カンジダの自宅でできる検査と治す方法

5月 10, 2016
カンジダはあなたの身体のバランスが崩れたときに発症します。症状としてはアレルギーや湿疹、頭痛です。

カンジダは、酵母または真菌の一種で、健康な人は特定量を持っているものです。もともとヒトの体表や消化管などに生息していて、何も影響を与えないのですが、体調が悪いときなどに発症するのです。酵母はあなたの体の消化や栄養吸収において非常に重要な役割も果たしています。

あなたの身体のカンジダの酵母の量がバランスをくずしたとき、血流に毒素を放ち、多くのさまざまな方法であなたの健康に影響を与えるのです。

多くの場合、抗生物質の使用、ストレス、加工された炭水化物と精製された砂糖の食事の結果、あなたの健康と酵母の正常なレベルがさがり、問題が起きます。

酵母のバランスが崩れると出る症状

酵母の豊富さや欠如は、身体の様々な機能に貢献する細菌の不均衡を作成します。その結果、以下の症状がでる可能性があります。

  • 食物アレルギー
  • 過敏
  • 膣の酵母感染
  • 砂糖の禁断症状
  • 集中力欠如
  • ガスによるお腹のはりまたは便秘
  • 疲労
  • 頭痛
  • 舌の上が厚く白くなる
  • うつ病
  • 湿疹などの皮膚の発疹、
  • にきび
  • 免疫障害

自宅でできるカンジダの検査

カンジダのためのこのテストは、ちょっとした時間でできます。検査方法を誰が考えたかは不明ですが、かなり信頼できるものです。

  • 朝、目が覚めたら、何か食べる前に、口の中のいくらかの唾液をあつめ、水を少し入れたコップに入れます。
  • コップの中で起こる変化を観察するために30分間待ちます。
  • グラスの底に沈む唾液の澱に気づいたり、水が濁ったり、唾液が全部底に沈んでいる場合は、あなたのカンジダのレベルに問題があるのです。

もし唾液が水の表面の上に浮いたままの場合、あなたの酵母のレベルは、バランスがとれているといえるでしょう。

このテストの意味

酵母は常にあなたの大腸で作られます。時間をかけて,増えながら、消化管を通って小腸へ、それから胃、食道、最後に口まで移動します。

あなたが多くのに酵母を持ち、酵母が口にあるなら、頬の内側にまでひろがって、あなたの舌は白くなっているでしょう。唾液をグラスの水の中に入れ、沈んだのは水よりも酵母のほうが重いからなのです。

自然に酵母レベルを下げるには

加工された炭水化物や精製された砂糖をとらないようにすることsatou

 

以下の食品は全身のカンジダの成長を妨げるので、症状が改善するようにこれらの食品をとるとよいと思います。どうしてもお菓子が食べたくなったときは、低血糖の果物を選んでください。

抗菌性の食べ物を増やす

塗り薬と内服薬の抗真菌薬を使うという方法もありますが、できればより自然に治したいですね。天然の、抗生剤を含む食品は処方薬の副作用の危険を冒すことなく、ハイレベルのカンジダと闘うことができます。

おすすめの食品は、

  • ニンニクとタマネギ
  • ココナッツオイル(ココナッツにはカンジダを殺菌する作用があるらしい)
  • リンゴ酢
  • カモミール
  • ラベンダー
  • 生姜
  • レモン
  • カイエンペッパー

にんにく、生姜、ほかにオレガノオイルやシナモンもココナッツと同様にカンジダを殺す作用があるようです。

プロバイオティクスサプリメントの摂取yooguruto

 

プロバイオティクスは、酵母の不均衡の影響を軽減する善玉菌が含まれています。カンジダを食べる菌が入っていて、小腸と大腸で働く菌が両方入っており、きちんと腸まで生きて届くように設計されているものがよいと思います。プロバイオティクスをとるには、以下の食品を摂取しましょう。

  • プレーンヨーグルト
  • 発酵食品(ぬかづけ、味噌、納豆、ザワークラウトなど)
  • カプセル、錠剤、粉末状のプロバイオティクスサプリメント

ストレスの減らし方

強いストレスは酵母が体内で増殖する血糖値に対しマイナス効果。もしカンジダ検査が陽性なら、強いストレスを抱えていないか考えてみてください。そしてストレスを減らしてみましょう。

身体のデトックスを助ける自然のものkyuurijuusu

 

長い間蓄積された過剰な酵母を取り除く方法として、定期的に身体のなかをきれいにするのは大切なこと。過剰な酵母を取り除くデトックスプランとして以下の食品を含むものがあります。

  • コリアンダー
  • パセリ
  • 緑豊かな葉野菜
  • ビーツ
  • タンポポ
  • 海藻類
  • アーティチョーク
  • ターメリック
  • リンゴ

ご家庭でのカンジダテストが陽性で、カンジダの他の症状があるなら、身体の自然なバランスを回復させる正しい方法をかかりつけのお医者さんに相談してください。

あなたへおすすめ