砂糖とバター不使用のオートミールクッキー

11月 13, 2019
朝食やおやつにぴったりな砂糖とバター不使用の手作りオートミールクッキーは、子どもも大人も楽しめます。あらゆる食品と合わせられます。

スーパーで見られるほとんどのクッキーには、トランス脂肪酸、ナトリウムだけでなく甘味料が多く含まれているので、砂糖とバター不使用の手作りオートミールクッキーは最高なおやつとなるでしょう。

また、家でクッキーを作る場合には、栄養面からみて不健康な材料を他の健康的な材料に置き換えることができます。

オートミールのメリット

オートミールは、世界で最も消費されている穀物の1つです。より多くのタンパク質と食物繊維が含まれており、他の穀物よりもその高い栄養価のために際立っています。

数多くのメリットがありますが、その中でもいくつか重要なものをご紹介します。

消化器疾患

オートミールには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富に含まれており、胃腸管の働きを促進してくれます。また、消化管粘膜を保護する働きがあるので、胃炎、胃酸、痔の症状を和らげてくれます。

さらに、水溶性食物繊維には腸内フローラの質を高めてくれるプレバイオティクスが含まれています。

胆嚢の健康

定期的なオートミールの摂取は、消化中に胆汁酸の排出を促し、胆嚢を浄化してくれます。そのため、胆石の形成や疝痛を防いでくれます。

心血管疾患

オートミールに含まれる食物繊維は、コレステロールの吸収を抑制してくれます。

さらに、低脂肪なので、心臓を良好な状態に保ってくれます。

こちらもご参考に:押さえておきたい!オートミールの4つのレシピ

砂糖とバタ不使用のオートミールクッキーのレシピ

オートミールクッキー

本日は、砂糖とバター不使用のオートミールクッキーのレシピ2つをご紹介します。この2つのレシピの違いは、砂糖の代わりに甘味料として使用されているフルーツにあります。

1.デーツとりんご入りのオートミールクッキー

このレシピではオートミールクッキーに甘さを加えるために、砂糖の代わりにナツメヤシとりんごを使用しています。

材料

  • オーツ麦フレーク 140グラム
  • 全粒粉 140グラム
  • 種抜きデーツ 10個
  • すりおろした完熟りんご 大1個
  • イースト ひとつまみ
  • オリーブオイルまたはココナッツオイル 1/3カップ
  • 飾り用のアーモンドスライス
オートミールクッキー

作り方

  • オーブンを180℃に予熱します。
  • デーツと少量のお湯をボウルに入れて、15分間ふやかします。
  • 15分経ったら、大さじ2~3の水とナツメヤシをブレンダーにかけて、なめらかなピューレを作ります。
  • ボウルにオーツ麦フレーク、全粒粉、イースト、オリーブオイル(またはココナッツオイル)、すりおろしたりんご、デーツのピューレを順番に入れていきます。材料を加えるごとによく混ぜてください。
  • 手を濡らして、生地で小さなボールを作ります。クッキングシートを敷いた天板の上に、2センチ半ほどあけて並べていきます。
  • クッキーの上に刻んだアーモンドを乗せ、6~7分間またはクッキーが黄金色になるまで焼きます。
  • サクサクして食べられるようになるまでケーキクーラーに乗せてクッキーを冷まします。

こちらもご参考に:オートミールの10の効能

2.バナナとチョコレートのオートミールクッキー

オートミールクッキー

このレシピは3つの材料のみで早く簡単に作ることができ、子どもと一緒に作ることもできます。

材料

  • 完熟バナナ 3本
  • オーツ麦 100グラム
  • ダークチョコレート(カカオ70%)

さらに、ドライフルーツ、種、ナッツを加えることもできますが、その場合には生地が固くなり過ぎないようにバナナの数を増やしましょう。

準備

  • オーブンを180℃に予熱します。
  • 天板にクッキングシートを敷きます。
  • ボウルにバナナを入れて、フォークを使ってピューレにします。そこにオーツ麦を加えてよく混ぜます。
  • チョコレートを刻んで、ボウルに加えます。
  • 手を濡らして、生地で小さなボールを作り、天板の上に並べていきます。サイズを均一にしたい場合には、スプーンを使用するか、または型抜きをします。
  • 15分間、または黄金色になるまで焼きます。
  • オーブンから取り出し、冷まします。

このクッキーと一緒にヨーグルト、フレッシュチーズ、スムージー、またはフルーツを合わせ、健康的な朝食または栄養価の高いおやつとしてお召し上がりください。