三又神経痛を緩和する自然療法三種

2月 4, 2020
三叉神経痛の症状を緩和するのは簡単なことではありませんが、辛い症状を軽減するのに役立つ自然療法がいくつかあります。今回はその中から、3つの自然療法をご紹介します。

三叉神経痛の症状は辛く、症状の緩和は簡単ではありません。

三叉神経とは、触れた、痛い、冷たい、熱いなどの顔の感覚を脳に伝える神経で、頭、顔、首と言った場所で、強い痛みを伴う一種の「電気ショック」を引き起こします。

今回は、三叉神経の症状を緩和する自然療法を3つご紹介します。

三叉神経痛に悩む人は、一般的に50歳以上で、その症状は一貫していません。つまり、発症してから何週間か経過すると症状が消える人もいます。

ある特定の症状が三叉神経痛かどうかを診断する際には多くの疑問点があるため、早期の診断と治療が困難になります。

三叉神経痛への対処法

三叉神経痛に役立つ自然療法について説明する前に、必ず医師の診察を受けることが最優先事項であることに留意してください。

今回の自然療法だけでは、三叉神経痛の治療にはなりません。

今回ご紹介する自然療法は、あくまで医師の指導による治療を補完するものとして考え、必ず医師に相談してから始めてください。

自然療法は医学的な治療の代替えにはなりませんし、三叉神経痛は外科的な治療を必要とするケースがあるため注意が必要です。

1. エルダーフラワー

ニワトコ 三又神経痛を緩和する自然療法三種

日本ではニワトコと呼ばれることもあるエルダーフラワーは、血管の痙攣に効果を発揮するため、三叉神経痛の症状を軽減するのに役立つと言われています。

エルダーフラワーの花は、三叉神経痛の症状を緩和するのによく使われる自然療法薬で、神経痛の治療に有用な抗炎症特性があると考えられています。

エルダーフラワーの持つ作用をご紹介します。

  • 皮膚軟化作用:外用すると患部の炎症を軽減します
  • 痙攣作用:痙攣やショック感覚を予防します
  • 静脈の循環促進:適切な血液循環を促進します

今回ご紹介しているエルダーフラワーの使用方法は、外用です。

  • エルダーフラワーを水に入れて沸騰させます。
  • 出来上がった抽出液に布を浸したら、その布を頭、顔、首などの痛みを感じている場所に置きましょう。

発見:夏の頭痛を和らげるには

2. ベチバー

三又神経痛を緩和する3つの自然療法 ベチバー

2番目にご紹介するのは、エッセンシャルオイルとして販売されているベチバーです。

ベチバーの抗炎症特性が、三叉神経痛の痛みをコントロールするのに役立ちます。

ベチバーのエッセンシャルオイル以外にも、可能ならばベチバーのお茶を作り、頭、顔、そして首などの患部に直接塗布して、優しくマッサージするのが良い方法です。

3. アルニカ

アルニカ 三又神経痛を緩和する自然療法三種

アルニカの持つ強力な鎮静効果は、三叉神経痛を軽減するのに役立つと言われています。

3つ目にご紹介するのは、黄色い花を持つアルニカです。

アルニカには以下のような特性があります。

  • 抗炎症作用
  • 鎮痛剤作用
  • 浮腫を軽減する作用

アルニカの最も良い方法は、アルニカチンキです。水で薄めて患部に塗布したら、優しくマッサージを行います。

続きを読む:腰痛を緩和するアルニカとココナッツオイルの軟膏

最後に

今回ご紹介した3つの自然療法は症状の緩和に役立ちますが、三叉神経痛を治療したり治すものではありません。

三叉神経痛を発症したり何か気になることがある場合は、必ず医師の診察を受けて、適切な診断と治療を受けてください。

自然療法は医師による治療を補完するものですが、治療を妨げる可能性もあるため、自然療法を始める前には必ず医師に相談してください。

一般的に、三叉神経の患者に医師が処方するのは、抗けいれん薬や筋弛緩薬などですが、ごく少量のボトックス注射などが推奨されることがあります。

症状が深刻な場合は、手術が最善の治療法となります。これは、根本的な問題を修正して、生活の質を維持するためです。

三叉神経と診断されましたか?

三叉神経に悩んでいる人を知っていますか?

今回ご紹介した自然療法を活用して、生活の質が改善されることを願っています。

  • Clapé Laffita, Oneyda, & Alfonso Castillo, Alfredo. (2011). Caracterización fármaco-toxicológica de la planta medicinal Sambucus nigra subsp. canadensis (L). R. Bolli. Revista Cubana de Farmacia45(4), 586-596. Recuperado en 15 de abril de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0034-75152011000400013&lng=es&tlng=es.
  • del Puerto Horta, Myrna, Casas Insua, Leivis, & Cañete Villafranca, Roberto. (2013). Usos más frecuentes de Arnica montana. Revista Cubana de Plantas Medicinales18(2), 315-326. Recuperado en 15 de abril de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1028-47962013000200014&lng=es&tlng=es.
  • Godínez-Caraballo, Daimy, & Volpato, Gabriele. (2008). Plantas medicinales que se venden en el mercado El Río, Camagüey, Cuba. Revista mexicana de biodiversidad79(1), 217-241. Recuperado en 15 de abril de 2019, de http://www.scielo.org.mx/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1870-34532008000100019&lng=es&tlng=es.
  • Madaleno, I. M., & Delatorre-Herrera, J. (2013). Medicina popular de Iquique, Tarapacá. Idesia (Arica)31(1), 67-78.
  • Prieto, A., Ocampo, A. A. D., Fernández, A., & Pérez, M. B. (2005). El empleo de medicina natural en el control de enfermedades de organismos acuáticos y potencialidades de uso en Cuba y México. TIP. Revista especializada en ciencias químico-biológicas8(1), 38-49.