、また他人を批判することもなくなります。
性的指向の5つのタイプ

最後の更新: 05 9月, 2022

自分の好みを理解し、他人の好みを尊重できるように、さまざまなタイプの性的指向が存在することを知ることは重要です。セクシュアリティは、人間の成長における基本的な領域です。様々なレベルで自分の心とつながることは、肉体的にも心理的にも自分自身を健康に保つために必要なことです。

自分のセクシュアリティと健全な関係を築くことは不可欠です。つまり、自分が何を好み、何に感動し、何が自分の欲望を呼び起こすのかを自覚することです。しかし、それは同時に、ありのままの自分を受け入れ、それを自然に表現できるようになることを意味します。

何世紀にもわたってセックスを取り巻く思い込みやタブーは、私たちにとってこの本質的な作業をより困難なものにしています。ですから、この情報について、明確で真実味のある理解をする必要があるのです。

性的指向とは?

まず最初に、性的指向とは何かを明確にする必要があります。しばしば他の関連する概念と混同してしまうからです。

性的指向は、「特定の集団に対して感じる身体的、心理的、感情的な魅力」と定義することができます。つまり、恋愛的に、感情的に、そして性的につながりたい特定の集団に対する安定的かつ持続的な嗜好です。

次に、この用語をジェンダー・アイデンティティなどの他の用語と区別する必要があります。これは、個人の性別に関する主観的で深い経験を指定するものです。つまり、各人が認識している性別のことで、生物学的な性別と同じである場合もあれば、そうでない場合もあります。

また、性的指向と性表現とを混同してはいけません。これは、行動や外見など、外見的に自分自身をどのように表現するかを指します。この表現は、社会の期待と一致しない場合があります(例えば、社会が男性に女々しいというレッテルを貼る場合など)。

男は心を持っています。

こちらもお読みください:セクシャルアイデンティティとは

性的指向の種類

性的指向の種類は、人々が性的な面で持つ好みの違いに基づいています。よく知られ、広く受け入れられているものもあれば、相応の評価を得ていないものもあります。

最も一般的なタイプを見てみましょう。

1. 異性愛

最も一般的な性的指向であり、社会的にも最も広く受け入れられているタイプです。

異性愛者とは、身体的にも感情的にも異性に惹かれる人たちのことです。例えば、異性愛者の男性は女性との恋愛や性的関係を好みますし、その逆もまた然りです。

2.同性愛

同性愛者は同性の人に惹かれます。異性愛に次いで、同性愛は多い性的指向です。

一般に、同性愛者の男性と同性愛者の女性について、それぞれゲイレズビアンという言葉を使用します。

3. バイセクシャル

バイセクシュアルとはとは、身体的・精神的に両方の性別の人に惹かれることです。残念ながら、バイセクシュアルの人は、自分のセクシュアリティについて、ある種のスティグマに直面します。また、「混乱しているだけだ」と言われることもあります。

しかし、バイセクシュアルは他の性的指向と同様に本当のものです。実際、ある研究によると、人口のほとんどがある程度バイセクシュアルであると言われています。

4.パンセクシュアリティ

パン・セクシュアリティとは、性別や外見に関係なく、どんな人間にも性的・恋愛的魅力を感じることです。したがって、パンセクシャルの人々は、個人の資質や性格に注意を向けます。

その人が男性であるか女性であるか、またはノンバイナリーであるかどうかは気にしません。

5. 無性愛(アセクシュアル)

アセクシュアルは、どの性別に対しても性的欲求や魅力を感じない人たちです。言い換えれば、彼らはセックスや性行為に興味を持ちません。

しかし、彼らは他の人に感情的な知的、またはロマンチックな魅力を感じることができます。つまり、肉体的な欲求はなくても、感情的な面や他のレベルで他者と結びつきを持つことができるのです。無性愛者は、同性、異性、またはその両方の人とつながることができます。

アセクシャルを独身や禁欲と混同しないことが重要です。無性愛では、性欲は存在しません。しかし、他の2つのケースでは、人々は自分の信念や確信のためにその欲求を制御したり避けたりしています。

これらは異なる性別の記号です。

その他の性的指向

上に挙げたもの以外にも、性的指向にはさまざまなタイプがあります。例えば、デミセクシャルの人は、強い感情的な絆を共有できる相手にしか魅力を感じません。また、サピオセクシュアルは、人の知性に魅力を感じます。

要するに、性的な嗜好や好みは千差万別で、広いスペクトルがあるのです。

セクシュアリティをいくつかの硬直した不変の選択肢に制限することはできません。柔軟性と受容は、自分自身や周囲の人を批判することなく、自分のセクシュアリティを発見し、体験し、楽しむために必要な2つの要素なのです。

こちらの記事もおすすめです。
我が子に同性愛者だと打ち明けられたときに
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
我が子に同性愛者だと打ち明けられたときに

同性愛とは、同性の二人がお互いに対して恋愛感情を持ったり性的な対象として見ることとして定義されます。以前は精神障害とみなされたこともありましたが、1970年代以降はそれがなくなりました。社会的にも受け入れ始めた同性愛ですが、保守的な家族などにとっては、事実を受け入れるのが困難であることがありま...



  • Rieger, G., Savin-Williams, R. C., Chivers, M. L., & Bailey, J. M. (2016). Sexual arousal and masculinity-femininity of women. Journal of Personality and Social Psychology111(2), 265.
  • Prause, N., & Graham, C. A. (2007). Asexuality: Classification and characterization. Archives of Sexual Behavior36(3), 341-356.
  • Savin-Williams, R. C., Joyner, K., & Rieger, G. (2012). Prevalence and stability of self-reported sexual orientation identity during young adulthood. Archives of sexual behavior41(1), 103-110.