性生活に影響する?性器カンジダ症

9月 30, 2019
カンジダ症(または酵母感染症)は、真菌の一種であるカンジダが原因で発症しますが、性行為によってパートナーへ性感染する可能性があります。さらに、性器の痛みや刺激を引き起こすリスクがあるため、性行為は厄介なものになります。

性器カンジダ症(酵母感染症)は、非常に一般的なタイプの感染症で、統計によれば、ほとんどの女性は人生のある時点でカンジダ症を発症します。

こう聞くと、このような疑問を抱くかもしれません。

「性器カンジダ症は性生活に影響しますか?」

本記事で、その事実を確認しましょう。

こちらもご参考に:あなたが知っておくべき11種類の性感染症(STD)

性器カンジダ症

カンジダ症は、カンジダ・アルビカンスと呼ばれる真菌によって引き起こされる感染症です。

生殖器に発症する性器カンジダ症だけでなく、口腔カンジダ症や皮膚のカンジダ症など、体の他の部分にも発症します。

性器に影響を与える性器カンジダ症は、女性の間で一般的な婦人科疾患の一つですが、男性にも影響を与える可能性があります。

一般的に、カンジダ属の真菌は腟内に生息していますが、人体に害を及ぼしません。

膣内のバランスがとれた状態では、膣微生物叢の一部を形成します。

ただし、カンジダ菌が増殖しすぎてバランスの乱れが生じると、性器カンジダ症を引き起こします。

性器カンジダは性生活に影響するのか

危険な状態ではありませんが、多くの場合は再発を繰り返す可能性があるため、性器カンジダ症の可能性がある場合は、婦人科医の診察を受けて適切な治療を受けてください。

前述したように、カンジダ症は男性にも影響を及ぼします。

カンジダ菌が陰茎に影響を及ぼすと、包皮と亀頭の炎症である亀頭炎を引き起こします。

また、赤み、燃えるような痛み、かゆみ、さらに白いカスを(白色苔)が現れることがあります。

性器カンジダ症を発症した男性は、女性と同じように性交中に不快感と痛みを引き起こす可能性があります。

こちらもご参考に:無視すべきでない陰部のかゆみの原因5つ

性器カンジダ症の原因

性器カンジダ症を発症する原因のいくつかは次のとおりです。

  • 膣内細菌叢の変化(抗生物質の長期間の服用など)
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 過度のアルコール消費
  • 免疫システムの弱体化(HIV、移植、化学療法など)
  • 合成素材の下着の使用
  • ホルモンの変化(妊娠中など)
  • 石鹸や刺激を与える化学物質を使った陰部の過度な洗浄
  • 抗生物質の服用

抗生物質の服用は、微生物叢の中の有益な細菌も排除してしまうため、カンジダの成長を促進します。

性器カンジダ症の最も特徴的な症状は、次のとおりです。

  • かゆみ
  • 燃えるような痛み
  • 刺激
  • 赤みと腫れ
  • 排尿時の痛み
  • 膣からの白い分泌物
  • 男性では、亀頭炎または包皮および亀頭の炎症

治療法

カンジダ症は真菌によって引き起こされるため、婦人科医は抗真菌治療を処方するのが一般的です。

医師が処方した軟膏またはクリームを正しい用量で適用すると、カンジダによる感染は数日以内に治まります。

ただし、感染症が性器カンジダ症であると診断できるのは、専門医だけであることを覚えておきましょう。

疑わしい症状が現れたら、必ず婦人科医の診察を受けてください。

医師の診察を受けないと、性器カンジダ症の症状と性感染症の症状を間違えるリスクがあります。

性器カンジダ症は性生活に影響しますか?

性器カンジダ症が性生活に与える影響

コンドームなどの避妊具の使用は、パートナーへのカンジダ感染を予防するのに役立ちます。

カンジダ症は性生活に影響を与える可能性があるため、カンジダ症を発症している時に性交をする場合は、予防策を講じる必要があります。

カンジダ症は、痛み、燃えるような痛み、および刺激を引き起こす可能性があるため、性交をすると不快に感じるでしょう。

そのため、カンジダによる感染が完全になくなるまでセックスを控えることをお勧めします

性感染以外の理由でカンジダを発症することもよくありますが、カンジダを発症しているときには、必ずパートナーに感染を伝えてください。

カンジダを発症している人との性的な接触後に、陰茎の亀頭炎、焼けるような痛み、および性器の赤みなどを引き起こす可能性があります。

前述したように、性的な接触を避けることが第一ですが、どうしても続けたい場合は、コンドームを使用してください。

性交はカンジダ症による刺激の増加を引き起こす可能性があるため、回復を妨げる可能性があります。

セックスをしたからといって治療が失敗に終わるわけではありませんが、感染がなくなるまで性交をしないことお勧めします。

結論

性器カンジダ症は感染症ですが、特に危険ではありません。 適切に治療すれば、数日で感染が消えます。

ただし、カンジダ症を発症しているときにセックスをすると、パートナーに感染するなどのさまざまな問題につながる可能性があります。

また、完全に回復するまでに通常よりも時間がかかる場合があります。

カンジダ症は刺激などの症状を伴うため、性交をしても快適に感じられないことがほとんどです。

これらのすべての理由から、感染が完全になくなるまでセックスを控えることを婦人科医は勧めます。

それでも行う場合は、コンドームを使用して相手への感染を避けてください。

  • Frank C. Odds (1987) Candida Infections: An Overview, CRC Critical Reviews in Microbiology, 15:1, 1-5, DOI: 10.3109/10408418709104444
  •  Nwokolo N C, Boag F C (mayo de 2000). «Chronic vaginal candidiasis. Management in the postmenopausal patient». Drugs Aging’ 16 (5): 335-339.
  • David LM, Walzman M, Rajamanoharan S (octubre de 1997). «Genital colonisation and infection with candida in heterosexual and homosexual males». Genitourin Med’ 73 (5): 394-6.