サリチル酸って何?

03 7月, 2020
サリチル酸は、麻酔薬、解熱薬、抗炎症薬として働きます。サリチル酸が最初に言及されたのは、18世紀、リチャード・ストーンによってでした。彼は、ホワイトウィローの樹皮は熱を下げる効果があると説明したのです。
 

サリチル酸は角質溶解作用、抗細菌性を持つ物質です。皮膚科などの専門医が治療に使用します。これは、皮膚のピーリングを促進し、細菌や真菌によって汚染されるのを防いでくれるからです。また、皮脂を正常に保ち、抗炎症剤のように働くでしょう。そのため、肌の老化を改善するのに欠かせないと専門家は考えています。

サリチル酸はどこから来た?

サリチル酸

ホワイトウィローの樹皮サリックスアルバには、サリシンとして知られる物質が含まれています。サリチル酸はここから来ています。ですが、このヒドロキシ酸は樺やウィンターグリーンの葉にも含まれています。

サリチル酸は、鎮痛剤、解熱剤、抗炎症剤の役割を果たします。最初にそのことについて述べたのはリチャード・ストーンで、18世紀のことでした。この牧師は、ホワイトウィローの樹皮を抽出した液は、熱を治すと述べています。

医療専門家は、1899年、初めてこの物質を総合的に取り扱いました。そしてこれをキニーネの代わりに用い、熱や痛みをコントロールする経口薬として使ったのです。その代謝物質の一つは、サリチル酸でした。この酸は、外用薬としても使うことができます。

サリチル酸の効果

サリチル酸の皮膚に対する効果は、皮膚構造に衝撃を与えることに関連しているかもしれません。サリチル酸は、細胞の種類であるケラチノサイトと表皮剥脱の間の凝集に影響を与えます。したがって、この酸は、5〜10%で、角質溶解薬(ピーリング剤)と抗菌剤として働きます。

 

また、直接的な抗炎症効果が期待できるかもしれません。ですが、これについてはまだ確認されていません。1〜3%の低濃度では、角質形成薬として働くでしょう。角質形成物質は、角質層の再生を促し、角質化不良を正常化する物質です。角質溶解物質は、角膜の崩壊やその厚みの減少を引き起こしてしまう物質です。

さらに、サリチル酸は脂溶性であることも重要な点です。つまり、表皮に存在する脂肪や小胞内の脂肪分泌物質に混ざり、溶けるのです。皮膚脂質領域に導入されると、ピーリングされるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:乾燥肌のためのボディエクスフォリエント

 

使用適応

サリチル酸

この物質は、9つの適応に分けられます。

  • 角質溶解:前述した濃度のものが、一般的な平らな足底イボの治療に使われます。
  • 角質形成:0.5%濃度のものが無力性潰瘍の端に使われることがあります。
  • 光障害:腕や手の甲の日光角化症やそばかすに使われることもあります。
  • 光防護:この場合、ケミカルフィルターとして働きます。
  • 抗真菌薬:抗真菌薬の外用薬として使われます。
  • 麻酔薬:サリチル酸には麻酔効果があります。痛みに関係する物質、プロスタグランジンの合成を邪魔するからです。
  • 鎮痛剤:滑液包炎や筋肉痛の緩和に使われることもあります。
  • かゆみ止め:かゆみを緩和します。
  • 抗炎症薬:鎮痛作用と麻酔作用と同じく、プロスタグランジン合成を阻害する能力から、抗炎症効果が期待できるでしょう。
 

サリチル酸の副作用

他の化学物質や薬剤と同じく、サリチル酸の副作用の可能性はゼロではありません。サリチル酸の副作用として、以下のようなものが考えられるでしょう。

  • 体内吸収による毒性:この物質が血流に入ると、吐き気や嘔吐などの副作用を引き起こすことがあります。
  • 分裂抑制因子、催奇性細胞分裂や胎児に影響を与えてしまうことがあります。そのため、妊娠中の使用は避けましょう。
  • アレルギー反応:この物質にアレルギーのある人は、使用してはいけません。深刻な状態を引き起こす危険があります。
  • 精神障害:非常に稀ですが、精神障害を引き起こす場合もあります。

こちらも合わせてどうぞ:アレルギーテスト:種類とその手順

 

まとめ

サリチル酸は様々な用途に使えると専門家は考えています。比較的安全で、効果的だからです。

 
  • Bashira S, Drehera F, Chewa A. Cutaneous bioassay of salicylic acid as a keratolytic; International Journal of Pharmaceutics 2005 (292): 187-194
  • Rougier A. Efficacy and safety of a new salicylic acid derivative (LHA) alone or as a complement of tretinoin in acne treatment. J Am Acad Dermatol, 2007 Feb (56) 2 sup 2: AB15.
  • Bari AU, Igbal Z, Rahman SB; Superficial chemical peeling with salicylic Acid in facial dermatoses. J Coll Physicians Surg Pak. 2007 Apr;17(4):187-90.